2018年06月26日

キャリートラック デスビのOリング交換

DSC_018924 (2).JPG

キャリートラックのオイル漏れ修理

荷台のカバーを開けるとデスビ付近から漏れてる模様

DSC_018924 (4).JPG


点火時期は調整するものの、一応現在の調整位置に印をつけて

DSC_018924 (6).JPG


デスビを外しました

DSC_018924 (7).JPG


ついでにデスビの刺さっているブラケットも取り外し


DSC_018924 (8).JPG


デスビもブラケットもOリングはカチカチ

外そうとしただけで切れてしまいました


DSC_018924 (9).JPG


ブラケットに新しいOリングを付けて

ただ、ブラケットの接着面に巣の段差が出来てる感じがしたので、念のためシールパッキンを薄く塗布


デスビを付けて完了

と思ったら、どうも点火時期が合わない


ネットで修理書を検索できるFAINESSにも古くて載ってないし
1番の上死点の出し方が分からず、カムカバーを外してカムスプロケットの位置で判断

タイミングライトを当てる場所も最初分からず探しまくり
ミッション上部の丸いカバーを外したら出てきました


そんなこんなで点火時期の調整に時間が掛かってしまいましたが、無事終了

また近いうちに別件で入庫予定ですが



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:48| 新潟 ☁| Comment(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]