2008年05月24日

ステージア フォグ オート連動化

34前期ステージアのフォグランプはオートライトに連動していませんもうやだ〜(悲しい顔)

これは結構不便なんです。

せめて後付けフォグのように、スモールを灯けなければフォグが灯かないならライトを消せばフォグも一緒に消えてくれれば良いのですが(ハチロクトレノ号はこれ)

純正フォグは何故フォグスイッチだけでスモール連動で灯いてしまうのでしょうかexclamation
メーカーの東大を出ている頭の良い技術者達にとってはサービスのつもりかもしれません。

結局のところ、オートライトにしていてもフォグは単体でスイッチを切らなければならないので、ほとんど使用しなくなっていましたバッド(下向き矢印)

今回は色々手を加えたついでにフォグランプのオートライト連動化にチャレンジしてみましたるんるん

チャレンジと書いたのは配線図が無いため、やってみないと分からなかったからです。

HI3615871.JPG

まずはライトコントロールスイッチ周りをバラして見ました。

HI36158811.JPG

テスターを当てながらフォグの配線発見ぴかぴか(新しい)

1本は12V、もう1本はアース。
深く考えずに12Vの線をカットかわいい

スモールの配線に噛ましました。

テストるんるん
あれれexclamation&question

フォグのスイッチでスモール点灯ひらめき
スモールスイッチでもスモール点灯ひらめき

結局スモールのスイッチを追加で作ってしまっただけでしたもうやだ〜(悲しい顔)

気を取り直してカットした電源を元に戻し、アースに行っていたほうの線をカット。
同じスモール配線に噛ませました。

テストるんるん

今度はOK

意外と簡単に出来ましたわーい(嬉しい顔)



ところがギッチョンexclamation×2
夜、家に乗って帰るとオートでフォグが消えませんがく〜(落胆した顔)

オートで灯くものの、消すときは手動と最初より悪くなってしまいました。

本日もう一度チャレンジるんるん

フォグランプの配線は大電流が流れるため安易に加工したくありません。
フォグリレーを探して考えてみることにしました。

フォグスイッチを入切させながら、作動音からリレーの場所を探します。

ありましたぴかぴか(新しい)
右カウルサイドの中

HI361660.JPG

配線を確認すると6本来ています。
12Vが3本、アースが2本、フォグスイッチに1本でした。

予想ではノーマルの配線で
フォグスイッチを入れてリレーが作動すると、1回路はフォグがオン、もう一回路はスモールオンなのでしょう。

今の状態で想像すると

1、フォグのスイッチを入れても、スイッチのアースがスモールに繋がっている為リレーが動かず点灯しない。

2、スモールを灯けると、フォグスイッチのアースがスモール経由で落ち、リレーが動きフォグランプ点灯。

3、スモールを消しても、すでにフォグリレーが動いているので、フォグの回路とスモールの回路が生き続けて消灯せず。

3の状態は、12V→フォグリレー(リレー作動用)→フォグスイッチ→スモール配線→フォグリレー→アースと電気が流れているのだと思います。

結局、スモールをきっかけにフォグリレーが動くと、自己回路でリレーを保持してしまうようです。

HI361661.JPG

ということで上記の3の最後、フォグリレー→アースのアースだろうと思われる線をカットしてみました。
これでスモールを切るとフォグリレーが保持できなくなり、フォグが消灯するはずexclamation&question

テストるんるん

今度は大丈夫手(チョキ)

無事にオート連動で点灯、消灯しましたひらめき

hatはイラストレーターが使えないので、回路図を書いて説明することが出来ませんでした  m(__)m
今後勉強して機会があったらヘッドライトの回路図と共にアップしたいと思います。


ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat





posted by あいーん at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック