2017年07月10日

日曜日の南葉山キャンプ場は満車

DSC_00021 (4).JPG

昨日の朝、南葉山キャンプ場へ行ったらほぼ満車

ハチロク1台分のスペースしか空いてないし

実は早朝に早起きしてくるつもりでしたが、朝目覚めてからウダウダ
久しぶりに時間を無駄に使って、来たらこんな

準備をして灰塚まで下って、キャンプ場まで登り返し
ただ、あまりに暑いので途中でオーバーヒート
キャンプ場に着いたところでドリンクを補充して、売店でアイスクリーム購入

暫らくクールダウンしたところで、山頂に行くズクが無くなってそのまま下山
JOYFITでシャワーを浴びで出社

はじめはボーイスカウトでいっぱいなのかと思いましたが、どうやらアジア方面の先生と子供達のようでした
日本の子供たちと合同で来ていたのかも知れません

子供達から交流を深めてもらうのは良いですね

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

持ち込みタイヤ交換 20インチ以上もお任せください!!

DSC_00161 (15).JPG

はい、最近も低扁平率のタイヤ組替どんどんやってます

ガレージ梅蔵にはレバーレスタイヤチェンジャーがあるので、30インチまで組替できます

これは組込み

DSC_00161 (14).JPG

こちらは組み外し

どちらもジョイスティックの操作のみなので力は使いません

DSC_00161 (16).JPG

はい、終わりました

DSC_00161 (17).JPG

サイズは225/30ZR20

ガレージ梅蔵ではネットで購入したタイヤでも喜んで組替させていただきます

DSC_00161 (1).JPG

このバランスを取ってるのは

DSC_00161 (2).JPG

245/30ZR20

DSC_00161 (3).JPG

まだあります

レバーレスでセットして

DSC_00161 (4).JPG

はい、外れました

DSC_00161 (33).JPG

一度は裏組で組んだのですが、中古で買ったタイヤを組み付けて走ってからの裏組
サイズ的に無理があったようで、新品タイヤに交換

DSC_00161 (36).JPG

245/30ZR20

怒涛の20インチ3連発

DSC_00161 (18).JPG

これはパンク

ネジが刺さってます

DSC_00161 (19).JPG

ガレージ梅蔵ではパンク修理は基本、応急処置の外面修理ではなく、永久修理の内面修理で行います

穴の周りに段差がなかったので、バフ崖はしないで表面のゴム皮だけ剥がして

パッチを貼って修理

DSC_00161 (20).JPG

サイズは225/55R18

随分小さいサイズに見えますが、これでも18インチ

DSC_00161 (27).JPG

最後がコレ

DSC_00161 (26).JPG

サイズは225/40R18

DSC_00161 (23).JPG

エアバルブが2つ

正直hatは必要性を感じませんが、窒素を充填するときに使います
元々チッソガスが流行った時に、タイヤの中には空気が入ってるんだから、窒素以外が20%あるじゃないか
という事になり

タイヤの中をチッソ100%にするために、チッソを充填しながら、もう片方からタイヤのエアを抜くためのものです

でもタイヤの軽点は何処に合わせるんだろう
まあ、バランスを取るのでそれほど気にする必要もないのですが

本来の趣旨で行けば、2個のバルブの中間か?

DSC_00161 (28).JPG

でも、ひとつのバルブに合わせました

DSC_0066.JPG

番外編

東京のRyuに送るタイヤ
ヤマト運輸に一緒に運んでと言ったら拒否られました

ドルは生ものだからか?

という事で、タイヤ交換もバリバリにやってます


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:55| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

カルガモの赤ちゃんを救出 決定的場面をビデオで!!

DSC_0068.JPG

今朝、上教大グランド脇の排水溝にカルガモのヒナが10羽落ちてるの発見
目が合うと寄って来るけど、近づくと逃げる

絶対に自力で上がれないと思って、1羽ずつ捕まえようとしたら茂みの中から親ガモが威嚇しながら突進してくる

排水溝の中を行ったり来たりしながら全員を捕まえ繁み方面に解放

みんな親ガモの後ろに付いて繁みの中へ

スマホ持ってれば良い動画が撮れたのに

と思っていたら、全部終わってから自分の帽子に電源の入っていない小型ビデオカメラが付いているのに気が付いた

ちなみにカメラは、次の大会で上手く撮れるかの角度調整と重さの確認
昨年の100キロでも付けて走ったら、首が痛くなったけど、今回は速く走れないから大丈夫そう

撮れてればかなり楽しい動画になったと思うのですが、無事にヒナが戻って行ったのでヨシとしましょう


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:34| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

自動車整備主任者 技術研修

DSC_00028 (103).JPG

先日行って来た、自動車整備主任者の技術研修

毎年、技術研修と法令研修を1回ずつ受けなければいけません

DSC_00028 (104).JPG

午前中は教室で座学

休憩時間なのでガラガラですが、後ろまで席はいっぱいです

DSC_00028 (107).JPG

午後からは実習場で実技

これは日産ノートの不具合箇所の特定練習

DSC_00028 (108).JPG

こちらはホンダフィットハイブリッド

DSC_00028 (110).JPG

配線を延長して引っ張って来て、各配線の抵抗、電圧の測定をして不具合箇所を特定します

DSC_00028 (112).JPG

室内にはスキャンツールも

梅蔵で使っているものとはメーカーが違うので、使い勝手も違います
まあ、逆に普段触れないメーカーの物を使ってみるのも面白いですが

DSC_00028 (113).JPG

こちらはダイハツミライース

エンジンのコンピューターから配線を延長して、各不具合を簡単に作ることが出来ます

技術研修は各メーカーの最新技術を学べたり、作業があるので真剣です
逆に今度ある法令研修は、1日延々と法令の事ばかり
眠気との戦いです(笑)

hatは滅多に整備振興会には行きませんが、車検だけではなくこんなこともやってます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:51| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ラーメン空海

DSC_00028 (106).JPG

先日、自動車整備の技術研修に行った時のランチ

ラーメン空海

初めて行きました

DSC_00028 (105).JPG

ラーメン 肉丼セット

結構なボリューム

ラーメンの方はスープも麺も好みの味
少々食べた後に下に残るのは気になりましたが

滅多に上越で外食しないので(飲み会以外)、たまにはイイですね!!

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行、出張、グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

残雪の多い火打山登山 2 道迷い注意

DSC_00191 (48).JPG

昨日の続き

残雪の多い中、火打山に登って来ました

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/article/451504543.html

DSC_00191 (37).JPG

高谷池ヒュッテまで2時間12分も掛かってしまいました

雪の中ルートを探しながらだったので

ヒュッテのすぐ先の火打山と、黒沢池方面の分岐
看板だけ出てますが、周りの木道は雪の中

DSC_00191 (38).JPG

看板の前の湿原もまだただの水たまり

DSC_00191 (39).JPG

天狗の庭への取り付きは、一面雪
当然アイゼンを履いて登ります

ここから上は迷う心配が無いのでガンガン登ります

DSC_00191 (40).JPG

雪原の向こうに火打山

何となく雪融けの火打山を見てると、海のシャチに見えてくるんですけど
hatだけかも

DSC_00191 (41).JPG

8:23 天狗の庭

DSC_00191 (44).JPG

天狗の庭から上は雪が少なかったです

ただ、天狗の庭からの登り口には雪がたっぷりで道が分らず
木道の切れ目は真っ直ぐ上に向いてますか、突き当りの林に登り口無し
5回くらい登ったり、下ったりを繰り返して、やっと左側に登山道の入り口を見つけました

そしてすぐに雪が無くなって階段を上ると
また雪の壁
急斜面なので軽アイゼン装着

これはそのまま上がって来たところの写真

雪道を登っていたら右に切り立っていて通れません
すぐ左にハイマツ帯

頑張って突っ切ると(かなり大変)5mほどで雪の無い登山道に出ました

下る時に確認したら、ハイマツ帯の一番下に登山道が繋がってたので、雪道は最小限で良かったようです
ただ、アイゼン着けて雪道登ってると、直登できて楽なんです

この頃から雨が強くなってきました

DSC_00191 (48).JPG

9:15 火打山山頂

写真を撮ったら登山道で雨風をしのいで、facebookに投稿

直ぐに下山します

DSC_00191 (51).JPG

途中で追い抜いた二人組が山頂直下の急斜面を登って来ました

追い抜く時と、すれ違う時に声を掛けました

2人とも若いのですが、装備は冬山登山
テント泊!?

その割に硬そうな登山靴のみで登ってます
ピッケルも無いようでした

あのカチカチの急斜面を登って来られるんだから技術があるのでしよう
でも下りは大丈夫なの?

他人事ながら心配になりました

まあ二人でいるんだし
逆にこの後、下りの方がルートを探すのに苦労しました
他人の心配をしてる場合じゃないか

DSC_00191 (53).JPG

狭い登山道では、木の枝が邪魔をしていて通るのは大変

しかも、こういうところは下に雪解け水が流れてるので、雪が薄いところがあって

DSC_00191 (54).JPG

全部で50回くらい踏み抜きました

DSC_00191 (55).JPG

天狗の庭

やっぱりこの時期は幻想的に見えません
夏なら高山植物が咲き乱れ、池も小さく点在する形に見えるのですが

DSC_00191 (56).JPG

木道も一部見えてますが、多くは雪の中

DSC_00191 (60).JPG

下りは山頂直下の急斜面だけアイゼンを付けましたが、あとはトレランシューズで滑って下りました

DSC_00191 (65).JPG

また踏み抜きました

本当にカチカチの雪で転んだこと50回、踏み抜きも50回って感じです

DSC_00191 (70).JPG

雪が無い登山道はまるで沢

登る時は水に足を入れないように気を付けてましたが、下りはお構いなし
逆に泥濘で泥が付いたら、流れの良いところで汚れを流したりして

いつもは頭から浴びる黒沢
勢いに圧倒されて見てるだけ

雨も降ってたので浴びる必要もありませんでしたが

DSC_00191 (80).JPG

12:18 笹ヶ峰登山口 無事到着

下りは特にルートを探すのが大変で戸惑いました
ほぼ感が当たってましたが、100mほど下って登山道の形跡が無いと登り返したり
もう一度200m下ると発見したり

ルートを知らない人にとってはかなり危険だと思います
地図とコンパス必須で、1人で行かない事です

登りで少しとった山タケノコ
下りでも見付けたので、登山道わきに見つけたのだけ採って下ったら

結構な量になってました

先週の南葉山のタケノコは細くて見栄えが悪かったけど、これなら人にあげられる

結局、全部家で剥いてタケノコ汁にしていただきました
自分で採った山菜って、何でこんなに美味しいんだろう

DSC_00191 (81).JPG

午前中に戻って仕事する予定でしたが、戻りが遅くなってしまいました
でも無事に戻って来られて良かった

あと2週間もすれば、雪解けが進んで夏山装備でも大丈夫になるのではないでしょうか
それまでは本当に注意が必要です

DSC_00028 (102).JPG

夜は取って来たタケノコのタケノコ汁
ドルは興味なく寝てますが、絶品です

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 21:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

残雪の多い火打山登山 1

DSC_00191 (40).JPG

今日は雨の中、午前中に火打山登山

の予定でしたが、残雪が多くルートを探しながらだったため思いの外時間が掛かってしまいました
まあ無事に下山できたのでブログを書いてるのですが

DSC_00191 (3).JPG

朝4時に目覚ましを掛けて起きたものの
外は雨
天気予報を見ると雨
それでも24時間の降水量はそれほどでもない

行くか、やめるか、うだうだ考えながら4時30分に自宅出発

誰もいないかと思ったら、ゲート前の駐車場には3台停まってました

5:55 笹ヶ峰登山口出発

DSC_00191 (4).JPG

6:23 黒沢橋

今回はスピードハイク
なるべく早めに登るつもりです

ここまで28分 まあまあです

DSC_00191 (7).JPG

黒沢が暴れてます

見てると引き込まれそうで怖い

DSC_00191 (19).JPG

登山道に樹が倒れてる

完全に登山道を塞いでますが、何とか通過

DSC_00191 (23).JPG

12曲がりを越えてしばらく進むと、登山道は雪の中

雪はカッチカチで滑りまくり

DSC_00191 (27).JPG

毎年、7月の初めに登りに来ますが、今年は特別雪が多い
昨年なんて上しか残ってなかったし、一昨年も登山道を見失わない程度の残雪

ただ、コースは大体頭に入ってるので、ここは直登、ここは一度上に登ってから右方面、ここは真っすぐトラバース、ここは確か黒沢岳の左に向かって行く筈だと

DSC_00191 (28).JPG

やみくもに突っ込みませんが、その方向で木道の一部や赤テープを探すと出てきました

DSC_00191 (29).JPG

7:23 富士見平

黒沢橋から1時間
かなり時間的にロスしてますが、慎重に登ります

登山口には先週入山して行方不明になった人の情報を呼びかけるポスターも

ニュースを聞いたときは、火打では迷わないだろうから、大倉乗越のトラバースで滑落したのかなと思ってました
実際、今の火打は迷います

地図とコンパスで確認しないと、初めてだと無理だと思います
hatは方向感覚があるので、ある程度決め打ちで進んでその先々で先の登山道を発見できましたが、雪が固くて足跡も付いてないし、広い範囲なので

hatはスマホのGPSの山旅ロガーGOLDも一応起動しておいて、たまに確認はしてました

DSC_00191 (30).JPG

長いトラバース
大倉乗越のように滑落したら危険という場所ではありません

DSC_00191 (31).JPG

ただ、とても歩きにくかったので、初の軽アイゼン着用

この後登りではアイゼンを付けたり外したりを10回ほど
帰りは慣れてきたので、山頂直下の急斜面だけに1回使っただけです

でも、もしアイゼン持ってなかったら諦めて帰ったと思います
本当にカッチカッチですから

DSC_00191 (34).JPG

しばらく進むと、登山道に山タケノコ
誰も通ってないんでしょうね

最初数本はそのまま通り過ぎましたが、先週の南葉山の細いタケノコを比べると立派な大きさ

DSC_00191 (33).JPG

登山道から手を伸ばした範囲でもたくさんあります
またもや袋は持ってません
アイゼンのケースに入るだけ入れてみました

時間は全部で5分ほど

DSC_00191 (36).JPG

8:07 神谷池ヒュッテ

ここまで来ればもう道迷いの心配もない

2時間少々で登れるかと思ってましたが、すでに2時間12分
やはり雪道で時間が掛かっているようです
タケノコも採ってたし(笑)

その2に続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 18:22| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

バンパー塗装

DSC_01001 (8).JPG

新車で納めた車のバンパーに傷が付いて入庫

DSC_01001 (7).JPG

コンパウンドで落ちてくれれば良かったのですが、傷が深くてダメ

他に傷の無い新車なので、綺麗に直すことに

ガレージ梅蔵では塗装工場を厳選してお願いしてます
(バン、トラックなら自社で塗装しますが)

基本的にお願いしている工場はすべて各メーカー系列のディーラーさんの指定工場です
ディーラーさんにお願いしても、結局は同じ工場で塗装するので結果は同じ
と言うか、仕上がりに納得できない場合は再塗装をお願いするので、基本的に一番上手な職人さんがやってくれるようです

ただし、ガレージ梅蔵の仕事は仕上がりが少し遅めです
ディーラーさんの仕事を優先してもらうためです

その分、金額的には随分お得になりますよ

少し時間が掛かっても安く綺麗に直したいならお任せください

ちなみにこのFITは新車なので仕上がり重視で2万円(税別)でした

少し古い車で完璧に直さないでも良ければ、金額は落とすことが可能です
お問い合わせください


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:30| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 板金、塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

業界のゴルフコンペ アパリゾート上越妙高の森ゴルフコース

DSC_00028 (7).JPG

業界のゴルフコンペ

場所はアパリゾート上越妙高の森ゴルフコース

hatが幹事ですが、日曜日は何処も高くて一番安いコースで選びました

昨日までの大雨も落ち着いて、カッパを着たのは2ホール目まで
気持ち良い天気の中のゴルフでした

DSC_00028 (9).JPG

ランチは黒ビール

DSC_00028 (10).JPG

後半スタート

どうも最近ゴルフの調子が悪い
ドライバーがやるたびに悪くなる

まあそれでも100は打たないで済みましたが

640DSC_00028 (13).jpg

日曜日の夕方にやってるお店は少ない
いつもは居酒屋さんを開けてもらったりしてましたが、今回は駅前の船栄
料理も酒も美味しいし、飲み放題にしなくてもそれほど高くならないでしょう

DSC_00028 (12).JPG

ところがギッチョン

つまみ類は好きなもの頼むし

DSC_00028 (15).JPG

酒も升酒に

1人当たり6千円となりました

コンペの成績は、ニアピン、ドラコンに1回も名前を書かず
それでもハンデにハマって2位となりました

このまま行くと、近いうちに100を打ってしまいそうな予感
ちなみに今年の平均スコアが80台から90代に落ちました
練習しても悪くなるだけだから、次回ぶっつけ本番で修正出てることを願ってます


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 23:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

アートホテル上越 ビアガーデン

640DSC_00028 (1).jpg

久しぶりにアートホテルのビアガーデンへ

昔行った時はマンテンホテルだったから、アートホテルは初めてか

DSC_00028 (2).JPG

遅れて合流したので、食べるよりも飲む

黒ビールは旨かった

料理はそんなに食べてないので、評価は出来ません


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行、出張、グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする