2016年10月12日

2016 第 11回 えちご・くびき野 100kmマラソン 40km牧エイドから69km浦川原いきいきセンターエイドまで

2016.10.9 (13).MP4_000006066.JPG

初の100kmマラソンにチャレンジしてきました

2016 第 11回 えちご・くびき野 100kmマラソン 40km牧エイドから

上の写真は50km地点なので戻ります

2016.10.9 (10).MP4_000006777.JPG

牧のレストエイドを出たのはAM9時21分
出発してから3時間51分でした

少々Tシャツでは雨で腕が冷たくなっていたので、アームカバーを装着

昨日も書きましたが、想定より10分遅れ
ただ、まだ取り返せます

ここからが本格的な峠越え
1つ目の登りが続きます

坂道には案山子が沢山いて応援してくれます
一つずつ見ながら登るのは楽しい 

2016.10.9 (10).MP4_000032814.JPG

カメラに雨粒が付いて良く写ってませんが、左一列は全部カカシ

2016.10.9 (10).MP4_000041388.JPG

おおっ、マイコー
ジャクソンさんも居ました

この登りでは抜かれまくり
いつも一人で走ってるので、坂道のペースは他人と比べることがありません
実はかなり遅いという衝撃の事実

一つ目の頂上までに50人以上抜かれて、抜いた人は1人

別に歩いた訳ではなく、マイペースで登っていたんです
確かに他のランナーに付いて行くことは出来ましたが、残りが60km近くもあるので無理しません

42.195km地点は4時間10分
さすがに40kmエイドで2分休んで、峠の登りに入ったのでサブ4は無理でした

そしてこの案山子の辺りで、小雨になっていた雨が風とともに大粒に
ここで初めてポケットから、穴開けビニールを出して被りました

周りのランナーはスタートから着ている人ばかり

登りでペースが落ちるので、体の発熱が追いつかず寒さを感じ始めました

一つ目の峠の頂点で第二の異変が
雨の中走り続け、登りでペースが落ちたため、膝が寒さで固まってしまいました

hatはスキーの怪我が原因で、膝が寒さに弱いんです
屈伸してもカクカクしてます

これはマジでヤバい

膝まで隠れるような100均レインコートを着ている人を見て、邪魔そうに思ってましたが、あれを最初から着ていれば膝が冷えることは無かっただろうに

下りはある程度ペースを取り戻す予定でしたが、無理をして膝をやってしまうと完走も危うくなるので、抜かれても気にしないで小股でピッチを上げて下ります

2016.10.9 (11).MP4_000008415.JPG

44.5km 4時間28分 川上笑学館

ここは毎年春先に採りたての山菜を料理して食べるところ

2016.10.9 (11).MP4_000016927.JPG

暖かい甘酒

めちゃウマい

まだ体が冷えていたので生き返りました
軽く屈伸運動をして、1つ目の峠の下りを続けます

2016.10.9 (12).MP4_000010705.JPG

その後、二つ目の峠を越えて見えて来たのは、最初のドロップエリアの安塚B&G海洋センター

この直前の50km地点通過は、5時間7分

前半で貯金を作って、後半は1km6分で走れば10時間切り
というはかない夢は、もはや絶望的

後半を4時間台で走れる筈はないし、25km地点からのマメも痛い
ここで手入れをして10分で出発できるか

2016.10.9 (12).MP4_000019957.JPG

曲がると安塚B&G海洋センターが見えてきました

手前ではトランシーバーでゼッケンをコール

2016.10.9 (12).MP4_000028901.JPG

思ったより難儀してしまった50.5km地点

640.2016.10.9 (12).MP4_000040481.jpg

先ほどの無線で、中学生が荷物を持って待っててくれます

こういうところが本当にありがたい

ここで待望のドロップバックを受け取り

2016.10.9 (12).MP4_000067376.JPG

50.5km 5時間10分

ブルーシートの空いている場所発見

ここでシューズ交換
ここまでは今までフルマラソンで使っていたDSトレーナーで来ました
ただ、雨で濡れるのは分っていたし、直前にMY ASICSで確認したら走行800kmを越えてるし
道理で最近長距離を走るとへたりを感じた訳です
100kmは無理と判断して、ここからは足に優しいWAVE RIDERに

ちょうどこれからの天気予報は雨が上がる予報

残念なことに今回用意したRLのメリウールソックスは1組だけなので、シューズのみの交換

でもチップの付替えをするので時間が掛かってしまいました

そしてここで致命的なミスを
ソックスも脱いで絞ったんです
でもメリウールなので水は出ません
そのまま履き直しましたが、足首に貼っていたキネシオロジーテープがふやけて剥がれかかってました
剥がれた部分が足の甲にありましたが、気にせずにソックスを履いて、新しいシューズを履きました

しかも、本来なら足もふやけて大きくなってるので、シューズを履いてから紐を足に合わせて締めるのが正しいのでしょうが、シューズを履いてから無理な姿勢でチップを付けると、足や腰がつりそうな感じがしたので、シューズ単体でチップを付けました
結局、チップの下の紐は緩み切れずに、やや張った状態に

これがどうなったかは後ほど

カメラを付けた帽子が重くて、首も凝ってるし、足も腰も痛い
なぜか股関節も痛くなってる

ドロップバックにはエアーサロンパス大、小、とスパークユートータルボディケアスプレーを
痛いところに両方掛けまくりマッサージ
ハンドタオルを入れ替えて、エナジージェルを1本飲んで、2本追加
10kmごとに飲んでいきます

2016.10.9 (12).MP4_000076710.JPG

皆さん色々と考えてますね

準備が終わったら対面のテントへ
飲食ブースです

2016.10.9 (13).MP4_000006066.JPG

最初の写真です

皆さん落ち着いていて、慌てて動き回ってる人は居ません

2016.10.9 (13).MP4_000018389.JPG

一通り飲んで食べて、最後にはトン汁

2016.10.9 (13).MP4_000020682.JPG

とん汁ウマイ!!

この後トイレに行って、再スタート
ストップウオッチでエイドに入ってから計ってましたが、19分

仕方がないとはいえ、予定を10分オーバー

もう完全にサブテンの目は無くなったので、慌てずに確実に完走を目指します

2016.10.9 (14).MP4_000023961.JPG

58.2km 大島レストエイド 6時間26分

2016.10.9 (14).MP4_000028422.JPG

3つ目の峠が終わりました

ちょっと一息

2016.10.9 (14).MP4_000052741.JPG

大嶋では、きのこ汁

食べて行ってくんない

2016.10.9 (14).MP4_000059438.JPG

いただきます

2016.10.9 (14).MP4_000086625.JPG

進撃の巨人が攻めて来た

2016.10.9 (14).MP4_000100746.JPG

そして奇跡のスリーショット

ゴールで席が隣になってお話した女性マリオと、おにぎりマン、そして進撃の巨人

2016.10.9 (15).MP4_000027752.JPG

4つ目の峠が終わって、虫川の大杉

ここが66km地点

あと34km

という事は、まで1/3も残ってる

2016.10.9 (16).MP4_000015515.JPG

67km 虫川大杉駅エイド 7時間35分

2016.10.9 (16).MP4_000032694.JPG

奥には虫川大杉駅

640.2016.10.9 (17).MP4_000005170.jpg

69km地点の第3関門の浦川原いきいきセンター近く

沿道の応援が増えて中学生たちとハイタッチ

ありがとうございます

2016.10.9 (17).MP4_000023350.JPG

応援看板も励みになります

でもあと31kmはチト辛い
あと何キロとか考えるのはもっと先でないと
まだまだ淡々と距離を稼いでいきます

2016.10.9 (17).MP4_000037720.JPG

69km地点 浦川原いきいきセンター 7時間49分

トイレに行って、バナナ、オレンジ食べて出発

この後70km地点で時間を確認
7時間59分

この20kmで30分遅れ
右足の甲が激痛で何度もシューズの紐を緩めたけどダメ
まあ峠が2つあったし、仕方ないですね

ここで脳に酸素を送りながら計算

折角なら24時間テレビの100キロマラソンの半分ではゴールしたい

30kmを4時間
楽勝か

計算すると10kmを1時間20分、5kmを40分
イケそうな気もするし、イケなそうな気もする

取り敢えずすぐ先には最後の5つ目の峠

さてどうなりますか

続きます


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 21:44| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック