2012年02月17日

2012信越学童親善スキー大会

KIMG02571 (7).JPG

信越学童親善スキー大会行って来ましたスキー

上越地域と一部北信地域の小学生スキー選手にとってのメインイベントかわいい

毎年のように天候が荒れる信越学童スキー大会ですが、今年も荒れました雪
まあそれでも、全く見えなくなるほどのガスも出ず、雪も吹雪とはいかない程度だったので、レースの影響は少ない良い大会だったと思います

hatはインスペ後、中間の急斜面で待機したまま、スタートに情報を送る役目

半分雪に埋まったまま、2時間30分位じっとしてました
旗門員と同じですね

KIMG02571 (6).JPG

すいません
誰を撮ったか分かりません

ちなみに前の写真で、手前に写ってるのは、山岳ガイドのセナパパ(どう書いて良いか分かりません)
選手を大きな望遠カメラで撮影
カメラに傘を掛けて雪対策

写真は向かって左側を滑ってくる女子選手
この後、写真を撮ってる位置は男子のコース脇になるので、もっと右側の新雪の雪山に移動します

ここでカメラをセットしたセナパパの撮ろうとしてる方向の2旗門上に、ポールを直した旗門員が移動してきましたあせあせ(飛び散る汗)
これでは急斜面の入り口から滑ってくる絶好のポイントが見えませんちっ(怒った顔)

大声で怒鳴って、新雪の中に入れとジェスチャー
『旗門員をどかすのはセナパパさんくらいだよ』
と旗門員は笑って移動してくれたので、知り合いなのでしょう

KIMG02571 (3).JPG

スタート付近

毎年恒例のテントとタープが並んでます
学校名の登りも立ってます

テントの前に人だかりがあるので、まるで屋台村に来てるみたいexclamation&question

大きな大会(県大会やB級)でも、中々このようなテントはお目にかかれません

KIMG02571 (1).JPG

これは昨日の宿泊場所
(ロッヂ大野)
毎年お世話になってます

女子からワックスを交代で掛けてる所
この後、男子が全員終わったのは数時間後あせあせ(飛び散る汗)

各選手と言うか家庭で、ワックスの塗り方のこだわりが違っていて面白かったです

hatも昔は毎日ベース塗って冷えたら剥がしてブラッシング、トップワックスも同じ作業と言うのをやってましたが、最近は超手抜き
練習時はベースのみで、レース時はソールにベースが残ってるようなら、スクレイプとブラッシング後はいきなりトップワックス

まあkanがもう少し速くなったら、その時考えます

KIMG02571 (9).JPG

大会終了後はロッヂ大野に戻り、荷物を取ってから全員で挨拶
『お世話になりました』

忘れてましたが、当然昨晩は懇親会ビール
夜遅くまで続きましたるんるん

朝になったら一人のお母さんが居ないexclamation×2
探しても何処にも居ないexclamation&question

3時過ぎまで飲んだ後に、部屋が分からずに別のある場所で就寝したそうです眠い(睡眠)
無事に見つかって本人はケロッ手(チョキ)
でも、かなりヤバイ状況に思えました
生きてて良かった

男子の優勝は、幼稚園児の時から一緒に練習していた3人トリオの一人Yasu
男子の中では一人だけ、次元の違う滑りをしてました
上手になったんだねわーい(嬉しい顔)

優勝おめでとうぴかぴか(新しい)


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat
posted by あいーん at 20:41| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック