2012年08月21日

上連 富士山登山(頂上まで)

富士山 chizroid_map.png

昨日簡単に紹介した富士山登山の詳細編1。

写真は登山のログ。
19日の朝、富士宮口から登山開始(左側から真上に登ってるルート)
頂上で左の最高峰の剣が峰に登り、お鉢巡りは無しで右に戻ってます。
そして、御殿場口へ向かって右下に下山。

御殿場口は同じ5合目でも、富士宮口より1000mも下リます。
電子国土の地図でログを取りながら確認したら、御殿場口の5合目は地図で2合目になってました。
ログを見ても、倍の長さありますからね

ちなみに電子国土の地図では今回のルートが入り切らなかったので、ヤフー地図にしてあります

640P1010181.gif

富士宮の宿を朝4時30分に出発して、富士宮口5合目に5時30分に到着

昨年は天候不良のため、この2億円トイレ前で写真を撮って引き返しましたが、19日の朝は晴れました晴れ
と言っても、途中は雨でしたが、天雲の上に出てしまったようです

さすが富士山

写ってる全員が、これから登る上連グループ
準備を整えてから、朝6時に中高生グループから出発るんるん

640P1010184.gif

6合目の山小屋越しに太陽が登って来ました

実は、この快晴が最後まで続いたのですが、みんな朝の薄暗さに油断して、日焼け対策不十分ふらふら

現在hatの鼻は真っ赤っ赤です

640P1010186.gif

ハデハデなメットのKishimotoさん

この時点で、先頭と最後はかなりバラけてます
このグループは、小学生の第二グループ
まあ早い方です

ペースの早い子と、遅くなってくる子がいるので、無線で連絡を取りながら、必ず大人が付き添います

640P1010187.gif

新七合目、御来光山荘前

女子3人グループです
右からMiki、kako、kan

時間は記録してありましたが、今手元にないため、後日まとめて載せます

640P1010197.gif

少し自画撮り

雲の下に駿河湾
先に伊豆半島
手前に沼津と富士市

感覚からしたら、富士山から石を転がしたら届きそうexclamation&question
もし噴火したら、大変だろうながく〜(落胆した顔)

640P1010199.gif

七合目を過ぎると、御来光を見た下山する人たちが一気に増えて渋滞に

左から右に並んでるのが下山の人たち
左に向かってる二人だけが登山の人です

基本登り優先とは言っても、下りの人たちは混んでいるためか、止まってくれずにガンガン下って来ます。

まあ、時間を競ってる訳でないし、調度良いスローペースになってくれて、高山病の予防の役に立ったかも知れないですね

640P1010206.gif

九合目、萬年雪山荘

kanは頑張って良いペースで登ってます

この時点で、トップは山頂に着いてると連絡がありました
トップも下山の人を待ちながら、追い抜きも控えめにしていたそうですが、やはり早いです

640P1010208.gif

Daisukeコーチと選手たち

九合目を過ぎると、足が動かなくなってくる選手も出始めます
少し歩いて、少し休憩の繰り返し

640P1010213.gif

休憩の数が多くなってきたので、先に上がらしてもらいました

先に頂上に着いたので、山頂の鳥居前から望遠で撮りました

ゆっくりでも歩いていれば、必ず頂上に着く
ガンバレexclamation×2

640P1010217.gif

無事に登頂したhatとkanかわいい

天気も良く最高の登山日和でした

続きます

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat
ラベル:富士山登山 上連
posted by あいーん at 20:15| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック