2007年12月13日

ハチロク フリーダム

PICT1345.JPG

ハチロクトレノ号のフリーダムコンピューターのセッティングをしました。

フリーダムに繋いでいるWindows95のノートパソコンが不安定な為、頻繁にセッティングが出来ないでいましたバッド(下向き矢印) 

なぜか分かりませんが、データーのやり取りの途中で何かのエラー信号が入ってしまうのかも知れません。
そうなると見た目のデーターは何とも無くてもエンジンがチョー不調になりまともに走れなくなります。

仕方が無いので、手打ちのマップをベースにフリーダムに学習させてました。

学習させると燃調データーのグラフがいびつになってしまいます。
同じマップを読んでいる時も、アクセルの踏み方や離したときに必要な燃料が違うため、学習が進めば進むほどいびつになるようですふらふら

走った感じではほとんど分かりませんが、気持ちの問題も大いに関係してくるので、データーをならしていきます。

比べてみると、薄めに作った低回転域がさらに30%も薄くなっています。
とくにパーシャルで読む450〜650mmhg辺りは薄くなっていました。

パーシャル域は薄くてすむなら薄いに越したことは無いようですが、実は大きな問題があります。

前のデーターで平均11〜13km/l走っていた燃費が9km/l近辺に下がってしまいました。

ハチロクの平均的な数字とは思いますが、納得いきません。

写真の左が手打ちで作ったデーター。
右が学習させたものをならしたデーター。

今回は中間から高回転域を学習させる目的でしたので、少し様子をみて低回転域を濃くしていきたいと思います。
高負荷の高回転域は薄くしすぎるとイッパツでブローすることがあるのでフリーダムに基本を作らせました。

それにしても薄くしたら燃費が悪くなるんだから難しいですね手(チョキ)


ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat
posted by あいーん at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック