2018年08月08日

長岡まで中古新規の車検 まさかの不合格で(;´∀`)

DSC_018931 (23).JPG

今日は早朝から金谷山を走ってから長岡に

中古車の中古新規登録に

要はナンバーの付いてない一度抹消登録した車の車検と登録

準備が終わって車検ラインに並びます

DSC_018931 (24).JPG


シャッターが開いて検査開始

予定ではいつものルーティーンで、終わった後に見附のオークション会場
USS新潟に行く予定
そこでランチも食べて


ところがギッチョン

まさかの車検不合格

フロントのディスクブレーキの左右差
こんなの今までないし

上越の車検ラインならアナログのメーターで判断するので、左右のブレーキがどういう動きをしているかが分かるのですが、長岡のラインは〇か×だけ


どうする!?


上越の自動車屋さん数件に電話して、長岡の知り合いの自動車屋さんを紹介してもらうことに

運悪く、テスターの校正が入っていて無理だったり、いっぱいだったり、水曜日なので定休日だったり


予想ではキャリパーの動きが悪いだけだから、パッド交換の時のキャリパー戻しを2、3回やれば良いように思えます


その他、ディーラーも数店に行きましたが断られました 
上越のディーラー経由で頼めば大丈夫だったかも知れませんが、訳の分からない理由で断られました

別にやりたくないならそう言えば良いのに、一応プロのhatに向かってあーでもない、こーでもないと
覚えてろよ(笑)


そうこうしているうちにお昼になってしまいました


再検は15時くらいまで

どこかの駐車場でバラそうかとも思いましたが、何か足りないものがあったら面倒なので上越に戻ることに

積載車で高速を飛ばして
と言っても、登りは80kmくらいしか出ませんが


工場に戻ってキャリパーを戻してみると、何でもない

ブレーキテストをすると、やや右が弱いくらい


車検が切れて暫らく放っておいた車なので、ローターのサビが取り切れてなく、パッドとの当たりが悪かったようです

工場内で急発進して急ブレーキ
を繰り返していると、左右が同じように効くようになってきた

ちなみに整備工場は陸運局認証工場ですが、ブレーキテスターはありません

近くの自動車屋さんでブレーキテスターを使わせてもらうとバッチリ

DSC_018931 (25).JPG


直ぐに高速で長岡に向かい、ギリギリセーフ


ブリスターフェンダーと車高調で、車幅と車高の記載変更も


朝いっぱいだった積載置き場も1台だけ



それでも無事に車検取れて良かった


夕方に待ち合わせしていたお客様には、夜に変更してもらいご迷惑かけました



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 21:41| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]