2020年06月08日

どのハチロクがお好みですか? 新型86入荷

DSC_02241 (1).JPG

3台のハチロク

どのハチロクがお好みでしょうか❗️❓

赤い新型86入荷しました


手前から営業車の2ドアのトレノ号 真ん中が新型の86 奥が一番最初に買ったAE863ドアハッチのレビン号✨

自分の子供たちに『一番かわいいのはだれだれ』
って言えないのと一緒でとても書けません。

なんのこっちゃ


まあハチロクバカなんで😂

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:31| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

AE86トレノ号 LSD組替 驚愕の事実が その2

DSC_01851 (10).JPG

AE86トレノ号 デフのオーバーホール偏 その2

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/article/475361175.html

ゴールデンウイークに下したデフ

実は驚愕の事実が発覚

この写真で分かった人はかなり鋭い
種明かしはまだ先で組み付け編で

ちなみにデフを組んだのはhatですが、LSDは別の業者が組んだものでした

DSC_01851 (8).JPG

その1で、禁じ手の車上オイルシールとピニオンギヤのプレロード調整するドライブピニオンカラーを交換

通常はデフをバラシて交換するものなのですが、自分で乗る車だからイイかと

そして逆向きに入れて締め付けてしまったために分解しないと取り外すことが出来なきなってしまったのでした


ちなみに上の写真でLSDにピニオンの痕が付いてますが、一時的に車を移動する必要があり、とりあえず組んで移動したところガリガリッゴーゴーッと凄い音がしてました
この時にピニオンが奥過ぎて当たったのでしよう

でも驚愕の事実は別にあります

DSC_01851 (6).JPG

まずはドレンを外してオイルを抜きます

結構な量の鉄粉

DSC_01851 (7).JPG

綺麗に拭き取りました

DSC_01851 (9).JPG

デフキャリア降りました

ハチロクはここまでは簡単

この先もバラすのは簡単なんです


ただ、組み付けは慎重にやらなければならないので時間が掛かるのを覚悟

DSC_01851 (11).JPG

バイスに固定して

DSC_01851 (12).JPG

ベアリングキャップに合わせマークを打ってから分解

DSC_01851 (13).JPG

これがTRDタイプの潰れないスペーサーカラー

ガレージアネックス製

DSC_01851 (14).JPG

ただのパイプに見えますが、片側の内径が大きくなってます

DSC_01851 (15).JPG

ドライブピニオンのシャフト

下側が太くなってます

スペーサーカラーの内径が大きい方を下向きに付ければ良いのです

DSC_01851 (16).JPG

オイルシールは替えたばかりなので、このままいくことに


その3に続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:17| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

AE86レビン号 ウインカーが点かないと思ったら('◇')ゞ

DSC_016933 (5).JPG

AE86号の左フロントウインカーが点かない

写真は修理後

球を替えて見たけど変わらず

球を外してテスターを当ててみると電気が来てない

配線のコネクターを外して電圧を点検すると、ここはOK

Jブラッドのエアロバンパーが付いてるので、ウインカーを外すのがチョット大変

DSC_016932 (13).JPG

外して確認すると

配線が切れてます

DSC_016932 (14).JPG

ソケットを分解

配線を剥いてハンダ付けすると長さが足りなくなるので、同じ緑の配線を継ぎ足して修理します

DSC_016932 (25).JPG

バルブの底に着くプラスの配線をハンダ付け

実は最初に切れたところから繋いだら、バネが縮み切らずにバルブが入りませんでした

結局、根元からハンダ付けし直し

一応、ハンダ付けしたところを熱収縮チューブで絶縁してソケットに戻し

DSC_016932 (26).JPG

少し長めにコネクター側の線とハンダ付け

ハンダで留める前に熱収縮チューブを通しておいて

DSC_016932 (27).JPG

ライターでジュっと

配線修理完了

ハチロクに戻してウインカーが直ったところが一番上の写真です

古い車なので想像外のところが突然壊れたりしますが、このくらいなら可愛いもんです

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:03| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

AE86レビン号 たまに吹けなくなる原因は!!

DSC_07101 (6).JPG

ゴールデンウイーク中は整備工場にAE86が4台

レビンが3台、トレノが1台

右奥のAE86白レビン号の整備

DSC_07101 (2).JPG

左のリフトに載ってる白黒トレノ号はデフのオーバーホール中

実は驚愕の事実が判明しましたが、それは後日のブログで

白レビンはたまにエンジンが吹けなくなる現象が

燃料系が怪しかったのですが、簡単に替えられるフューエルフィルターは前に替えてるし

これが古い車にありがちな間違いでした

連休に入る前に念のためフューエルフィルターを取り寄せておきました

外してみると

2020.05.01.jpg

スゴイサビ



よく考えてみたら、前に替えたのは20年以上前

少し前だと思っていたのに

長く乗ってるとありがちと書いたのはこの事

前に交換してから既に普通の車の寿命を越えてました(笑)


ちなみにエンジンブローして暫らく乗らない時期があったので、その時にタンクにサビが溜まってしまったんでしよう

DSC_07101 (1).JPG

燃料タンクのドレンを外してガソリンを抜いて

最後まで抜いても綺麗なガソリンのみ

念のため、ドレンを締めてガソリンを戻し、またガソリンを抜いてみます
やはり綺麗なガソリンのみ

ワコーズのF1と同等の燃料系洗浄剤 エコリフレッシュキットの添加剤を定期的に入れてるのでタンクは綺麗になってたようです

ガソリンを戻してフューエルフィルターを交換

640DSC_01851 (621).jpg

取り敢えず絶好調になりました

9000回転まで一気に回ります

ちなみに写真で運転してるのは、免許を取ったばかりのkan
助手席にはRyuが乗ってます


やっぱりAE86最高


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:05| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

AE86のT50ミッション オーバーホール

DSC_07101 (7).JPG

AE86のトランスミッションのオーバーホール

これは昨日のブログの4台のハチロクの物ではなく、在庫の中古ミッション

白レビンはルートシックスのクロスミッションが入ってます

ジムカーナや超高速の富士スピードウエイ以外のサーキットではとても速く走りやすい


でもサーキットでドリフトをしてるRyuに言わせると、ギヤがピーキーすぎて走りにくいんだそう

DSC_07101 (9).JPG

と言う事で、ノーマルミッションに載せ換えることに

でも2速と3速のシンクロが怪しいのオーバーホール

T50ミッション

久しぶりに分解

まあミッションは組めるようにしか組めないので問題なし


休みになったらトレノ号のLSDとデフのオーバーホールしなきゃ

デフは調整部分が多いので慎重にやる予定です


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:29| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

AE86が工場に4台

DSC_07101 (6).JPG

今日は整備工場が休みなので、AE86の整備を

AE86が4台
幸せな空間です

手前の紺トレノはラジエター修理、右奥の白レビンは燃料フィルター交換と燃料タンク洗浄、正面奥の白黒トレノはLSD、デフのオーバーホールと車検整備

左の紺レビンはS2000のエンジン乗ってるお化けハチロクで燃料ポンプ交換。


DSC_07101 (4).JPG

3ドアが3台、2ドアが1台

レビンが2台、トレノが2台


DSC_07101 (3).JPG

このトレノはウエーバー

公認改造車

hatはソレックスの公認車検諦めましたけど、県外では取れるところあるらしいですね


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 17:55| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

AE86トレノ号が爆音に(;´∀`) ガスケット交換

DSC_13631 (3).JPG

昨日の夕方からAE86トレノ号のマフラーの音が大きくなり始め
今朝から爆音に

リフトで上げて点検すると、スチールのガスケットがバラバラになって排気漏れしてました

DSC_13631 (13).JPG

新しいカーボンガスケットと入れ替えて終了😀


スチールのガスケットが抜けるのは珍しいですが、昭和の車なので何が起きても不思議ではありません


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:01| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

オオボケでエンジンが掛からないAE86レビン号

DSC_10181 (13).JPG

昨日のAE86トレノ号に続いてエンジンが掛からないAE86レビン号

ゴールデンウイークにRyuが東京から乗って来て置いたままでした

トレノ号のエンジンが掛からなかった理由は、スターターの50番端子に繋がってるリレーの不具合でした

DSC_10181 (12).JPG

トレノ号はセルが回りませんでしたが、レビン号は回るけど初爆がありません

プラグコードを抜くと火も飛んでない

取り敢えずダイアグても診てみるか

DSC_10181 (9).JPG

レビン号はフルコンのフリーダム しかも初期モデル

ダイアグは見られません

DSC_10181 (11).JPG

梅蔵にあったGRIDのチューニングコンピューターに付け替えます

このコンピューターはハチロクレビン号に最初に入れたコンピューター

エンジンもノーマルから最初に手を入れたもので、壊れずに良く回りました

AE86の輸出用ピストン、TRDの0.8mmのメタルガスケット、ノーマルインジェクターで燃調と点火時期、レブカットをGRIDに作ってもらいました
当時はトヨタ車のコンピューターはハードルが高く、値段もたかかったなぁ



そして、ダイアグを点検すると表示しない


すべてを悟りました

トレノ号には新品のリレーを使いましたが、確認のためレビン号からリレーを外していて、付けるのを忘れてました

しかも、EFIメーンリレー


すぐにリレーを取り付けて、コンピューターをFREEDAMに戻し、セルを回すと

何事もなかったかのようにエンジン掛かりました


やっちまった



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:10| 新潟 ☀| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

AE86トレノ号 突然エンジンが掛からなくなった(;´∀`)

DSC_10181 (18).JPG

先日、夜AE86トレノ号で家に帰ると、会社に忘れ物をしてきたことを思い出し、すぐにエンジンを再始動させて会社に取りに戻ろうとしました

ところがギッチョン

セルが回りません

キーを回すと一瞬ナビの画面が暗くなるので、イグニションスイッチは大丈夫そうでした

取り敢えずその日は、奥さんの車で忘れ物を取りに行って翌日に点検することに

DSC_10181 (5).JPG

一通り工具を持って自宅へ

一番可能性のあるのはスターターモーター本体

でも最近まで掛かりが悪かったことは無く、いつも一発始動

スターターの突然死にはハンマーでガツンとやる荒療治が効くことがあります
昔のテレビが点かなくなった時に叩くと直るってやつと同じ


昭和の時代の話ですが

ハマーでショックを与えても動きません


自宅にいた母親にセルモーターを回してもらうと、スターターモーターのB端子には12V来てますが、50番端子には来てません

うちのハチロク達はみんな、50番端子の配線をリレーを介してバッテリから直で繋いでます

DSC_10181 (6).JPG

それがコレ

ヒュージブルリンクとリレー

もう一度母親にスターターを回してもらうと、リレーの作動音はするものの導通なし

DSC_10181 (7).JPG

単品で抵抗を測ると、オープンでも短絡してもどちらも25kΩ程度

リレーの突然死が原因でした


ただ、AE86の時代のリレーの在庫が無い

AE92とかAE111の解体車はあるけど。どちらもリレーの形が違います

最近は急にAE86の純正部品が欠品になる事が多くなってきました


もし欠品なら違うリレー用に配線を加工しなくてはいけません


トヨタに確認すると

DSC_10181 (19).JPG

ありました

DSC_10181 (20).JPG


取り付けて、エンジン一発
無事に直りました

DSC_10181 (13).JPG

ただ、メーカー注文なので届くまでは、Ryuが乗って来て置いてあるAE86レビン号から拝借

そしてその事が別の事件に繋がっていくのでした
それについてはまだ後日

DSC_10181 (21).JPG

エンジンが掛かったついでにエンジンオイル交換

DSC_10181 (22).JPG

ついでにデフオイルも交換

やっぱりAE86最高



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越







posted by あいーん at 19:41| 新潟 | Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

AE86のデフ TRDと思っていたらクスコだった!?

DSC_01321 (9).JPG

AE86のデフ外しました

Ryuが東京に乗って行ってる白レビ号のデフが逝ったらしいので

DSC_01321 (8).JPG

ちなみに外しはたのは在庫のホーシングから

確か、前期デフにTRDの4ピニをオーバーホールして組んだ記憶がありました

DSC_01321 (10).JPG

が、LSDを見てみると2WAYじゃなくて1WAY

これはTRDじゃなくてクスコなのか

かなり昔にホーシングごと載せ替えたような記憶もあり、よく覚えてません

でも基本的にhatはクスコの1WAYの方が好き

今回逝ってしまったLSDもクスコのMZタイプ
MZになる前はすぐに滑ってオーバーホールが必要になってましたが、MZタイプが出た直後にオーバーホールして今まで持ちました
25年くらいか

その間、サーキットでデフのピニオンが欠けたりで、2回ピニオンとリングギヤ交換してますが、LSD自体はバリバリに効いていたのでオーバーホールしてません



どちらにしてもこのデフはリンクギヤ付なのでポン付け出来ます

DSC_01321 (11).JPG


と言っても、前期デフなので、アクスルシャフトごと交換になります

まあ、アクスルシャフトを抜いて、デフを降ろすだけだから、東京にいるRyuでも出来るでしょう

DSC_01321 (13).JPG

シャフトからスプラインにかけて、ほんの少し細くなってるのが分かりますか!?

この細いのが前期のアクスルシャフト
同じ太さの物が後期になります

後期の方が丈夫と言われてますが、すでに金属疲労の問題かと

白レビも何本折ったかなぁ

しばらくは前期デフでそのまま乗ってもらい、降ろしたデフをオーバーホールして予備にしておく予定です

後ろに写ってるパンダトレノはバッテリーの充電してるだけです



ちなみに今回逝くまで、LSDはバリバリに効いてました
そしてAE86とは恐ろしいくらい相性の悪いwako'sワゴーズのギヤオイル

営業の押しで、やはり25年ぶりくらいに入れてみたのです
今回は入れたのはワコーズで入れたことのないミネラルの140番のシングルグレード
結果、富士のドリフトコース一気に滑ってLSDが効かなくなりました

当時も新しいギアオイルが出る度に入れてましたが、デフに入れても、ミッションに入れても全然ダメ

エンジンオイルは最高なんだけど

ちなみに昭和の車に相性が悪いのではないかと思ってます
平成の車にはバッチリですから

ここのところあまり86を構っていないので、最新の情報には疎いところがあります
最近知ったのですが、デフのコンパニオンフランジのプレロード調整は純正のパイプを潰す方法から、TRDのシム式に換えられるそうですね
完璧に合わせても、しばらくするとパイプが余計に潰れてプレロードとバックラッシュが狂ってしまってましたが、シム式なら一度合わせれば狂わないですよね

当然今度はシムで調整します
でもサイドベアリングの調整は面倒なんだよな

バックラッシュは手の感覚が覚えてるから、合わせてからダイヤルゲージで答え合わせみたいな感じで行けるけど、プレロードと歯当たりはしっかり合わせないといけないし


どちらにしても仕事が落ち着いてからかな


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:15| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

奇跡の3ショット!! AE86 S2000 うそ2000(笑)

DSC_01561 (2).JPG

奇跡のスリーショット

大げさですが(笑)

手前にS2000 AP1
右奥がAE86トレノ号

そして左奥が、うそ2000 FE86

DSC_01561 (3).JPG

どれもFRで雪道は楽しいけど、AE86トレノ号は夏タイヤのまま

塩カルでサビが進むので、冬は乗らないことにしました


DSC_01561 (4).JPG

AE86トレノ号のエンジンルーム


今風から見たらかなりレトロですが、92後期4バルブ 288カムに4スロ 9000回転まで気持ち良く回って約160PS仕様
5バルブより4バルブの方が、バルブに乗ってる感じがして好きなんです
絶対的な速さは5バルブですけどね

DSC_01561 (5).JPG


S2000 AP1のエンジンルーム

ホンダの名器 F20C ノーマルで9000回転まで回って250馬力

DSC_01561 (6).JPG

ラストが嘘2000 FE86

AE86ボディーにS2000のF20Cが載ってます

載せた当時はノーマルの250馬力でしたが、しばらく見ないうちに300度カムが入って300馬力仕様になってるそうです

燃料ポンプの不具合でエンジンがかかりませんが、今年こそは復活させてサーキット走りたい


復活したらまた紹介します



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:46| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

AE86トレノ号 バックアップランプをLED化!!

DSC_018945 (86).JPG

AE86トレノ号 暗い駐車場でバックするときに後ろが見えにくい

最近はバックカメラ付いてる車に乗ることが多いので、尚更感じるんでしよう
でもハチロクにバックカメラは似合わない

と言う事で、電球からLEDに替えてみることにしました


DSC_018945 (88).JPG


ザ、電球色

DSC_018945 (89).JPG

2ドアのハチロクはトランクを開けると、すぐ目の前にソケットがあるので交換時間は1分

DSC_018945 (91).JPG


ザ、LED


まさにLED色

細かいルーメンは忘れましたが、純正の電球より全然明るくなってます

DSC_018945 (90).JPG

やっぱり明るい


でも、正直 ハチロクに乗ってバックしてみると、それほど差は感じません

まあ、いつかLEDに換えたおかげで助かったという日が来る日が来ることを願って(笑)


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:59| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

AE86トレノ号 ヘッドライトのシールドビームをRAYBRIGに

DSC_01002 (52).JPG

まだスマホが富士山にいるので、写真がボヤけててスミマセンm(__)m


春先の車検の時に光度が怪しかったので、CIBIEシビエのシールドビーム+ノーマルハロゲンに交換してました

ただ、光度はしっかり出ても乗ってると暗く感じる

という事で、またRAYBRICレイブリックのシールドビーム+HIDに戻しました

DSC_01002 (54).JPG


左がCIBIE、右がRAYBRICのシールドビーム


まあリトラクタブルは簡単に交換できるからイイですね
ただし、光軸の調整はシビアですが


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:01| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

AE86トレノ号 テールランプより雨漏れ修理 

DSC_01002 (48).JPG

まだ暫くはレンズに傷が付いたガラホでの写真で見苦しい

AE86トレノ号
雨が降るとトランクの中が水浸しに

最近は雨が降ってないのですが、以前に左テールレンズから浸水してくるのを確認済み

左右の純正パッキンを取り寄せてありました

ただ、春先に外注でサビ取りをお願いした時だと思うのですが、すでに潰れた純正パッキンにコーキング剤が塗ってあり、綺麗にするのが大変そう

DSC_01002 (51).JPG


工場にあったシリコンシーラント

DSC_01002 (50).JPG

ガンにセットして


DSC_01002 (49).JPG


塗っちゃいました


まあうちのハチロクだし
純正のパッキンもあるし、上手くいかないでまた雨漏れするようならね全部剥がして純正パッキン使います

DSC_01002 (47).JPG


ちなみにハチロクの中にある温度計

エアコンの吹き出し口で28.4℃
車内の温度は     61.0℃

少し前に乗った時は73℃でした


バケットシートの表皮を革張りに替えてあるので熱くて仕方ない

本来、雨が降らなければ乗り回したいのですが、あまりに暑いのであまり乗らなくなってしまってます

でもたまに乗るハチロクがやっぱり楽しい



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:15| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

AE86レビン  冷却水(LLC)交換

DSC_018911 (24).JPG

車検で入庫のAE86レビン

色々と直すところはありましたが、最後の仕上げは冷却水(LLC)交換
ラジエターの中が汚れていてよろしくありません

DSC_018911 (25).JPG

本来は写真の真ん中に写ってるヒーターバルブのホースを外して(ヒーターをHOTにして)、流水を流しながらヒーターコアとエンジン内、ラジエターの内部を洗浄します

ただ、見た目が怪しいので触りません

旧車はホースを外した後に水漏れが発生したり、外す時に真鍮のパイプを傷つけてしまう可能性があるから

DSC_018911 (26).JPG

結局、ラジエターのドレンと、エンジンブロックの水抜きドレンから冷却水抜き

パワステの無いGTVなので、スペースが開いていて作業がラク

真ん中に写ってる丸いオイルプレッシャスイッチの奥にドレンがあります

640DSC_018911 (28).jpg

○で囲んであるところから勢いよく水が排出されてます

ちなみに両ドレンから抜いた冷却水は全て受けて処理してますが、洗浄するときはホースからの流水で洗浄して排水マスで受けてます

一度洗浄したらドレンを閉めて水を注入、サーモスタットが開くまで暖気して抜くを2回繰り返して内部洗浄

DSC_018911 (29).JPG

最後にLLCを注入してエア抜き

ちなみにトヨタ純正の赤いLLCの在庫もあるのですが、交換するときは汚れが分りやすいグリーンを使ってます

車検も無事に合格
あとはエアコンの修理が残ってますが


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:07| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

工場にはAE86が2台 復活の日は!!

DSC_00635 (29).JPG

整備工場にAE86が2台

奥のレビンは修理依頼の車

手前は昨年から復活させようと思ってましたが、中々時間が無くて放置プレイのレビン

工場にハチロクが入ってるとテンションが上がります

DSC_00635 (31).JPG

ちなみに手前のハチロク

復活させるまで詳しくは書きません

DCIM41057 (2).JPG

ガレージ梅蔵にはいつものハチロク達

少し前の写真になります
現在真ん中の白いレビン号はRyuが東京に乗って行ってるんで

まあ冬になったら持ってくるとは思いますが

やっぱり何十年車屋をやっててもAE86に勝る車はありません
ただのハチロクバカなんですけど


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 19:32| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

AE86の助手席で缶コーヒーのボトル缶が緩んでコーヒー浸しに(''◇'')ゞ

DSC_00318 (67).JPG

先日、ドリンクホルダーの無いAE86トレノ号で事件が

一口飲むごとに蓋を閉めて助手席の上に
しばらくした飲もうとすると空に !?
まだ半分以上残っているはず

ボトルの蓋が締まり切ってなくシートの上がコーヒーの海

シートの上にはポーチが2つとキーケース

ポーチの中にはモバイルバッテリーが2個 ケーブル類と免許証も
今年更新したばかりなのにコーヒーに染まってセピア色に

洗ったらみんな綺麗になりました
モバブーも歩く水洗いしたら大丈夫みたい

元々ファブリックのレカロシート
革張りに張り替えてあったのでコーヒーが溜まってました

浸みこまないのはシートにとっては良かったのかも




ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

AE86 レビン号 ドリフト用タイヤ6本組付け

DSC_01301 (2).JPG

先週末にRyuがハチロクレビン号を取りに帰ってきました

学校の走行会に出るため

20年も使っていないSタイヤがたくさん残ってるので、とにかく先に使え
と言ってるものの、ドリフト走行ではグリップがあり過ぎるらしく、新品のドリフトタイヤを6本用意

DSC_01301 (3).JPG

自宅からアルミを持って来て組んでましたが、なぜか2本ずつ
まあいいけど

みんな懐かしいアルミばかり

AE86の全盛期は14インチ真っ盛り
アルミも14インチがたくさん残ってます

だいぶ処分しましたが、売り物にならないサビてしまった物は取ってあります

DSC_01301 (5).JPG

組んだタイヤは安いスポーツタイヤ

185/60R14

後でRyuに聞いたら、ちょうどハチロクのパワーでもドリフトしやすかったそうです
しかも減らない

最近、ドリフトするならアジアンタイヤがイイですね
Sタイヤなら国産ですが
でも値段が何倍も違うし

DSC_01301 (7).JPG

2本ずつ3セット 

レビン号は3ドアハッチバックなので、余裕で積めます

やっぱりAE86は最高


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:40| 新潟 ☁| Comment(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

AE86トレノ号からレビン号にオルタネーター移植 トレノ号は改めてリンク品を

DSC_00012 (1).JPG

最初はゴールデンウィーク中の記事

先日、春になって車検を取ったAE86レビン号
Ryuが東京へ持って行く予定でしたが、謎のバッテリー上がりが頻発

チャージランプが点灯しないままバッテリーが上がります

このまま東京まで走っていくのは無理

よくよく確認すると、イグニションS/W オンでチャージランプが点灯しません
ヒューズ、配線関係は大丈夫

これはオルタネーターで間違いなさそう

ただゴールデンウィーク中なので、部品がありません

DSC_00012 (2).JPG

確かガレージに1個転がってたような

探し出して、レビン号から取り外し

左側の黒いオルタネーターが取り外したもの、オイルで汚れたのが原因で逝ってしまったようです
右側の立ててあるオルタネーターが在庫品

取り替えようと思ったら
ICレギュレーターが付いてない

以前、ICレギュレーターだけ外して使ったんですね

DSC_00012 (4).JPG

最後の手段
営業用のトレノ号

DSC_00012 (3).JPG

少し前にピカピカの容量アップのリンク品を取り付けてありました

DSC_00012 (5).JPG

仕方ないので、トレノ号から外してレビン号に移植

結果、関東で出たドリフト走行会も問題なく走れたそうです

DSC_00301 (11).JPG

ここからが今日の写真

オルタネーターが外れたままのトレノ号

オルタネーターだけは休み明けに直ぐ届いてました
やはり容量アップのリンク品 光ってます

DSC_00301 (12).JPG

hatが自分で作業するのは久しぶり

DSC_00301 (13).JPG

無時取付完了

DSC_00301 (14).JPG

ついでに4スロのインダクションBOXから、中を1枚

DSC_00301 (15).JPG

エアクリーナーを掃除して取付

DSC_00301 (16).JPG

試運転

バッチリです

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:40| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

AE86レビン号 冬眠から目覚めて車検取った!!

DCIM4590.JPG

AE86レビン号

昨年の秋に車検が切れてましたが、この度冬眠から目覚めて車検取りました

実はもっと前に取る予定だったのですが、急遽別のお客様の車検が入り、レビン号の車検予約と入れ替え
と言うのを2回行っていたため

普段、営業用の白黒トレノに乗ってますが、スパルタンなレビン号に乗ると自ずと気合が入ります

DCIM4592.JPG

2ドアはトランクに荷物を入れられるので便利なのですが、先週のスキーでスキーを3台積んだらいっぱいいっぱい('◇')ゞ

3ドアは荷物がたくさん入るので、スキーに向いてます

昔はレビン号で何処のスキー場にも行ってました
1シーズン志賀高原に居たこともありますが、雪道自体は全然問題ありません

ただ、最近の大量散布の塩カルに攻撃を受けて錆びてしまうので乗らないだけなんです

DSC_000513 (49).JPG

今回は碓井スペシャルのサスから、リヤだけ車高調に
Ryuのリクエストでした

リヤのサスを替えたいと

言われて思い出したのは、ガレージに中古の車高調が転がっていた事
まあ使わないでガレージに仕舞ってあっても仕方ないので、今回試しに使ってみます

AE86のリヤ車高調か出た当時は、ショックの受けで全て支えるなんて恐ろしい
無理、無理
ボルトが折れたらノーサスになっちゃう

と思って敬遠してましたが、意外と壊れたと言う話も聞かないので、直巻きの乗り心地の良さも求めての初車高調

DSC_000513 (50).JPG

それからリヤのブレーキパッドも交換
hatのお気に入りのブランドが無くなってしまったので迷いました

ただ、これもRyuのリクエストで、リヤをもっと効かせたいと
確かにフロントはFC3Sのブレーキなのに、リヤはレーシングパットのみ
リヤがプアでした

今度は大口径のディスクローターにしたいと思ってましたが、とりあえずパッドだけ
プロジェクトμのD1SPEC

サイドブレーキでリヤがロックしやすいパッドでドリフト用
AF86レビン号はGTVなのでパワステ無し

サイドでロックさせるのは大変だと思うんだけど
hatの時代は荷重変化でブレーキングドリフトをしてました

今の時代はD1のようにブレーキの代わりにサイドを引いて、かなり手前から横を向いて行く走りが良いとされてます

個人的にはサイドは使わない走りが格好イイと思ってますが、ギャラリーには伝わりにくいし仕方ないですね

さあ、このサスとブレーキでどう変わるか
楽しみだ


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:23| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする