2019年05月02日

平成最後の夜から令和の朝のお仕事 プレオのイグニションスイッチ交換

DSC_09191 (29).JPG

平成最後の夜にお客様から出先でエンジンが掛からなくなったと連絡

既に飲んでる

奥さんに送ってもらって点検


RA2のプレオ
イグニションスイッチを回しても、全く電源が入りません

スバルの持病

下から配線を動かしながらスイッチを回すと掛かる時もあるのだけど、今回は全く気配なし


お客様も家族が来たので、車は一晩商業施設に置かせてもらってお互いの車で帰りました


令和元年の朝、積載車で引き上げに

スバルは長い休みに入ってます
でも、イグニションスイッチASSYの在庫を持っている電装屋さんを知ってたので、電話して開けてもらいました

はずしたイグニションスイッチがコレ


スバルはキーシリンダーの後ろに付いてるスイッチだけ交換すれば治ることもありますが、キーシリンダーが悪いのでキーシリンダーごと交換


DSC_09191 (28).JPG

イグニションスイッチだけなら簡単ですが、キーシリンダーを外すのはやや面倒


DSC_09191 (27).JPG


ステアリングシャフトをフリーにして、真ん中のボルト2本取りますが頭が無いんです

まあ簡単に緩められたら盗難も簡単になってしまうからなのでしょうが、良く壊れるんだからもう少し考えて欲しいところです

DSC_09191 (30).JPG

これが外したボルトの頭

タガネで叩いて横一線のキズを付けて、マイナスドライバーを叩き込んで緩めました

頭にマイナスの傷ありますね

DSC_09191 (31).JPG

横から見るとこんな形

頭がテーパーになってるので、プライヤ等で掴んで回すことは不可能

DSC_09191 (32).JPG

それがこんな穴に入ってるんだから、嫌がらせか

最初に書いた盗難防止なのでしょうが

タガネの幅が広いので、周りの枠にも傷入ってます
まあ交換するから関係ありません


DSC_09191 (33).JPG

ちなみに新品のボルト

8mmの頭が付いてますがすぐ下に括れ

程よいトルクで締めた時に、頭が取れて緩められなくなる構造


普通のボルトで締めてやろうかと思ったくらい


もう壊れないでね



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 10:00| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]