2015年05月21日

AE86トレノ号、エンジン不調の原因は!!

640DCIM41063 (6).jpg

あー、またハチロクがレッカーにもうやだ〜(悲しい顔)

AE86乗りにとっては特別な事ではありません
ただ、一緒に乗っていたS君は後悔していたこと間違いなし

これは先日、S君と一緒にオークションに行った帰りの出来事

見附から帰りはじめると、突然エンジンが不調にあせあせ(飛び散る汗)

DCIM41063 (5).JPG

アイドリングはしないし、エンジンの吹けが全然悪い

スピードメーターの前に着いているAFC-neoを確認
すぐに大きな原因は分りましたひらめき

一番下のPRSが-101kPaになってる
アクセルを踏んでも、離しても変わらない

PRSはプレッシャーの事、要は吸気管圧力が-101kPaで固定になってるんです
-101kPaとは、ほぼ大気圧の事

バキュームセンサー逝ったかなexclamation&question

途中で止まってバキュームセンサーのカプラーを外してみました
これでバックアップに入るので、何とか走って帰れそうです
でも元々断線してるようで、すでにバックアップに入ってました

予備のECUが積んであったので、一応付替え
やはり変わらず

この時点で、もう一つ大事な事に気付いてればたらーっ(汗)
そのまま走って帰れたのですが、まあ仕方ありません

何とか走りながら工場に電話して、バキュームセンサの予備を持って積載車で向かってもらいましたダッシュ(走り出すさま)

そしてNishi君と合流、なんと持って来たのはO2センサもうやだ〜(悲しい顔)
確かに黄色いカプラーとは入ったけど

そしてそのまま一枚目の写真
S君と3人で積載車で戻ったのでした

DCIM41063 (17).JPG

戻って来て早速、予備のバキュームセンサーに交換るんるん
変わらず

念のため、ハチロクレビン号から外して付けてみまするんるん
変わらず

バキュームセンサが3つ並びました
写真で見る限りは、どれも壊れてそうexclamation&question

でも少なくてもレビン号のものは動いている状態から外しました

DCIM41063 (48).JPG

原因確定ひらめき

バキュームセンサ系でバキュームセンサーでもコンピューター無いとすると配線のみ

ハチロクは今どきのCANと違って配線が単純です
最悪引き直せばOK

とりあえず、ECUコンピューターを元に戻します
これはハチロクエンジンでインジェクターもノーマルの時に作ってもらった、GRIDのコンピューター
この時代はトヨタ車のロムチューンが出来ない時代だったので、何種類もGRIDに作ってもらいました

でもどれがどの仕様だったか忘れてしまったあせあせ(飛び散る汗)
シリアルナンバーでGRIDに確認しても、燃調と点火時期の変更で内容は分りませんとのこと

まあ基本トレノは4スロをAFC-neoのみでコントロールしてます
288のハイカムですが、営業車という建前上レブまで上げる必要はないので、ノーマルコンピューターでも十分なんです

元々はトレノ号もFREEDAMでコントロールしてましたが、後日に書く予定のパソコンとの接続の問題でやめてます

DCIM41101 (3).JPG

カバーを外すとコンピューター周りの配線はこんな

色々な補機類をECUの配線から取ってます
バキュームセンサーのPIMも分岐してAFC-neoに繋がってるので、辿って確認

DCIM41101 (1).JPG

原因はすぐに分りましたひらめき

PIMのギボシが完全に外れてました

助手席に乗っていたS君がかなりの大型体系だったので、フロアカーペットをグリグリと押し込んでしまい、カーペットの裏に巡らせてる配線に負荷が掛かって外れてしまったのです

元トヨタ1級整備士のhatとしては現場で気付きたかったところですが、最近AE86に乗る機会もめっきり減ってしまった現状では仕方ないとお許しください

最近では色々と壊れるところも多いAE86ですが、簡単に直せるのが魅力
ちなみに今回もマニュアル等は一切見てません

見るとしたらECUの端子名くらいでしょうか
単純なコンピューターのお蔭で、自在に構えるAE86
サイコーです わーい(嬉しい顔)

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 17:22| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック