2016年01月30日

キューピットバレーは積雪300cm

DCIM46272 (7).JPG

雪不足が深刻なスキー場も多いようですが、ホームゲレンデのキューピットバレーは山頂で300cm

確かに例年よりかなり少なくはありますが、十分な積雪

DCIM46272 (5).JPG

今朝もkanを送って来ました

ついでにhatも3本ほど

明日はチームのジュニアと同じ大会に出るのに、練習してないし


DCIM46272 (6).JPG

帰る時、朝の9時半でも結構なお客さん

一番近い駐車場は8時半位でいっぱいに

DCIM46272 (9).JPG

先週の松之山は、大会関係者以外は数えるほどしかお客さんが居なかったけど、キューピットは違いますね

DCIM46272 (11).JPG

朝の除雪はNishi君にやってもらってたので、10時過ぎに梅蔵に

道路を広げるピーターも出動してました

さあ明日はライバルの小学生と勝負だ

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:54| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

第 6 回 Snow-Country Cup 松之山温泉大会

00461_Capture.JPG

今日は松之山で全日本B級アルペンチルドレンレース
第 6 回 Snow-Country Cup 松之山温泉大会

昨日はGSで今日はSL

写真は前走で滑ったMoriさん

やっぱ違います

DSC_0002.JPG

昨日のGSは仕事で行けなかったので、じいに送迎を頼みました
今日は朝5時から梅蔵の除雪をしてから、いざ松之山へ

DCIM45884 (8).JPG

朝一の猛吹雪にも関わらず、オンタイムで1本目終了

多分、他のスキー場なら絶対にタイムが遅れると思います
もしかしたら中止もあるかも

毎回思いますが、松之山の大会運営能力の高さはピカイチ

DCIM45884 (6).JPG

でも実は1本目のレースが始まる頃には晴れ間も出てきました

今日のジュニアの参加は4名

00460_Capture_1.JPG

K1男子のKouya

00463_Capture.JPG

K2女子 Miki

00464_Capture.JPG

K2女子 Kan

00466_Capture.JPG

K2男子 Shu

DCIM45884 (15).JPG

2本目が始まる頃から、また吹雪

朝ほどじゃないので全然平気
朝の吹雪はまさにブリザード
南極基地かと思うほどでしたから

一日でコロコロ天気が変わりましたが、無事にレース終了

お疲れ様でした

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

第59回新潟県中学校スキー大会

00452_Capture_1.JPG

先週の13日〜15日まで 第59回新潟県中学校スキー大会

会場は苗場の予定でしたが小雪の為、かぐらスキー場に変更になりました
出来ることなら来月行われるワールドカップのコースを滑らせてやりたかった

でも初めて行ったかぐらスキー場は最高
雪の量も質もコースも本当に良かったです

写真はGSのAya
残念ながらSLもGSもあと一歩のところで全中逃し

でも2本目に掛けてアタックした結果なので立派だと思います

00453_Capture.JPG

Miki

00454_Capture_1.JPG

Kaede

00454_Capture_7.JPG

Kan

DCIM45868 (4).JPG

13日の早朝、十日町の信濃川の橋の上でご来光

DCIM45868 (16).JPG

13日にはかぐら感謝デー

和田小屋で、餅つきをして餅とお酒を振る舞ってくれるそうです

13時から餅つきが始まり、15分頃寄ってみましたが、まだ餅つきの真っ最中
この時点でタイムアウト
翌日のレースに備えて下りました

DCIM45868 (20).JPG

レースのインスペクション中

選手以外はレースの2日間、あまり動かないので寒いんです

DCIM45868 (49).JPG

色々な形の雪の結晶

標高が高く寒いので、結晶の形も崩れません

DCIM45868 (50).JPG

レースが終わっての表彰式

DCIM45868 (55).JPG

続いて、全国大会出場者の壮行会

新潟県代表として、全中に出場出来なかった選手の分も頑張って来てください

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:50| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

キューピットバレイでスラローム練習

00423_Capture.JPG

今日もキューピットバレイでスラローム練習
hatも一日お手伝い

Syuは上手くなりました

DCIM45865 (1).JPG

またも降雪の後の快晴
最高の天気です

DCIM45865 (2).JPG

新雪のラメールを滑りたい衝動を抑えて、ジュニアのポールセットのお手伝い
ロングポールは中学生
ブラシは小学生が練習しました

写真はロングポールの中学生のみです

00423_Capture_1.JPG

Naokiは正月の間は実家に行っていてスキーが出来ず
でもたまに履いても上達してます

00423_Capture_2.JPG

まだ殆んど逆手が出来ないkan
たまたま目の前でやってくれました

00423_Capture_4.JPG

中1のMikiは流石
去年までは逆手をしていなかったのに、かなり出来るようになりました

00423_Capture_5.JPG

上越選手権3位のAya
安定してます

00423_Capture_6.JPG

今年入ったばかりのKota
フリースキーはかなり滑られますが、SLトレーニングは大会を通してもまだ数回
これからです

00424_Capture.JPG

ShusukeもまだSLに慣れてません
これからですね

以上本日のスラローム練習の中学生でした

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:24| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

2016上越スキー選手権大会 2日目SL

00413_Capture_2.JPG

昨日は、2016上越スキー選手権大会2日目SL
赤倉観光リゾートです

写真はAya
3位入賞おめでとう

DCIM45864 (3).JPG

朝のゴンドラ乗り場前

前日の雪が晴れて、最高のコンディション
ただしレースをするには雪が柔らか過ぎですが

DCIM45864 (4).JPG

景色も最高

DCIM45864 (6).JPG

インスペクション中

DCIM45864 (12).JPG

スタート前にスキーを仕上げてスタートワックス

正直、SLは技術の問題が大きいので、スタートワックスのあるなしで順位はほとんど変わらないように思えますけど

まあ、おまじないも大事です

DCIM45864 (23).JPG

レーススタート

前日からそれなりの降雪がありましたが、やはりレースで使うにはコースが柔らかすぎ
後半のスタートの選手には、やや可哀想な状態になってました

それでも無事にレースが終われたことは、関係者の皆さんのお蔭で感謝

00418_Capture.JPG

kan

スラロームは苦手かな

00413_Capture_4.JPG

Kaede

DCIM45864 (10).JPG

朝のうちにチャンピオン第3クワッドど降り口で、もうリフトが無い昔のコースを登っていく集団が

DCIM45864 (11).JPG

何組かの集団が居たようですが、どの人達も慣れているように見えました
スキー場としては管轄外になるので、すべて自己責任
多分、登山届も出して登っているのだと思います

何処まで登るのだろう?
バックカントリーをするには最高でしたね

hatもいつかやってみたいと思います

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:35| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

2016上越スキー選手権大会 1日目GS

DCIM45867 (4).JPG

上越スキー選手権大会 1日目GS

今まで小雪だったのに、よりによってこの日に大雪

スキー場にとっては恵の雪
ただ昨日までのハードバーンの上に積もっている新雪なので、すぐに飛んでしまって下が出てる事に変わりはありませんでした

DCIM45867 (9).JPG

インスペクション中

DCIM45867 (11).JPG

ゴールから

DCIM45867 (13).JPG

ポール練習が十分でなかった選手も多いようですが、大会になればみんな攻めます

DCIM45867 (14).JPG

写真は別の選手ですが、kanは初戦としてはまあまあ
1本目はチームメイトにも勝ってましたから
2本目でその2人に抜かれましたけど上出来かな

チームでは小学女子のAyaが優勝
おめでとう

DCIM45867 (15).JPG

大会コースは初体験のコースでした

大会コースは前日練習の日に上がってみないと決められない位の雪不足
チャンピオンBコースでなく、女子国体コース

しかも春のサーキットのゴール位置がスタート、ゴールはいつも通りのチャンピオンBとの合流地点

こんな条件でもレースを開催してくれたスタッフ、役員の皆様、ありがとうございました

明日のスラロームに続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

本日よりガレージ梅蔵営業開始 正月休みは毎日キューピットバレイ!!

DCIM45863 (67).JPG

本日より2016年の営業を開始いたしました

本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い致します


今年の年末年始は雪不足でオープンが出来なかったり、ポールトレーニングが出来ないスキー場が多い中、キューピットバレイはバッチリ
さすがの雪量

DCIM45863 (43).JPG

hatは30日の休みから4日まで毎日キューピットへ

ポールトレーニングするジュニアのお手伝い

ちなみにKanは28日から昨日5日まで、9日間連続キューピット

DCIM45863 (59).JPG

このエトルコースは今シーズン、リフトが撤去されてしまいとても不便に

でもその分、一般のお客さんも少ないので幅広くトレーニングさせてもらえました

本当に練習する場所が無くて困っているチームが多い中、こんな良いバーンで練習できるなんて有り難いことです

DCIM45863 (25).JPG

写真は休み中に撮ったものを順不同でランダムに選んでます

これは大晦日

雪が降ったのが嬉しいのでしょう

リフトの下にはウサギの駆けっこの跡がいっぱい

DCIM45863 (56).JPG

ポールはルールで決められた間隔でセットします

少し前まではセッターの感覚だけでしたが、セッターによる癖をなくすため、レーザーで測定して合わせてます
と言っても、長年の経験があるので、目測で立ててレーザーで確認する感じ

DCIM45863 (20).JPG

hatの今年のスキーウエア

昨シーズン終わりにジャンケン大会でゲットした全日本のウエア

2013JAPANの本物の選手のもの

亜久里くんありがとう

DCIM45863 (48).JPG

これは2日のSL
DCIM45863 (61).JPG

これは3日のGS

とても良い練習が出来たと思います
山の神様に感謝

ちなみに今日からは赤倉で上越選手権

今日は練習と開会式
明日はGS、明後日はSLのレース

他県では全中、インターハイ予選自体がキャンセルされた所もあるようです

新潟は地区予選から大丈夫
来週から中学生はワールドカップが行われる苗場で県大会

もう暫らくスキー漬けになりそうです

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

キューピットバレイ ジュニアの練習開始

DCIM45873 (9).JPG

キューピットバレイスキー場 昨日から営業再開

ジュニアの練習も始まりました
kanは今日からの参加

DCIM45873 (2).JPG

まだ雪も少ないので、ノーストックでの基本練習してました

hatは夕方迎えに行っただけですが
まだまだスキーモードになってません
自分用に新調したブーツにスキーの金具も合わせてないし

その前に練習に行ってるkanの板も、昨シーズン終わりにメンテナンスを時の保存用のワックスを掛けたまま滑ってます

明日で仕事納めなので、それからですね

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:49| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

キューピットバレイスキー場オープン

DCIM46571 (46).JPG

昨日は胎内で忘年会
今朝は朝一で250km走ってキューピットバレイに直行

キューピットバレイは17日からの降雪で一気にオープン

快晴で雪が締まっていて最高のコンディション

DCIM46571 (49).JPG

ただ、山麓はまだまだ雪が少ないので、3ペアリフト乗り場にへは登らないといけません

こんなの初めて見た

でも直ぐに平らになるのでしょうが

DCIM46571 (48).JPG

安塚のジュニアチームの顔合わせ

新メンバーも増えたようだし、ちびっ子たちも半年ぶりに会ったらみんな大きくなってる

ちなみに家に戻ってkanを連れてくる余裕が無かったので、奥さんに連れて来てもらいました

kanだけ打ち合わせが終わってから、足慣らしに3本滑って来ました
hatはまだスキーの準備なにもしてないし

今日のゲレンデ状態なら滑りたかった
でも家に寄ってスキーの準備する時間は無かったし

午後からは会社に戻って仕事してます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

レジェンドカップと日本ナショナルチームウエアget!!

DCIM4148.JPG

これが最後のスキーネタ

5月4日のシャルマン火打でのジュニアサーキット最終戦SLが終わった後のお楽しみexclamation×2

コーチ、保護者によるスラローム大会

レースが終わったKanから、レガースを借りて準備オッケー手(チョキ)

DCIM4151.JPG

昨年からハンデ戦でなくなり、自己申告タイムと近い人が勝ちのルールに

毎年1年に1回、たった1本しか滑らないスラローム
実は今年は安塚チームと一緒に1回だけ練習しましたスキー

ジュニアの滑りを見て、自分のタイムに近そうな子のタイムを聞いて自己申告

PIC_0040.JPG

スタートるんるん

PIC_0043.JPG

なんちゃって逆手で一応ポールを倒してます

でも肝心の足は内股ぎみあせあせ(飛び散る汗)

PIC_0046.JPG

一番の問題はゴールまで辿り着けるかどうかexclamation&question

こんな複雑なコースをちゃんと間違えないで行けるのかexclamation&question

体力的にもかなりキツかったのですが、無事にゴールぴかぴか(新しい)

タイム的にはグロスで3番目
意外と良かったですね手(チョキ)

そして問題のタイムは申告タイムより0.47秒遅れ
こちらも3位でした

ちなみに申告タイムは迷ったタイムの間を取って0.5秒単位で申告してましたが、もし遅い方のタイムで申告していたら0.03秒で優勝してしまうところでした

DCIM41057 (19).JPG

優勝したのはSatoruコーチの奥さんぴかぴか(新しい)
申告タイムとの差は0.07秒

流石は元選手です

DCIM4159.JPG

全てが終わって、ジュニアサーキットの総合ポイントの表彰ぴかぴか(新しい)

各クラスの表彰された皆さん、おめでとうございます

DCIM41057 (23).JPG

そして毎レースごとに協賛品の争奪じゃんけん大会

いつもは見てるだけでしたが、大人も参加オッケーだったチームJAPANのスキーウエア

奇跡が起きてゲットしてしまいましたわーい(嬉しい顔)

DCIM41057 (24).JPG

某S選手が着ていた、2013年の本物のジャパンナショナルチームのウエア

DCIM41057 (26).JPG

パンツもサイドオープンタイプなので、レースにも使えます
でもJAPANを背負ってスキー場に行けるのかあせあせ(飛び散る汗)

写真を撮るためにRyuに着させたら、すで持っていかれそうですけど

半年に渡るスキーシーズンがようやく終わりました
関係者の皆さん、お疲れ様でした

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 18:49| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

シャルマン火打山頂から放山へハイク2

DCIM4123.JPG

昨日の続き

シャルマン火打から登った放山山頂かわいい

帽子のつばの上が火打山、右側が焼山

DCIM41057 (16).JPG

これは放山山頂までもうすぐのところ

すぐ右側が山頂
焼山が写ってます

00206_Capture.JPG

そして山頂に着きましたぴかぴか(新しい)

12:08 シャルマン山頂を出発

途中でシールを貼ったり、アルパイントレッカーを付けたり外したりと、途中で時間が掛かりましたが斜面の緩い山だったので割と楽に登れました

13:06 放山山頂

58分の登りでした

00205_Capture.JPG

山頂にはテントも

この日泊まるそうです
素敵なご夫婦(多分)

その他、別に5人のスキーグループも

山頂は景色が良いだけでなく、広くなだらかでゆっくり過ごすのも良さそうです

DCIM41057 (17).JPG

今回は途中でスキーをザックに括るのは覚悟していたので、大き目のザックでしっかり固定出来ました

ちなみに前週赤倉の前山に登った時は、途中でシールの限界が来て、途中で普通のリュックに無理やり括り付けて登りました
その時のブログ
http://ainet-blog.seesaa.net/article/418037191.html

DCIM41621 (28).JPG

その時の写真

結果、肩紐が破けてしまい修理中たらーっ(汗)

やはりレジャー用のリュックでスキーを担ぐのは無理があったようです

DCIM4128.JPG

山頂を満喫した後、午後からのジュニアサーキットの練習会に向けで下山

黄砂に強いワックスを塗ってイザるんるん

アレッexclamation&question

滑り始めてすぐにスキーにブレーキがかかる

滑れば滑るほど酷くなって、中斜面でも滑らないで止まるくらい
気持ち良く滑り降りるはずが、下りもスキーを履いたまま一歩一歩歩いて降りるしかない

下って来たスキーの裏はこんな

松ヤニみたいのがベッタリで、葉っぱもくっ付いてる
後で聞いたら、今年初めての現象でPM2.5の影響ではないかとのこと
他の山も似たような感じになってるとか

こんな状態じゃ滑る訳ないか

今までで一番つまらない下りでした

でも山頂は気持ち良かったですよ手(チョキ)


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:28| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

シャルマン火打山頂から放山へハイク1

DCIM4122.JPG

長いスキーシーズンは終わりましたが、連休中のスキーをあと数回

5月3日、上越協議会(上連)のジュニアサーキット第6戦
シャルマン火打でのGSがありました

写真は例によって2本のレースが終わってから登って来た放山山頂ぴかぴか(新しい)

放山山頂の字は消えかかってますが、標識の先にあるのが焼山
その左側の頂が火打山です

自分用の記録の為、少々写真が多くなってます

00183_Capture.JPG

中学生男子のShu
最近はチームの女子ばかり載せてましたが、facebookで友達になったので

今シーズンだけで、凄く上達しましたグッド(上向き矢印)

来シーズンが楽しみです

00182_Capture_1.JPG

コーチ達

すでに半袖に麦わら帽子と三度笠かわいい

DCIM41057 (7).JPG

レースが終わったら、シャルマン火打山頂のパトロール詰所へ
朝一で12時頃から放山に登ると登山届は出しておきました

パトロールのOさんに山の状況と登山ルートを確認

DCIM41057 (11).JPG

例に寄って立入禁止、警告、捜索救援費用等の看板がありますが、入山入口の看板は今気付きましたひらめき

確かにパトロールからの情報では、山頂レストランの右脇だけが出入り口だと聞いてました

DCIM41057 (12).JPG

スキーを履いて登る予定が、レストランの横からすでに雪は無し

ちょうど帰って来た人に確認したら、はじめは雪の無い尾根を暫らく歩くのだそうですあせあせ(飛び散る汗)

00199_Capture_1.JPG

こんな完全な夏用の登山道を、スキー靴で歩きますもうやだ〜(悲しい顔)

しかも何時雪の上に出てスキーを履いても良いように、右手にスキー2本、左手にストック2本を持ったまま

格好からしたら、スキー場の駐車場からゲレンデまで歩く格好

この木の左を巻いて歩きますが、足場は悪いし本当にスキー靴で歩く場所じゃない


DCIM41057 (13).JPG

尾根伝いなので微妙なアップダウンも

左に落ちたら面倒そう

DCIM41057 (15).JPG

暫らく歩くと、大池50mの看板

ここから右に降りて行けそうです

00201_Capture.JPG

下に降りたら沢のようになってました

斜度も緩いので、シールとアルパイントレッカーで登って行けそうです

ちなみに大池が何処にあるのかは分りませんでした
雪の下なのか?

00203_Capture.JPG

山頂付近から3人が降りてきました

ここで痛恨のミスをがく〜(落胆した顔)

シールとアルパイントレッカーだと、写真のような斜面を斜めに登るトラバースは苦手
ここでスキーを脱いでザックに固定

左を向いて真っ直ぐに尾根に向けた急斜面を登ることに
途中はかなり急で、スキー靴を斜面に蹴り入れながら怖々登りました

そして尾根の直前で写真に写ってる雪の切れ目がずっと続いているのを発見ひらめき

結局、尾根に上がることも出来ず、急斜面過ぎてスキー靴でトラバースも出来ずに一度下ることにバッド(下向き矢印)

結局、人が写ってる辺りまで進んでから左に曲がって登り直しました

長くなったので、その2に続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:46| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

明日5/3〜5/6日まで休業とさせていただきます

DCIM41063 (95).JPG

明日5/3〜5/6日までゴールデンウィークの休業とさせていただきます

7日より通常営業いたしますので、宜しくお願いていたします

写真は今朝のシャルマン火打スキー場スキー

今日から3日間シャルマンで上連のサーキット

今シーズン初めて来ましたが、例年より雪が少ないexclamation&question
先週も来ていた人に聞いたら、この1週間で随分減ったそうです

まあ先週の赤倉も、土曜日は下まで滑って降りれたのに、日曜日はゴンドラで降りるようになってましたからね

DCIM41063 (96).JPG

シャルマンのセンターハウス

ジュニアサーキットの参加選手も多いけど、一般のお客さんも多いグッド(上向き矢印)

少なくなったとはいえ、まだ十分な積雪が残っている貴重なスキー場ですから雪

DCIM41063 (93).JPG

ちなみにhatはkanを送って来ただけで、そのまま仕事

kanのスキー道具だけだったので、AE86トレノ号でGO車(セダン)

登りも下りも真っ直ぐ走らないexclamation&question

気持ち良く横走りをしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

戻ってからタイヤ交換

DCIM41063 (94).JPG

外したタイヤはこんなふらふら

タイヤを使い切るのも環境にやさしいという事で、お許しくださいm(__)m

ハチロクネタが少し溜まったので、時間を見つけてアップしていきます手(チョキ)

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:19| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

警告、スキー場区域外入山禁止

KIMG32831 (9).JPG

今シーズンは妙高近辺のスキー場にこんな看板が

警告、スキー場区域外入山禁止

KIMG32831 (10).JPG

実際、正月から遭難者続出

写真がボケてますが、左が料金表
コース外でパトロールを呼ぶと、すぐ近くでもおおよそ10万位は請求されるようです

右は1/1〜1/3までに実際に請求した費用 3,245,000円がく〜(落胆した顔)

こんなニュースが毎週のように報道されてる間は、さすがに自重してました

春になって雪が落ち着いてきてから、スキー場に電話で問い合わせ

前にも書きましたが、スキー場としては許可は出せないけど、区域外に対して禁止も出来ないとのことでした
(スキー場内の滑走禁止エリアは別です)

KIMG32831 (1).JPG

という事で、4月になってから最初に登ったのが池の平

南地獄谷のケーブルのところまで

DCIM4147.JPG

それからキューピットバレイの菱ヶ岳

DCIM41621 (33).JPG

赤倉の前山
と登ってきました

特に先週の前山は、途中で大勢の人と会いました

少し前までは全く興味が無かったけど、やってみると意外と楽しいし気持ちイイグッド(上向き矢印)

そのうち滑ることより登ることが楽しくなりそうで怖いあせあせ(飛び散る汗)

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:44| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

雨で濡れた革スキーグローブの手入れ

DCIM41058 (20).JPG

今年買ったkanのロイシュの革スキーグローブ

元々撥水加工済みのものに、レザーワックスと防水クリームを塗って使ってました

先日の雨でグッショリバッド(下向き矢印)

レザーグローブの宿命です

戻ってから直ぐに水で流しながらブラシを掛けます

DCIM41058 (21).JPG

今回も登山靴用品でお手入れるんるん

今回最初に使うのは、コロニルのレザージェルかわいい
ポンプ式の防水ジェルです

片側この位を塗りながらブラッシング

DCIM41058 (22).JPG

次はコロニルのナノコンプリート
防水、保革成分入りのムース状のクリーナーです

こちらは直接スプレーしてブラッシング

DCIM41058 (23).JPG

コロニルのレザーワックス

防水と保革が50%ずつ

手で薄く延ばして、ブラッシング

DCIM41058 (24).JPG

hatの作業はここで終了

後は家に持って帰ってから、kanに仕上げしてもらいます

グローブを両手に嵌めてゴシゴシとワックスを馴染ませて終了かわいい

少々の雨、雪ならバッチリ防水出来てると思います

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

初めてのシール登山でスキンテールコネクターが切れた 交換

DCIM41081 (9).JPG

昨日の続き

今シーズンは上連の春のジュニアサーキットの休憩時間に、シール登山することにグッド(上向き矢印)

前日にアルパイントレッカーの調整をして、シールも試し貼りるんるん

初めて見るので、実際にどういう風に付くのかもわからない

試し貼りは無事成功
シールのテールコネクターはややテンションを掛けるとピタッと留まりましたかわいい

そして現場で貼った時exclamation&question

左右ともシールのテールコネクターが切れてしまったがく〜(落胆した顔)

まあ春山を登るだけなので、ダメならその場から滑って下ってくればイイ

最初に行ったのは池の平
テールピースの固定無しでも登れましたグッド(上向き矢印)

DCIM41081 (7).JPG

前の方はこんな感じ

エチケットブラシをブチルテープで留めてるみたい
進行方向には進むけど、逆向きは繊維が立って引っかかる

まさにエチケットブラシ

DCIM41056 (14).JPG

戻ってから直ぐに小島スポーツさんで部品を注文

翌日に電話があり、今シーズンは欠品で入荷無しとのことあせあせ(飛び散る汗)

困った時のネット検索
楽天で売ってましたかわいい

DCIM41056 (15).JPG

小島さんでは、金具の根元からカットして付け直すと言われましたが、少し短くなってしまう
金具のリベットをドリルで揉んで同じ位置に付けようか

試しに金具を広げてみたら、簡単に残っていたバンドの根元が取れた

もしかして、このまま付くかもexclamation&question

DCIM41056 (17).JPG

そのまま付いた
バンドに通す金具の向きを決める時に緊張したけど、問題なく付きました

DCIM41056 (19).JPG

広げた金具を締めます

最初は工場に持って行ってバイスで潰そうかと思いましたが、とりあえず木片の上でブラスバーで叩いてみることに

DCIM41056 (21).JPG

ハンマーで叩くと隙間は綺麗に潰れてくれました

DCIM41056 (22).JPG

金具はほぼ真っ直ぐ

DCIM41056 (23).JPG

別の角度から

完璧ぴかぴか(新しい)

最悪ダメになっても、新品の金具とリベット残ってるし

修理後は2回使いましたが、問題なし
問題はシールよりもアルパイントレッカーの方かも

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:04| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

アルパイントレッカーの調整

DCIM41054 (8).JPG

ここのところ上連のジュニアサーキットの休憩時間に山に登ってます

昨年はスキーを担いでつぼ足で登りましたが、今年のニューウェポン、アルパイントレッカーぴかぴか(新しい)

普通のスキーの金具とブーツの間に噛ませて、簡易的にソールが上がるアダプター

DCIM41054 (9).JPG

最初に使う前の日に調整と、試し履きをしてみます

意外と何処で長さ調整するのか分りにくいexclamation&question

DCIM41054 (12).JPG

よく探したら、テールピースの後ろにマイナスのネジ発見ひらめき

グングン回して長さをブーツの長さと同じに調整

DCIM41054 (14).JPG

ブーツが乗る台も長さ調整

こちらは一回分解して、丁度良い長さのところで組み直し

意外と面倒あせあせ(飛び散る汗)

DCIM41054 (15).JPG

こんな感じでスキーに噛ませます

ストッパーが上がっている状態なので、雪上ではこの形で放置できません

アルパイントレッカーを最初に履いて、青い流れ止めを足に巻いてからスキーを履く順番なのだと思います

テールピースの金具の位置も何回も付け替えながら決定

DCIM41054 (16).JPG

履くとこんな感じかわいい

かなり高くなります

ぱっと見、調整はその場で簡単に出来そうに見えましたが、前日にやっておいて正解
結構時間も掛かかったし、現場の道具では間に合わない可能性もあるかも知れません

DCIM41054 (17).JPG

そして歩くときは踵がこんな感じに浮きます
クロカンのような感じです

ちなみに今シーズンはレグザムのブーツを履きましたが、どうも足に合わないので、春のサーキットからヤマハに戻してます

やっぱりhatの足には一番合ってます揺れるハート
きつく締めても足を包み込むように締め付けるので、何所も痛くなりません

サーキットの最終までヤマハを履いて、来シーズンは別のブーツにする予定です
本当はずっとヤマハが良いんだけど、流石に周りからの突っ込みが激しいのでたらーっ(汗)

シール編に続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

初めての前山山頂!!

00173_Capture.JPG

昨日のジュニアサーキットのレース終了後に前山に登ってきましたスキー

ジュニアサーキットのレース2本が終わったのが、ちょうど12時頃
午後からは練習会で、昼休みに入りました

DCIM41621 (21).JPG

12:05

初めてなのでどのくらい時間が掛かるか読めませんが、時間が掛かり過ぎたらゲレンデに戻ってくれば良いので気楽に出発

ちなみにここは赤倉のレーススタート場所

チームの仲間とお弁当を食べ始めたKanに撮ってもらいました

DCIM41621 (15).JPG

1時間戻って、1本目のレースが終わってリフトを降りたら、何やら下からスキーを担いで登って来る集団がひらめき

よく見ると関根学園スキー部の面々
上の方にも6〜7人登っていて、新井の選手もしてそうです

Ryuと同級のコーチYucanが引き連れて、土日のどちらかで登ってるとか

滑る技術以外に体力強化にも繋がるしスゴイぴかぴか(新しい)

レースがもう1本終わったら、hatも登ると伝えて見送りました手(パー)

DCIM41621 (22).JPG

12:21

ホテル第3リフト降り場横の林の中

あまりゲレンデの中を登るのは目立つので、林の中から上に登ります

ちなみに立ち入り禁止と書いてありますが、電話で確認を取ったところ、許可は出せないけど禁止も出来ないとのことでした
スキー場の区画外なので当然何が起きても自己責任です

hatは山に一人で登るので山岳保険に入ってます

ここまで既に15分ほど
アルパイントレッカーの調子が悪くて、ここまで何回も外れてしまいましたちっ(怒った顔)

DCIM41621 (25).JPG

ホテル第五リフトの山頂
(昔の前山第三リフトと言った方が分りやすいかも)

ゲレンデの最上部です

リフトは動いていませんでしたが、ゴールデンウィークには動かすようなことを言ってました

リフト1本分登って来て16分
意外と早く登ってきましたグッド(上向き矢印)

DCIM41621 (26).JPG

12:37

ホテル第五リフト降り場

完全に雪が途切れてます
まあ周りに雪が豊富なので、ゴールデンウィークには問題ないと思いますが

DCIM41621 (27).JPG

確かここは標高1500m
スントのアンビットは1501m
写真を撮る寸前まで1500mの表示でした
やるなアンビット

5分休憩
ここで問題発覚ひらめき

チームのみんなが休憩している場所に、余計な荷物を置いてきました
ドリンクも3本持ってきましたが、1本で良いかと思い雪の上で冷やしていた1本だけ持参
午前中にもチビチビ飲んでましたが、何と500mの半分しか残ってないもうやだ〜(悲しい顔)

ドリンクが足りないのはマズい
節約して登り、ヤバくなったらいつでも下ることにします

幸い下りはスキーであっという間なので、下りの事を考える必要はありません

DCIM41621 (28).JPG

リフトの最上部からは斜面が急になってきました

アルペン用のスキーにシールを貼り、アルパイントレッカーで登ってましたが、どうもアルパイントレッカーの限界になったようですあせあせ(飛び散る汗)

シールが滑って転んだり、トラバースでアルパイントレッカーが外れたり
1650m地点で、スキーを担ぐことに

でもスキーを履いたまま山頂まで行くつもりで、スキーを固定できるリュックではないし、スキーを留めるバンドもありません

コロンビアのチェア付リュックのチェア部分にスキーの金具を引っ掛けて、無理やり背負いました

春の雪なのでスキー靴でも問題なく登れてラッキーグッド(上向き矢印)

DCIM41621 (30).JPG

急斜面を登っていると、山頂らしきところから集団が滑り降りてきましたスキー

関根の高校生なら声を掛けようと思いましたが、聞こえてきた声が年配そうだったのでやめて黙々と登り続けます

実はこの辺りは斜面が急で、登りながら何度も滑りって膝をついてます
もう少しバランスを崩したら、谷底まで止まりそうにありませんがく〜(落胆した顔)

高所恐怖症のhatはビビリまくり

とにかく上を見続けて登りました

DCIM41621 (31).JPG

そして、上の写真で頂上かと思ったところから、さらに上にピークが見えて

そのピークにたどり着いたら、まだ上に続いてますもうやだ〜(悲しい顔)

ただ、この稜線は頂上に続く最後の稜線で斜度も緩く気合でズンズン登ります

正面のピークが山頂

DCIM41621 (33).JPG

13:53

前山山頂ぴかぴか(新しい)

アンビットは1940m
スマホのGPSは1941m
地図上は1932m

十分な精度ですかわいい

スタート地点は1229mなので、標高差700m強

DCIM41621 (36).JPG

正面の妙高山はすぐそこ

ただ、一度降りないといけないので、妙高山の山頂を目指すにはまだまだ遠い

00173_Capture_3.JPG

下りの準備中

スタートから諸々のアルパイントレッカーの脱着10数回を含めて、1時間48分
第三リフト降り場からは1時間32分
第五リフト降り場からは1時間11分

トップシーズンなら一番上からスタートできます
でも知識も技術も足りないので、まだトップシーズンには登りません
今年も雪崩で大勢亡くなりましたから

DCIM41621 (37).JPG

前山からゲレンデ方面

登ってる時に恐怖を感じた斜面も、スキーなら何処だったか分らないくらいるんるん

楽しく滑って戻りました

2015426前山2_map.png

スタートしてから暫らくはGPSを捉えてなかったようです

赤い線の右上の端がスタート&ゴール地点
下の赤い線が登り、上が下りです

山から下ってから、ジュニアの練習会のお手伝い

休みを有効に使ってます手(チョキ)

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 21:20| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

春のジュニアサーキット第五戦GS 赤倉

00170_Capture.JPG

上連の春のジュニアサーキット第五戦スキー
赤倉リゾートでGS

kanは前日の練習会は学校の授業参観の為欠席
何故か最近の授業参観は平日にやらないみたいです

hatは平日の方が時間を作りやすいんですけど、結局授業参観は諦めてサーキットの方で休暇とりました

DCIM41621 (1).JPG

前日の朝は雪が繋がっていて、滑って降りて来れたそうですが1日で雪がこんなに消えましたあせあせ(飛び散る汗)

でも実は最後の後片付けで、ポールの束を担いで降りてきました
所々スキーを脱いだり履いたり
結局、駐車場の上からはポールの束とスキーの両方を担いで降りることに

赤倉観光は駐車場の最上部からゴンドラ乗り場までは、結構な距離があるので堪えましたたらーっ(汗)

DCIM41621 (2).JPG

コース作り

硫安を大量に撒いてバーンを固めていきます

hatも撒きましたよ
逆風で顔にかかるとしょっぱいし

指先のササクレに入ると浸みるので、ゴム手は必需

でも隣で撒いていた人は、土建業の方で素手で全然平気と言ってましたが

DCIM41621 (4).JPG

スタートの準備

この右側にあるオレンジの袋が20キロ入りの硫安

赤倉は今日が最終日なので、ここにある硫安は全て撒き切り

コーチ、保護者の皆さんのおかげで、バッチリと良いコースになったと思いますグッド(上向き矢印)

DCIM41621 (9).JPG

今年はチーム安塚もチビッコジュニア達が大勢参加してます
例年はkanとMikiと男子数人でしたが、来年の成長が楽しみです

でも緊張感が少々足りないので雪合戦に雪

まあ楽しむことが一番か

DCIM41621 (12).JPG

スタート直前

スタートワックスを塗ってます

00165_Capture_1.JPG

今シーズン絶好調のAyaかわいい

圧倒的な存在感

00170_Capture_1.JPG

新一年生ですが調子の上がって来たMiki

00170_Capture_2.JPG

が、hatの目の前で大ミス

でも堪えて無事に抜けて行きましたダッシュ(走り出すさま)

こういうところで粘ることが大事
Mikiも来シーズンが楽しみです

いよいよサーキットも赤倉ラウンドが終わり、残すはシャルマンのGSとSLのみ

半年間続いたスキーシーズンもあと僅か

頑張りましょう手(チョキ)

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

ジュニアサーキット第四戦、赤倉観光GS

00154_Capture_7.jpg

今日は赤倉観光で、上連ジュニアサーキット第四戦GSスキー

小雨の中でしたが、硫安が効いてバッチリのコースかわいい

写真はkan

DCIM41058 (3).JPG

スタート前の様子

沢山の選手達

DCIM41058 (9).JPG

レースになればワンピース

小雨でしたが、この時期なので寒くない

ちなみにhatはウインドブレーカーのみだったのでスブ濡れにもうやだ〜(悲しい顔)
いつもリュックにカッパを入れてるのですが、今日に限って家に置いてきたのでしたバッド(下向き矢印)

00156_Capture_7.JPG

チーム安塚女子中学生チーム
3姉妹の長女はAya
相変わらずイイ滑りグッド(上向き矢印)

00154_Capture_2.jpg

2女のkanを挟んで、末っ子の新一年生Miki

普通は新一年生の春は上級生と差があるものですが、全然ないというか勝ちに行ってるグッド(上向き矢印)

本当のお姉ちゃんは元全中2位の選手なので、狙うは全国制覇exclamation&question

どんどん伸びているので楽しみです

00153_Capture.jpg

レジェンド金子裕之さんが前走してくれました

何の準備もしてこないのに、スタートでお願いされて直ぐに滑れる懐の深さ

ポールを滑っているのは初めて見ましたが流石ですぴかぴか(新しい)

DCIM41058 (11).JPG

ポールのセット替え

今日はhatは途中でサボらずにずっとお手伝い
働きましたよ

昼休みに前山に登ろうかと思ってましたが、スブ濡れで寒かったのでやめました

午後の練習会もずっとお手伝い

DCIM41058 (17).JPG

ゴールエリアで成績発表かわいい

来週も赤倉です

お疲れ様でした

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:05| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする