2019年11月15日

プラッツの前後ドアアウターハンドル交換

DSC_02113 (73).JPG

プラッツの前後ドアアウターハンドル交換

古くなると結構壊れます

この車は昨年、運転席のドアハンドル交換しました

今回は助手席側の前後

写真は左前のドア

DSC_02113 (74).JPG

こちらが左後ろのドア

どちらもアウターハンドルが下がり切らずに浮いてます

DSC_02113 (77).JPG

まずは左前から

内張を外します

DSC_02113 (75).JPG

ビニールを剥がすと、取り付けボルトが見えます

リンクを外してボルトを外して取り外し

DSC_02113 (76).JPG

交換完了

DSC_02113 (78).JPG

続いて左後ろの内張りを外します

DSC_02113 (81).JPG

意外とリヤドアの方が大変

後ろ側の取付ボルトが見えません

ドアのキャッチを外してみると

DSC_02113 (85).JPG


先の方にボルトが見えました

DSC_02113 (80).JPG


無事に取り外し

DSC_02113 (79).JPG

外から

DSC_02113 (87).JPG

ドアのキャッチを戻して

内張を戻して終了


DSC_02113 (83).JPG

外したフロントのドアハンドル

スプリングが外れてました
一応戻してみましたが、ハンドルを動かすとすぐに外れるようになってました

DSC_02113 (82).JPG

こちらはリヤ用

上が新品、下が外したもの

やはりスプリングが外れて脱落してました

DSC_02113 (86).JPG

マグネットでドアの中を探して発見

スプリングの受けがプラスチックだから、経年劣化でスプリングを保持できなくなるようです


ここらへんは仕方ないのかも知れないですね



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 19:42| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]