2012年11月12日

法令改正で新型86のローダウンは車検に通りません!?

KIMG1111.JPG

今日は自動車の整備主任者の法令研修がありました

いろいろ研修した中で、一番気になった事

最近の法令改正で新型86のローダウン車は車検に通らなくなりましたexclamation&question

現在はサスペンション自体は指定部品なので、交換してローダウンしても車検に問題はありません
(最低地上高、遊びなどの規制の範囲内)

ただ、今回の法令改正で写真のように変わりました
方向指示器の取り付け高さ
『審査事務規定4-79・5-79取付要件』
照明部の上縁の高さが地上2.1m以下、下縁の高さが地上0.35m以上となるよう取り付けられていること

新型ハチロクは正規の下縁高さが0.37mらしいので、余裕は2cm
2cm以上のローダウン車は車検に通らなくなりました
ご注意下さい
2cmはすぐですよ

ちなみにスバルのBRZは、ウインカーがヘッドランプの中に入っているので問題ありません
ヘッドランプを流用すればハチロクでも大丈夫かと思います
でも高いだろうな

マイナーチェンジで変更になってくる可能性が高いと思いますので、慌ててBRZのヘッドランプに替えなくてもいいような気がしますけどね

最初の車検は3年後ですから

KIMG1108.JPG

今日の研修の資料

法令研修は細かい座学なので退屈です

ちなみに先程の話に戻りますが、AE86の時代はサス交換に厳しい時代でした
ローダウンしていると、白バイが必ずUターンして追いかけてきましたからもうやだ〜(悲しい顔)

そして、公認車検もハードルが高かったですね
うちのレビン号も構造変更して公認車検を取ってますが、当時専門ショップで公認車検をお願いすると何十万円も掛ったようですからあせあせ(飛び散る汗)

もっと言えば、タイヤのサイズ変更も認められていなかったと思います

AE86の現在の人気はラグジュアリーなGTアペックスですが、当時は13インチのホイールしか履けませんでした
当時は標準で14インチを履いていた、スパルタンなGTVの方が人気ありました

当然hatのレビン号もむGTV
友人が手放す時に集まってきたハチロクも、当時はGTVが多かったですね

やっぱりhatは今でもGTVが一番のお気に入りです黒ハート

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat
posted by あいーん at 18:41| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック