2017年04月16日

上連ジュニアサーキットの合間に前山へシール登山

DCIM45843 (20).JPG

DCIM45843 (9).JPG

今日は上連のジュニアサーキット

赤倉でジャイアントスラローム大会

DCIM45843 (1).JPG

もう列が少なくなってますが、相変わらずゴンドラの運転開始時は長蛇の列

DCIM45843 (8).JPG

選手がフリーに言ってる間に役員はコース作り

DCIM45843 (6).JPG

春の名物

硫安撒き

もうみんな慣れたもんです
ちなみに春の手伝いはウエアが汚れるので、パンツは汚れても良い古いもの
上はスキーウエアでなく、簡単に選択できるウインドブレーカー

仕事もどんと来いです(笑)

DCIM45843 (7).JPG

リフトに乗ると正面に前山

休憩時間に登る予定

00855_Capture.JPG

高校生になったので前走をさせてもらったkan

00855_Capture_1.JPG

まああまり練習してないし

00855_Capture_2.JPG

前走3番は新1年生のNoaちゃん

スタートでスキーの向きが

00855_Capture_3.JPG

この後どうなったかは書きません

笑って滑って行きました

00856_Capture.JPG

こちらも中学の新1年生のAya
hatのライバル
今年は2勝1敗

来シーズンはまるで歯が立たないんだろうな

ちなみにレースなのにハーフパンツ履いたまま

5秒前に指摘されて、どうすることも出来ずにスタート(笑)

もうこの大会は何でもありだから

DCIM45843 (16).JPG

レースが2本終わってからは昼休みを挟んで、練習会

これがあるのがサーキットの良いところ

昼休みになったので(ややフライング)第⒌リフトに乗って1500m地点へ
2年前に来た時はこのリフトが止まっていて、リフト1本分40分登ってここまで来ました
今回は楽させてもらいました

DCIM45843 (11).JPG

Matsuさんから昨日借りて着たHEADのスキー

幅広のロッカースキー
先端が上に反ってるスキーなので、悪雪でも滑り易いはず

DCIM45843 (12).JPG

後ろ向きに滑らなくなるクライミングスキンを張っていきます

まあシール登山ですね

DCIM45843 (15).JPG

金具もこのレバーをパチンと倒すと

DCIM45843 (14).JPG

踵が上がるんです
これでクロスカントリースキーのように(イメージだけ)歩いて登れます

途中の急斜面はトラバースしながら斜めに上がっていきます
2年前に来た時はアルパイントレッカーが何度も外れて、途中からスキーを担いで登りました

今回は辛くなってもスキーを履いたまま登る予定

DCIM45843 (19).JPG

前山山頂到着

やはり急斜面はスキーを担いだ方が速かったかも
2年前より10分ほど余計に掛かって、1時間15分で到着

猛々しい妙高山が目の前に
でも実際は1度下らないといけないから、簡単に登れません

DCIM45843 (20).JPG

野尻湖が良く見えてました
でも写真で見ると、何処?

多分、スキーと白樺(ダケカンバかも)に隠れてしまったのだと思います

風も冷たくなってきたので、上着を着込んで下山開始

スキーで滑って下りるので楽なのですが、雪が重く楽しめない
ロッカースキーなので楽なはずなのですが、楽しくないものはしょうがない

もう少し締まってきたら滑り易いと思うのですが、ちょうど重くて柔らかい雪でした
ちなみに4人とすれ違いましたが、スキー靴で登っていた人はスキー靴が隠れるくらいまで潜ってたくらいですから

DCIM45843 (24).JPG

スタートに戻ったら練習会の最中
遅い昼ご飯のカップラーメンを食べてお手伝い

最後はゴンドラ乗り場で表彰式

今年は上越の高校女子の登録がNagiだけになってしまったとか
(kanはもう正式な大会には出ません)

ここからまた盛り上がって欲しいですね

スタッフの皆さん、お疲れ様でした


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:47| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック