2019年02月07日

自作の超ハイフッ素ワックス!!

DSC_01621 (15).JPG

いつものスキー用のワックスが無くなったので作りました

と言っても、大きなブロックを溶かして持ち運びしやすい容器に入れるだけですが

手前の物はGALLIUMのブロックで500gで5000円

奥に溶かして入れた空き容器は元々100gで1100円
少しお得

でも小さい方が持ち運びも便利だし塗りやすい


ちなみにこれはバイオレットのペースワックス
溶かしたものの色が濃く見えてますが、まだ固まっていない為

そして実は容器二つのうち、下はそのまま溶かしてますが、上はスペシャルブレンドしてます

詳しくはブルーで

DSC_01621 (16).JPG

同じくブルーのベースワックスを容器に入れてます

そして上の方には謎の粉

DSC_01621 (18).JPG

1/3位までワックスを入れた後に粉を敷き詰めて

と言っても、2種類を大き目な耳かき1杯分ずつ

DSC_01621 (19).JPG

そしてまた上からワックスを溶かしていきます

DSC_01621 (20).JPG

出来ました

こう見ると区別が付きませんが


DSC_01621 (23).JPG


容器から出すと一発で分かります


DSC_01621 (24).JPG

PTFEとボロンの層が真ん中に

自作の超ハイフッ素ワックスの完成

普通はこのままワックスを掛けても、粉の層が板の中に浸透するわけではないので意味が無い!?
でもそんなこと言ったら、普通に売ってるフッ素系ワックスも大差ないし
(いやあるかも)

ただ、この2種類を上手く使い分ければイイんです


混ぜてないものは、ベースに使います
(レースの時はハイブリッドベースを使いますが)

そして自作の超ハイフッ素は普段の滑走時
(レースの時はちゃんとメーカーのハイフッ素使ってます
やっぱり1/100秒でも早い方が良いので(笑))

hatは基本フリー滑走の時はワックスを塗りっぱで剥がしません
剥がしてブラシを掛けたら、ワックスがあってなくても、滑って当たり前なので

敢えて剥がさないことによって、本当に合っていて滑るかどうかがハッキリ分かります

そして剥がさないことによって、超ハイフッ素が永遠に続きます(うそ)


ちなみに魔法の粉のコストですが、メチャ安です
もう計算してませんが、100gのワックスに入れてる分で100円かかってないくらい

邪道ですが、こうやって楽しむのもアリじゃないかと思ってます



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:36| 新潟 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]