2017年10月01日

実は昨日のランフラットタイヤより、軽の偏平タイヤの方が大変なんです

DSC_001110 (175).JPG

昨日はベンツとBMWのランフラットタイヤの交換をしましたが、意外と軽自動車のタイヤ交換の方が大変だったりするんです

DSC_001110 (176).JPG

サイズは165/40R16

偏平率は30でも、25でも、20でも問題なく交換できます
幅が太ければ

このタイヤは40偏平ですが、幅が165しかありません

苦労するかも知れないなと思いながら作業すると、案の定エアが入らない

細くて硬いタイヤの一部がホイールのドロップセンターに落ちてしまうので、機械の問題ではないんです
ブースターでもビクともしないので、マル秘テクニックでエアを入れます
4本入れるのは結構な手間

まあ何だかんだと言っても、毎回無事に入れてますが
黄色い軽点マークもバッチリ
これを合わせるのもこのサイズは難しいんです

DSC_00311 (18).JPG

ちなみに先週の木、金と自動車整備振興会で整備機器の展示をやってました

hatは別の要件で行ったのですが、タイヤチェンジャーもあったので担当の方と暫らく雑談

M自動車の社長と奥さんもいました
タイヤチェンジャーが壊れたので、展示してあるモデルを買う予定だとか

ちなみに今回の場合のようなエアが抜けて張らない場合はどうするかと聞いてみましたが
インフレーターで上がりますと
もし上がらなければ別売りのブースターでやれば上がりますと

まあタイヤチェンジャーを実際に使ったことが無い営業さんなのでしょう

DSC_000515 (5).JPG

20インチのBBS

上のタイヤに比べたら、全然楽勝
ただ、傷の少ないホイールなので気は使います

ちなみに黄色い軽点は少しズレてるように見えますが、正面の写真じゃない為で、完璧に合わせてあります

DSC_000515 (7).JPG

サイズは225/35R20

DSC_000515 (4).JPG

レバーレスのタイヤチェンジャーを使って組付けます

BBSと国産タイヤの組み合わせで、何が良いかって
バランスがほとんど狂いません

4本中3本は最初から標準でゼロ 
それでも大口径なので、スペシャルモードに変えて10gずつ貼り付けましたが
必要なかったかも知れないくらい

DSC_001110 (173).JPG

155/65R14

DSC_000515 (8).JPG

それからパンク修理が1台

見事にネジが刺さってます
気が付いた時には、タイヤがガタガタしていたというので、しばらく走ってしまったようです

パンク修理は出来ないので、新品に交換

DSC_000515 (10).JPG

ちなみに外したタイヤの中はカーカスのカスが一杯

タイヤは空気が抜けた状態で走ると、内部のカーカスが剥離してこうなります
修理不可能になりますので、なるべく走らないでスペアタイヤ(古い車は)に替えるか、ロードサービス等を使って行き付けの修理工場に行くことをお勧めします

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:59| 新潟 ☁| Comment(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]