2008年05月03日

ハチロクレビン1年半ぶり復活

HI361589.JPG

ハチロクレビン復活exclamation&question

一昨年の冬前に自宅に冬眠させてから、1年半ぶりの復活です。
去年は春先に大怪我をしてしまい、とてもレビンを運転できる状態ではありませんでした。

トレノ号はパワステ、エアコン付きの営業車なので問題なく乗れてました。

自宅に取りに行ってバツテリーを繋いでもセルが回らないあせあせ(飛び散る汗)
ジャンピング用のバッテリを繋いでも、直接ジャンピングしても同じあせあせ(飛び散る汗)

結局、ローダーで取りに行きました。

HI361590.JPG

車庫の中から出したので、1年半分のホコリが被ってます。

分かりやすいように、足跡を付けてみましたるんるん

ハチロクに限った事では無いのですが、しばらくエンジンを掛けないと電装品が壊れてるケースが多いです。

今回もスターターモーターがダメになったかふらふら

HI361591.JPG

最近ステージアをかまっていたので、ハチロクはシンプルでいいですね。
写真のタコ足は規制前のフジツボ4-2-1で大のお気に入りかわいい
レビンを買ったときから使ってますから、もうすぐ20年くらい使っているexclamation&question

スターターを外しに掛かると、B端子のナットが端子のボルトと一緒に動いてしまいますあせあせ(飛び散る汗)

これが原因かexclamation&question

HI361592.JPG

何とか外して動作テスト。
ガチャ、ウィーンと回りました。

ちなみに50番端子は小さくてケーブルが入らなかったので、ドライバーをスイッチ代わりに使いました。

HI361593.JPG

バラしてみました。

やっぱりB端子が減ってるバッド(下向き矢印)

HI361595.JPG HI361596.JPG

左の写真、指で押さえてるのがB端子、ドライバー側に出てるのがC端子。
C端子の方は減ってないのに、B端子は半分位の薄さに削れてる。

正直、リダクションセルはバラしたことが無いので、正常か異常か判断できません。

異常だと思いますがexclamation

HI361597.JPG

連休中なので部品が取れません。

アーマチャとブラシを掃除しました。

それほど減ってなかったので1200番のペーパーで磨いたらこんな感じるんるん

このまま組んで、連休が終わってから、また外してバラスのが面倒だったのでハチロク倉庫を探してみたら、スターターがあるわあるわグッド(上向き矢印)

HI361599.JPG HI361600.JPG

左がハチロク純正、右が92後期用。ハチロク用が3個、92後期が2個出てきました。

多分みんな問題があって交換したものだったような気がしますが、動作テストはOK

とりあえず92後期を付けたら、一発でエンジン始動かわいい

1年半振りなのにグズらずにアイドリングしてくれました。

これからはたまに乗ってあげるからね揺れるハート

あっ来月車検が切れるがく〜(落胆した顔)
この二年間の走行距離、およそ300kmたらーっ(汗)


ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat













ラベル:ハチロク レビン
posted by あいーん at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レビン復活おめでとうございます。
梅蔵Webのトップイメージの車ですから、
ある意味看板ですよね。

以前トレノを運転させて頂いた事がありましたが、
機会があればレビンも運転させてくださいね。

私が初めて所有した車もパワステなしでした。
カリーナの1600GT(2TG)です。型式忘れました(汗
Posted by 忠太パパ at 2008年05月04日 18:42
店に置いておくつもりなので、いつでも乗ってください。

トレノとはエンジンのスペックは、ほぼ同じですがコンピューターのセッティングが違うので全然違う車のようですよ。

レビンはパワー重視
トレノは下の回転は燃費重視、上はパワーが付いてくる感じに仕上げてます。

トルクが3倍位あるように感じます。

忠太パパさんカリーナ2TGとは渋いところ乗ってたんですね。
ハチロクが出たときに2TGの歴史は終わってしまいましたが、古くは27レビンにも載ってた歴史的な名機だと思います。
Posted by hat at 2008年05月07日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック