2015年10月27日

初めての不動滝 菱ヶ岳経由 2

DCIM44901 (43).JPG

昨日の続き
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20151026-1.html

土曜日の11時30分
キューピットバレイスキー場の上の山

菱ヶ岳山頂

スキー場のセンターハウス前から登って来ましたが、このまま行った事がない不動滝に向かいます

DCIM44901 (45).JPG

東側に登って来た登山道と別の登山道

これが不動滝方面の登山道です

ちなみにロープで囲ってありますが、南西方面にも人の降りた跡が残ってます
ここも降りて酔うのだろうか?

かなりの急斜面がありそうなので、行くのは一度調べてからにします

11;43 下山開始

DCIM44901 (47).JPG

12:13 不動滝コース登山道入り口

ちょうど30分でした

DCIM44901 (48).JPG

すぐ近くに不動滝の駐車場

足下に注意してください

注意書きがありましたが、ロープを使って下るようなところばかり
本当に注意が必要です

ちなみに15分と書いてありますが、6分で下れました

DCIM44901 (49).JPG

これが噂に聞いた不動滝

DCIM44901 (51).JPG

2段になっていて落差は30mあるそうです

写真で見ると大きさが分りづらいですね

下まで降ります

DCIM44901 (56).JPG

滝つぼ

落差30mの滝の滝つぼ 中々近くまで行けないかも
ペットボトルに汲んで飲んでみました

やっぱり冷たくて甘い

どんどん清水と同じような味でした

夏場に打たれたら気持ち良さそう
ただ、もう秋も深まって来たので流石に

DCIM44901 (55).JPG

結構な高さです

滝を登るのが好きな人も居るようです
hatには登れません

DCIM44901 (58).JPG

不動滝の入り口にある火炎石

登ってみました

岩の上を登ると、剱岳の山頂近くを登っているかのよう

DCIM44901 (60).JPG

先端の岩

振り返ると

DCIM44901 (62).JPG

お地蔵さん

お参りをして駐車場に戻ります

DCIM44901 (46).JPG


先ほど降りて来た不動滝コースの登山道を登り返し

途中で菱ヶ岳山頂と古道須川峠の分岐
右側の古道須川峠へ向かいます

スマホが暴走して写真の時間が進んだり過去に戻ったりしてるので、しばらく時間は書けません

DCIM44901 (37).JPG

13:04 再度、菱ヶ岳山頂の分岐

このまま進めば

DCIM44901 (28).JPG

13:14 ゴンドラ山頂到着

13:18 山頂駅出発

ここから小走りで下ります

DCIM44901 (22).JPG

4ペア山頂

右側のソレイユから登って来ましたが、下りは左のエトルに降りてみます

DCIM44901 (69).JPG

いつもジュニアがポール練習するバーン

雪が無いと急に見えるから不思議

しかもスキーならあっという間に下れるのに

DCIM44901 (72).JPG

エトルの途中から迂回コースに回ってメインゲレンデのプロムナードを目指します

2クワの山麓駅
ここでも搬器の準備してました

DCIM44901 (74).JPG

PLAZA2 今気付いたけど窓開いてる?

DCIM44901 (77).JPG

振り返った菱ヶ岳

やっぱりメインゲレンデの方が菱ヶ岳が正面に見えてイイかも

DCIM44901 (78).JPG

プロムナードを真っ直ぐ下ればセンターハウス

DCIM44901 (80).JPG

駐車場も見えてきました

ハチロクを撮ったけど良く写ってなかったので却下
山頂からも探しましたが、停めた場所が悪かった

トイレの前だったら山頂からも良く見えたはずなのに

DCIM44901 (84).JPG

13:45 センターハウス到着

ゴンドラ山頂駅から27分でした

DCIM44901 (2).JPG

雪が無い状態の菱ヶ岳、初めて登りましたが歩きやすくて良い山でした
どんどん清水も、不動滝もあるので水が切れても補充できるし

不動滝も初めてでしたが、思ったよりも規模が大きくて良かったし

スキーを履いて登れば下りはあっという間ですが、2本足で降りてくるのも悪まないですね

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 15:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック