2007年12月24日

旧車の天敵 塩カル

今年の冬は今まで平穏に過ごしていました新月

なぜかというと、ここのところ雪か雨が降っているためハチロクの天敵の塩カルを撒いていなかったからです。

ところが一昨日早朝に群馬に向かう道中は路面が真っ白exclamation&question

もちろん雪ではありません。

夜中のうちに凍結予防のために撒いておいたのでしょう。

なるべく塩カルが撒いてあるときはハチロクに乗らないようにしていますが、遠征の途中ではどうしようもありません。

帰ってからハチロクを見てみると、ドアの横にも塩の結晶がこびり付いていますもうやだ〜(悲しい顔)

PICT1001.JPG

ジャッキで上げてみると下回りも真っ白がく〜(落胆した顔)

アンダーカバーはプラスチックだから良いですが、フロアも白くなってます。

PICT0002.JPG PICT1003.JPG

こんな状態で放置しておけば、旧車は直ぐに錆びて穴が空くくらいの感じでした。

PICT1004.JPG

とりあえず、高圧洗浄機で洗い流しました。

でも全部落とせるわけじゃ無いので、残ったところから錆びて来るんだろうなぁもうやだ〜(悲しい顔)

去年燃料タンクの上に穴が空いたのも、洗い流せなかった塩カルが原因でしょう。

雪道のハチロクは最高に面白いのに、何で雪の無い日に塩カル撒くんだちっ(怒った顔)

これは政府と自動車メーカーがグルになって、車の寿命を短くさせようとする陰謀に違いなのだ。

なんちゃって


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat

posted by あいーん at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって新車だって錆びてしまいますよね。
今まであまり気にしていませんでしてが、
大きな問題ですよね。

旧車への嫌がらせといえば、
税金が高くなるようですね。
排ガス規制の問題だとか聞きましたが。
私の車も10年戦士ですから、もろストライクです。
Posted by 忠太パパ at 2007年12月24日 19:26
最近の普通車は(特にトヨタ)は錆びに強く作ってあるようです。

でもこれだけ塩が着けば、ボディが大丈夫でもサスのボルトとかマフラーとかは錆びるでしょうね。

塩カルを撒いてるといってますが、経費節約のため本当はただの塩を撒いていることが多いらしいです。

塩化カルシウムはCaCl2 でカリウムベースですが 塩は塩化ナトリウムNaclでナトリウムになります。

多分塩を撒いていると環境問題で叩かれるかも知れないので、凍結防止の専用剤のような響きの塩カルを名乗っているのでしょう。

本当に困った問題ですね。
Posted by hat at 2007年12月24日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック