2016年04月27日

傾斜角度測定コース

DCIM41541 (14).JPG

さあ何の写真でしょう?

順番に説明します

DCIM41541 (3).JPG

今日は連休前に納車できる車2台の名義変更で、長岡の検査登録事務所に

名変が終わって見附のオークション会場に向かおうとしたら、ちょうど傾斜角度測定コースに車がいたので見学

DCIM41541 (5).JPG

道路公団が何所かの特装車

簡単に書くと、メーカーの新車は認定を取ってるので1台1台検査しなくても良いのですが、架装した車は簡単にひっくり返らないか検査するんです

少しずつ角度が付いて行きます

DCIM41541 (11).JPG

ギャア

結構上がりました

DCIM41541 (12).JPG

角度は30度

DCIM41541 (10).JPG

デジタルメーターは30.1度

見ているともう何時ひっくり返るか分らないくらい

ここで検査員も心配になって、再度測定角度の計算
やっぱり間違いないとのことで、また角度を上げていきます

DCIM41541 (14).JPG

最初の写真

DCIM41541 (16).JPG

35度です

見ていてヒヤヒヤ

でも右側に壁があるだけじゃなくて、左側もロープで引っ張ってます

35度になった時点で、ゆっくりとロープを緩めると
後ろのダブルタイヤの外側がフワリと浮き始め
そのまま内側のタイヤで支えてセーフ

持ち込んだディラーの人は、自社での検査で合格するのは知ってたみたいですが、周りはヒヤヒヤ

勉強になりました

DCIM41541 (18).JPG

そのままオークション会場のUSS新潟に行って出品車両の調整

ランチは担々麺大盛りとカレーライス

昼に食べ過ぎると夕方から余計に腹が減るhatでした

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越


posted by あいーん at 20:16| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック