2016年06月27日

パンク修理剤を使用した後のタイヤとホイールは!!

DCIM44111 (2).JPG

パンク修理剤を使用したお客様が、新品タイヤとの交換で来店

お客様はもうタイヤが使えないと考えていたようです
実際にタイヤだけでなく、ホイールも再使用が難しいパンク修理剤もありました

ただ、最近の流れなのか水性のパンク修理剤も増えて来てます
水性だと基本的に洗えば綺麗になるので、再利用も不可能ではありません

今回はお客様が新品タイヤを持ち込んで、買ったものに交換して欲しいとの要望でしたので、そのまま交換しました

ビードを落とすと中にはまだ液体のパンク修理剤がタプタプ

DCIM44111 (3).JPG

なるべく、こぼさないように慎重にタイヤを外します

ホイールにもベットリ
コレが水性でないと大変なんです

DCIM44111 (4).JPG

外したタイヤの中にもいっぱい

DCIM44111 (5).JPG

そとで洗います

DCIM44111 (6).JPG

水を掛けながらブラシで擦ると綺麗になりました

DCIM44111 (9).JPG

新品タイヤを組んで、バランスを取ったら終了
サイズは195/45R16

DCIM44111 (11).JPG

タイヤもそのままでは捨てられないので洗います

綺麗になったら使えます
ただ、タイヤの内側に薄い膜が出来ていてブラシで擦っても綺麗になりません

お客様が自分で掃除するなら良いのですが、仕事としてやったら手間賃でタイヤが帰るかも!?
パンクの内面修理もしなければいけないので、やっぱり廃棄で正解

お客様にはアドバイスしてますが、パンク修理剤は最後の最後の手段にしてください
安易に使ってタイヤ交換なら、無料のレッカーを呼んでパンク修理した方が得です

また、バーストでなく、トレッド面にクギが刺さっただけのときは、空気だけ入れればかなり走れることが多いです
走れないならタイヤ交換の可能性も高いので、車載のコンプレッサーで空気を入れて走れるまで走るのもアリです
定期的に安全な場所に止まってタイヤの空気を確認しましょう

もし携帯も通じない、誰も通らないような場所でパンクしたら、生命第一で迷わずパンク修理剤を使いましょう
基本的にそういう時のためのものとお考え下さい

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック