2020年07月11日

片側だけウインカーレンズの色が褪せた

DSC_04041 (6).JPG

車検のキャリートラック

受け入れ時は左右のウンンカーのどちらかを点灯させて、点滅するか確認してます

なのでウインカーレンズの色が違っているのに気付きませんでした


と言っても、排ガスの点検をする時に気付きましたが


左はオレンジ

外した右側はレモンイエロー

ウインカーの色の保安基準は、オレンジに光る事

要はクリアレンズにオレンジのバルブでもOK

正直、黄色のレンズでも点灯してオレンジっぽければ大丈夫
(色は検査員の主観になるので絶対はありません)


でも一番の問題は左右の色が同じ事

さすがにこれだけ違えば、主観でもダメでしょうね

1000円しない部品だから問答無用で交換です



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 17:25| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

積載車のヘッドランプ シールドビーム交換 配線加工

DSC_04041 (7).JPG

積載車の車検でヘッドライト交換

左が付いていたシールドビーム

右が新しいH4ヘッドランプユニット

DSC_04041 (8).JPG

左が一体型のシールドビーム

右側はH4バルブ取付用

ちなみに12V用なので、バルブを24Vに付け替えます

DSC_04041 (15).JPG

シールドビームは裏側もガラスで中身が透けてます

DSC_04041 (9).JPG

シールドビームとH4はコネクターの形は同じですが、配線の配列が違います

これは変換キット売ってるので、それを買った方が楽です

ただそこはhat

配線加工の方を選びます

DSC_04041 (10).JPG

最初はコネクターのピンを抜こうとしましたが上手く取れないので、車の配線を切って繋ぎ直すか考えました

ちょうどH4の解体車があったので、車の配線切ってきました

これを使えば簡単

DSC_04041 (11).JPG

写真で見ると遠近法で配線の太さが同じくらいに見えますが

実は24V用の配線の太さと、12V用の配線の太さは全然違います

細い配線に24V流すのは危険と思い断念

DSC_04041 (12).JPG

だったら太い線で変換アダプター作ればイイじゃん

簡単に出来ました

DSC_04041 (13).JPG

車輛のコネクターに刺して

DSC_04041 (14).JPG

バルブを繋いで点灯確認

バッチリなので、ランプユニットに入れて取付けて完了

無事に車検も合格


写真だと分かりづらいので配線の説明を簡単に

車輛のコネクターの右側はそのままの位置で

コネクターの真ん中の横になってる配線は、バルブの左側に取付

最後にコネクターの左側に繋いだ配線は真ん中に刺します


配線のメモ見当たらなくなってので、見つけたらもう一度説明します



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:37| 新潟 ☔| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

買取したエクストレイル エンジン不動の原因は,,,,

DSC_016935 (31).JPG

買取したエクストレイル

2、3日動かさなかったらエンジンが掛からなくなりました

実は最近、似た整備が多いのです

取り敢えず、スキャンツールを繋いでダイアグ確認

異常なし

あと直ぐに点検できるのは点火系

火は飛んでます

残るは燃料系


ここまではすぐにたどり着けました

写真は燃料ポンプASSY

DSC_016935 (37).JPG

エンジンルームから燃料の確認をしようとしましたが、修理書を見ると、ホースを触って脈動を見ろと書いてある

脈動があればすぐに分りますが、弱い場合はあるのか無いのかの判断が微妙

ホースを切ってガソリンの出方を直接確認したいのですが、日産の接続方法がよく分らない
SSTという特別工具が必要と書いてあるし

仕方ないので、燃料ポンプを直辣点検することにしたのでした

場所はリヤシートのお尻の下

まだAE86のようにタンクを降ろさないで済むので助かります

DSC_016935 (32).JPG

車上では4ピンのコネクターに電圧をかけるのは気が引けたので、外して点検

抵抗も大丈夫

電圧を欠けると元気に回ります


なぜエンジンが掛からない!?

DSC_016935 (33).JPG

ポンプの取付穴を見るとガソリンが入ってない

白いトレーの上から吸うのにガソリンが足りてません

ガソリンを入れて、元に戻したら無事にエンジン掛かりました


ちなみに燃料計は真ん中の少し下を指してます

結局、燃料系が壊れたことによるガス欠が原因

やられました

お客様の中には買取時にギリギリまでガソリンを使って、Eランプ点灯状態で持っ来る方がいます
通常は数リットルのガソリンを補充するのですが、今回は流石に分りませんでした

お客様は入れた燃料と走行距離で、そろそろギリギリだと分っていたのだと思います

ここらへんは査定でマイナスしないので教えてください


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越





posted by あいーん at 19:32| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

AE86トレノ号 デフのオーバーホール コンパニオンフランジのオイルシール交換 手抜きをした結果 驚愕の事実が その1

DSC_01791 (40).JPG

AE86トレノ号 デフのコンパニオンフランジからオイル漏れ

手抜きで交換したら失敗して、その後、驚愕の事実が発覚

その内容は長くなりそうなのでおいおい順番に


基本的に個々のオイルシールがダメになる大きな理由

もちろん普通の車と同じように経年劣化もありますが

DSC_01791 (43).JPG

このデフのピニオンギヤにプレロードを掛けるスペーサーカラーが原因なことが多いです

これが純正で径が途中から替わるパイプを締め付けて潰しながらプレロードを掛けるものです

でも激しい走りをすると、勝手にカラーが潰れてしまってプレロードが掛からなくなり、バックラッシュが大きくなってしまいます
大きく潰れると、ピニオンが前後してしまいオイルシールが痛んでしまうんです

このデフを組んだのは24年前
それから20万km走って来ました

このデフはhatが組みましたが、当時はTRDタイプの潰れないスペーサーカラーの存在を知らなかったので、毎回ノーマル組んでました

基本トレノ号は営業用なので激しい運転はしないのですが、たまに峠に行ったり、ドリフトしたりしていたので、リフトに上げてプロプラシャフトを動かすとバックラッシュと言うかガタが大きくなってるのが分るんです

DSC_01791 (42).JPG

肝心な事書いてませんでした

カラーが潰れた時はデフを降ろして純正のスペーサーカラーもしくは、TRDタイプのスペーサーカラーに交換します

ただ、ハチロクはサイドベアリングの調整が面倒なので、自分の車だからイイカ
と、コンパニオンフランジのナットを増し締めしてバックラッシュだけ小さくして乗ってました
当然プレロード無視

厳密に言うと、ピニオンが前方に移動するので、ピニオンとリングギヤのバックラッシュは大きくなるのですが、ピニオンが前後に動くのを締め付けて固定していたのです

20万kmの間に数回ですが

そして今回オイルシール交換と、写真下のTRDタイプのスペーサーカラーを車上で交換することに

DSC_01791 (41).JPG

上が純正のスペーサーカラー

下がTRDタイプのスペーサーカラー

DSC_01791 (50).JPG


純正のパイプの長さを測定

59.73mm

まあ潰れてるので参考のために

DSC_01791 (51).JPG

TRDタイプのスペーサーカラー


59.92mm

ざっと0.19mmの違い

短ければワッシャで調整
長ければ砥石で磨いて短くします

でも組んでみないと長いか、短いか分りません

DSC_01791 (53).JPG

TRDタイプのスペーサーカラーを入れて、オイルシールを取付

この上にコンパニオンフランジを被せて、ナットで固定

ところが、純正のカラーは前後で径が違うのですが、TRDタイプは同じ

つい試しに入れたものを、そのまま締め付けてしまいました

ここで問題発覚

TRDタイプのスペーサーカラーの向きを逆入れてしまい、コンパニオンフランジのナットを締め付けてもコンパニオンフランジが奥まで締まらずガタガタに

もう一度緩めましたが、スペーサーカラーが食い込んでしまい、もはや車上で抜き取ることが困難に

時間が無いので、もう一度仮組みして工場から出すことに

この作業は少し前にしていて、乗らずに放置してました

そして、本格的なオーバーホールをこのゴールデンウイークにやったのでした

でもその間、邪魔で何度も移動したのですが、ピニオンギヤが締まってないのでゴトゴト嫌な音が



あくまでもお客様の車は車上で修理することはありません
自分で乗る車だからやってみただけですので

そして見事に失敗してデフのバラシ編に続きます



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越





posted by あいーん at 19:12| 新潟 ☀| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

ヘッドライト磨きコーティング

DSC_016933 (3).JPG

車検の車のヘッドライトが黄ばんでいて光度が足りません

耐水ペーパーで磨いた後にコンパウンド掛け

コーティングをしたら見違えるほど綺麗に

でも磨いた後の写真撮るの忘れました



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:18| 新潟 ☀| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

ヘッドライト磨き、コーティング

DSC_016921 (1).JPG

車検の車

ヘッドライトの曇りで光度不足

DSC_016921 (2).JPG

かなり曇ってます

DSC_016921 (5).JPG

磨いてコーティング

DSC_016921 (6).JPG

光度もバッチリ上がりました

DSC_016921 (3).JPG

左側も同じく曇っていたので磨き

同じように磨いて左右同じくらいなのですが、左の方が綺麗に写真に写りました


最近のというか、随分前からヘッドライトはガラスではなくプラスチックになりました
安全性は高まりましたが、経年劣化で曇ってきてしまうんです

完全に元に戻すことは出来ませんが、少なくても車検には通るようになります

まだ次の車検の時も必要かも知れません


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:28| 新潟 ☔| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

ロワアームブーツ交換 スバル車は単品交換が出来ます

DSC_04661 (24).JPG

車検のフォレスターのロワアームブーツが切れてる

交換しないと車検に通りません

DSC_04661 (27).JPG

スバル車はブーツ単品で交換できるので助かります

最近の日産車や外車は結構アッセンブリ交換
アルミ製のロワアームになってからの気がしますが、いざ交換すると片側で6万から8万円
左右換えたら10万円を楽にオーバーです

正直、上越のスバルは部品が入って来ないので車検やりたくないのですが

写真はロワアームと切り離して、隙間にボックス挟んでます

DSC_04661 (30).JPG

ブーツ外れました

パックリと割れてます

DSC_04661 (31).JPG

ボールジョイントとシャフトのグリスを綺麗にふき取って

DSC_04661 (34).JPG


ボールジョイントに新しいグリスを入れて、ついでにブーツの中に入るようにシャフトにもグリスを

DSC_04661 (35).JPG

新しいブーツを入れて

DSC_04661 (36).JPG

スバルの特徴の円錐コーンを入れて

DSC_04661 (37).JPG

ロワアームに入れました

ロワアームもテーパー状な穴が空いてるので、しっかり留まります

下のナットを締めて、割ピンを入れたら終了です

部品代は数100円

ちなみに左右換えたら10万円以上になるメーカーの物は、交換もロワアーム自体を外すので工賃も全然変わります

まあ安く済んで良かった


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:46| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

JB64W 新型ジムニーのマッドガード取付

DSC_02692 (28).JPG

先日納車した新型ジムニー JB64W のマッドガード取付

部品が届いたので、お客様のところで着けようかと取説を見たら

切った、貼った、ドリルの穴あけも必要と書いてある

これはお客様のところで作業できない

正確には、出来ない事もないけど足りないものがあると2度手間だし

DSC_02692 (32).JPG

ハイ、引き取りに行って切った、貼ったとドリルの穴開けやりました

DSC_02692 (30).JPG

完成

黄色いボデーに赤いマッドガード

決まってます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 17:25| 新潟 ☀| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

ヘッドライト磨き コーティング

DSC_026912(1).JPG

今週納車する車のヘッドライトが曇ってます

最近はヘッドライトのカバーがガラスじゃなくプラスチックになったので、経年劣化で曇って来ます

お客様の要望でヘッドライトを磨くことに

DSC_026912(2).JPG

写真では上手く撮れないのですが、大分曇ってます

DSC_026912(3).JPG

これだと車検の時も光軸が合わなかったり、光度が足りなかったりする可能性も

DSC_026912(3).JPG


磨き終わりました

DSC_026912(5).JPG

コーティングも完了


磨くだけでは、またすぐ曇ってしまいますが、綺麗な面にしてコーティングすれば当分持ちます

と言っても、車検ごと位に施工しないとダメですが


まあ綺麗になったのでOKです


左右ともに作業しました

DSC_02741 (32).JPG

そして昨日はこの車の名義変更へ

長岡の陸事です

DSC_02741 (33).JPG

そして見附のオークション会場に行って

狙った車を落札できずに、野菜炒め定食食べて帰って来ました


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:18| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

プラッツの前後ドアアウターハンドル交換

DSC_02113 (73).JPG

プラッツの前後ドアアウターハンドル交換

古くなると結構壊れます

この車は昨年、運転席のドアハンドル交換しました

今回は助手席側の前後

写真は左前のドア

DSC_02113 (74).JPG

こちらが左後ろのドア

どちらもアウターハンドルが下がり切らずに浮いてます

DSC_02113 (77).JPG

まずは左前から

内張を外します

DSC_02113 (75).JPG

ビニールを剥がすと、取り付けボルトが見えます

リンクを外してボルトを外して取り外し

DSC_02113 (76).JPG

交換完了

DSC_02113 (78).JPG

続いて左後ろの内張りを外します

DSC_02113 (81).JPG

意外とリヤドアの方が大変

後ろ側の取付ボルトが見えません

ドアのキャッチを外してみると

DSC_02113 (85).JPG


先の方にボルトが見えました

DSC_02113 (80).JPG


無事に取り外し

DSC_02113 (79).JPG

外から

DSC_02113 (87).JPG

ドアのキャッチを戻して

内張を戻して終了


DSC_02113 (83).JPG

外したフロントのドアハンドル

スプリングが外れてました
一応戻してみましたが、ハンドルを動かすとすぐに外れるようになってました

DSC_02113 (82).JPG

こちらはリヤ用

上が新品、下が外したもの

やはりスプリングが外れて脱落してました

DSC_02113 (86).JPG

マグネットでドアの中を探して発見

スプリングの受けがプラスチックだから、経年劣化でスプリングを保持できなくなるようです


ここらへんは仕方ないのかも知れないですね



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 19:42| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

NHW20プリウス 車検のついでにスモールをLEDに

DSC_02113 (38).JPG

ガレージ梅蔵でレンタカーとして使っている NHW20プリウス

レンタカーなので毎年車検

でも逆に車検じゃないと構う時間が無いので丁度良いかも

(もちろん、3ヶ月ごとの定期点検と、貸出時の点検はやってますよ)


今回はLEDのT10が余っていたので、交換することに

まだ明るいからよく分かりませんが

DSC_02113 (37).JPG

こちらは交換前の12V5W T10ウエッジバルブ

昨年はヘッドライトの光度が上がらず、HIDのバルブを交換しましたが、バンパーの裏から手を入れたりして意外と面倒でした


今回も狭くて大変そうだなと思ってみてみたら、くるっと回せばすぐ取れる

左右で2、3分でした


まあ古い車ですが、それなりに稼いでくれる可愛いやつ

20万km越えてますが壊れるまで使います


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:33| 新潟 ☔| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

HH6アクティバンのリヤドラムが外れない(;'∀')

DSC_02171 (1).JPG

車検のアクティバン

HH6のリアドラムが外れない

2年前はそんなに外れにくかった記憶がありませんが、この2年で錆びてしまったようです

プラーに鉄パイプを床に掛けてロックして、回す方も鉄パイプで体重掛けてエイヤッ

かなり苦労して外しました


2年後に備えてよく掃除して、モリスキッドを塗布しときました


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:15| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

デジタルテスター修理 接触不良

DSC_016910 (24).JPG

梅蔵で使ってる簡易なデジタルテスター

どうも最近は電圧が安定しなかったり、導通が不安定

電池を換えても変わらず


新しいテスターを買うつもりでいましたが、一応分解してみてダメ元で修理に挑戦

DSC_016910 (26).JPG

元はこんなの

小さくて便利
20年以上使ってます

DSC_016910 (25).JPG

小さな電池蓋しか外したことありませんでしたが、無理やり分解

DSC_016910 (24).JPG

基盤も外します

DSC_016910 (23).JPG

基盤は何とも無さそうに見えます

気になるのは赤いリード線の元

基盤にハンダで付いてますが、根元がちょっと細い

もう一台のちゃんとしたデジタルテスターで導通を見ながら赤いリード線を引っ張ったり、戻したりすると

導通があったり、無かったり

やはり赤のリード線が原因でした

DSC_016910 (22).JPG

少し長めにリード線を切って、ハンダで固定

元に戻すと完璧に直ってます


上手くいきました



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:55| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

マフラー交換とマフラー溶接修理

DSC_016911 (25).JPG

マフラーのフランジ部が腐食して取れてる車

トヨタのノア

直せと言われれば直しますが、また次の車検の頃には、また排気漏れしてる可能性大

DSC_016911 (23).JPG


はい、新品に交換

交換の方が工賃も安いし、トータルでお薦めです

結構多いのが、次の車検までに乗り換えるから兎に角安く車検通して欲しいと言うお客様
こう言ってるお客様は、ほぼ次の車検も受けます(笑)

マフラー位なら、次に交換すれば済みますが、ブレーキ関係だったりすると大丈夫だったところまで影響が出て余計な出費になったりします

皆さん、自動車屋さんの担当者さんとよく相談してください


DSC_016911 (11).JPG

そして今日はもう一台のマフラー修理

同じくトヨタのトヨエーストラック

こちらは車検に部品が間に合わないので、修理で対応するしかありません


写真に写ってるコレは何か

実はマフラーの中に入れる鉄パイプ

サイズを測ったら単管がピッタリ
短く切って周りをグラインダーで削ってあります

削らないと電気を通さないのでMIG溶接できません


これをマフラーの外れたところに入れると

DSC_016911 (12).JPG

こうなります

ちょっと分りにくいですが、一番上のマフラーで説明すると、折れたのが手に持ってるフランジ部ではなく、左側のタイコの付け根になります

このままタイコの穴に突っ込んで、溶接で固定

取り外さないで車上でやったので苦労しましたが、無事に車検は合格


お客様には次回車検時に交換をお勧めしました

入庫に合わせてマフラーが届くように注文しておけば、すぐに交換できますから


基本は腐食してるマフラーは、直してももまた腐食が進むので一時しのぎと思ってください

腐食が原因じゃない場合はずっと持ちますけど



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:02| 新潟 ☔| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

自動車整備主任者の法令研修

DSC_01699 (2).JPG

今日は自動車整備主任者の法令研修

実は結構これから大変になりそうな内容でした

DSC_01699 (3).JPG

テキストは新潟、長野、富山、石川の北陸信越合同です

各県、ナンバーごとの登録台数も乗ってますが、ざっくり書くと、新潟、長野が富山、石川の倍くらいずつある感じ
新潟は新潟ナンバー、長岡ナンバー、長野は長野ナンバー、松本ナンバーの2つずつナンバーと陸事がありますが、富山、石川は1つだけ
各陸事の台数が同じくらいになってます

ちなみに今後、上越ナンバーが出来ますが
(本当は長岡ナンバーの方がイイ)
陸事は出来ずにナンバーだけです

DSC_01699 (4).JPG

一番面倒くさそうなのがここら辺

最近搭載車が多い自動ブレーキ含む自動運転車の安全技術ガイドラインが出ました

整備するだけなら良いのですが、どうやら自動運転装置はは今までの自動車の整備と違うので、新しい整備工場の資格を取らないといけなくなりそうなんです

またルールが始まる頃は役人が考えたとんでもなく使えないルールで、直前の説明会で質問しても何も決まってないってパータンなんじゃないかと思います

まあ時代と共に変化しなきゃいけないし、必要なことは学ぶし対応しますよ

DSC_01699 (1).JPG


結構真面目に聞いてきました

寝てませんよ(笑)



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越





posted by あいーん at 19:48| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

エンジンオイル詰め替え DH-2 ドラム缶

DSC_01693 (12).JPG

エンジンオイルの詰め替え

これはディーゼルエンジンのDH-2

最近はディーゼルエンジンのオイルは、DL-1、DH-2と昔ながらのディーゼルオイルと3種類あります

エンジンによってオイルが指定されてるので、結構面倒


でも今回は今までディーゼルオイルより高額だったDH-2が安くなりました

DH-2はディーゼルオイルに入れても大丈夫
逆はダメです


実は9月中に注文してましたが、先方の都合で10月納品
消費税の増加分は、特別値引きで負担なし


DSC_01693 (13).JPG

電動ポンプであっという間にドラム缶の200Lがサーバーに入りました

ちなみにこれは友人のH君から仕入れてますが、ガソリンエンジン用の一般オイルは自動車整備振興会から購入しました
同じく別のサーバーに200L入りました

写真撮ってなかったので載せませんでしたけど

ちなみにプレミアムオイルはワコーズから取ってます


オイルごとに仕入れが違うのは面倒ですが、それぞれ良い面もあるんです



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越




posted by あいーん at 19:25| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

代車のムーヴ マフラー修理 溶接

DSC_10071 (42).JPG

代車のムーブが帰ってきたら、マフラーが煩い

リフトで上げてみると、見事にタイコの入り口から外れてる

hatは溶接は得意ではないけれど、自分の会社の車なので溶接修理に挑戦

と言っても、車検が秋までだから3ヶ月くらい持てばイイし

DSC_10071 (43).JPG

いきなり外れたパイプを溶接する技術は無いので、中にパイプを入れて溶接することに

ちなみに、完全に修理するにはマフラーを外さないといけませんが、錆びてて外すの大変そうなので、外さないで直します

DSC_10071 (44).JPG

高速カッターでパイプを切断

DSC_10071 (45).JPG

メッキ加工してあるパイプなので、グラインダーで表面を削って電気が通るようにします

DSC_10071 (47).JPG


マフラーの方もサンダーで削って、鉄の地金を出して

DSC_10071 (96).JPG

途中の写真は飛ばしちゃいましたが、マフラーのパイプの中に切ったパイプを入れてMIG溶接

そして、飛び出たパイプをタイコに入れてMIG溶接


取り敢えず完成


上の面で縦にヒビ割れしていた部分があって、少し排気漏れしましたが、マフラーパテで埋めて完了

と思ったら、まだ音が煩い

DSC_10071 (98).JPG

太鼓をドライバーで突いたら大穴が開きました

サンダーで削って

溶接

DSC_10071 (99).JPG

と思ったけど、大変そうなので、この網を使って

DSC_10071 (100).JPG


マフラーパテで固めました

お客様の車はこんな修理はしませんが、うちの代車だからイイでしょう


音は静かになりました

車検が切れるまでは持つと思います


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越








posted by あいーん at 19:58| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

ストップスイッチ不良!?

DSC_10251 (6).JPG

アクティトラックの車検整備が終わって

これから車検に向かおうとした時に、ストップランプが点きっ放しに

部品が悪かったら間に合わない

何度もブレーキを踏むと、点きっ放しの時と消える時がある


取り敢えずブレーキペダルに付いてるストップランプスイッチを外して点検することに


DSC_10251 (4).JPG

スイッチの右端の白いポッチ

これがブレーキペダルを踏んだ時に出たり入ったりして、ストップランプを点灯させてます

今はボッチが出てるので、ブレーキを踏んだ状態

抵抗はほぼゼロ

DSC_10251 (5).JPG


今度はボッチをテーブルで押してみると

導通が無くなりました

スイッチとしてはブレーキを踏んだ時に飛び出て、離した時に戻されるので正常

ブレーキペダルの当たるところを確認すると、ボッチに押され続けて凹んでました

DSC_10251 (7).JPG


確実に点灯させる位置に調整して車検はセーフ


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 19:15| 新潟 ☀| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

平成最後の夜から令和の朝のお仕事 プレオのイグニションスイッチ交換

DSC_09191 (29).JPG

平成最後の夜にお客様から出先でエンジンが掛からなくなったと連絡

既に飲んでる

奥さんに送ってもらって点検


RA2のプレオ
イグニションスイッチを回しても、全く電源が入りません

スバルの持病

下から配線を動かしながらスイッチを回すと掛かる時もあるのだけど、今回は全く気配なし


お客様も家族が来たので、車は一晩商業施設に置かせてもらってお互いの車で帰りました


令和元年の朝、積載車で引き上げに

スバルは長い休みに入ってます
でも、イグニションスイッチASSYの在庫を持っている電装屋さんを知ってたので、電話して開けてもらいました

はずしたイグニションスイッチがコレ


スバルはキーシリンダーの後ろに付いてるスイッチだけ交換すれば治ることもありますが、キーシリンダーが悪いのでキーシリンダーごと交換


DSC_09191 (28).JPG

イグニションスイッチだけなら簡単ですが、キーシリンダーを外すのはやや面倒


DSC_09191 (27).JPG


ステアリングシャフトをフリーにして、真ん中のボルト2本取りますが頭が無いんです

まあ簡単に緩められたら盗難も簡単になってしまうからなのでしょうが、良く壊れるんだからもう少し考えて欲しいところです

DSC_09191 (30).JPG

これが外したボルトの頭

タガネで叩いて横一線のキズを付けて、マイナスドライバーを叩き込んで緩めました

頭にマイナスの傷ありますね

DSC_09191 (31).JPG

横から見るとこんな形

頭がテーパーになってるので、プライヤ等で掴んで回すことは不可能

DSC_09191 (32).JPG

それがこんな穴に入ってるんだから、嫌がらせか

最初に書いた盗難防止なのでしょうが

タガネの幅が広いので、周りの枠にも傷入ってます
まあ交換するから関係ありません


DSC_09191 (33).JPG

ちなみに新品のボルト

8mmの頭が付いてますがすぐ下に括れ

程よいトルクで締めた時に、頭が取れて緩められなくなる構造


普通のボルトで締めてやろうかと思ったくらい


もう壊れないでね



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 10:00| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

ヘッドライト磨き 車検に合格

DSC_03071 (6).JPG

車検のタント

最近の車はヘッドライトが樹脂製なので。経年劣化で白くなったり、黄色くなったりしてしまいます

通常レベルの場合はお客様から依頼されない限り、そのまま検査を通します

ただ、ここまで酷いと全く光度が上がらないし、光軸も取れません
うちの工場のヘッドライトテスターは、自動で明るいところを探すので、これだけ白いとセンターも出ません


DSC_03071 (7).JPG

少し上から撮ってみました


ここまで酷いと車検に合格させるには、磨くか交換しかありません

DSC_03071 (8).JPG

コンパウンドで磨いて、コーティング剤で固めると

ここまで綺麗になりました

DSC_03071 (11).JPG

少し上から

これで光軸も出て、光度も上がり、無事に車検合格

ちなみに工賃は左右で4000円いただきました


ただ、いつまでもこのまま綺麗でいる訳ではないので、次の車検の時はまた考えます


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 18:32| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする