2011年08月27日

ワコーズRECS 点滴でエンジンリフレッシュ

P1000084.JPG

実は春からやってたのですが、紹介が遅れました

ワコーズのRECSレックスぴかぴか(新しい)

エンエンジンの給排気系、燃焼室内の急速洗浄剤です

P1000085.JPG

エンジンを掛けながら、ゆっくりとインテーク側から点滴して入れていきます

車によってホースを繋ぐ場所は変わりますが、基本は負圧のあるスロットルバルブの後ろ

写真ではまだ長袖のジャンパー着てますあせあせ(飛び散る汗)

P1000091.JPG

左上のバルブを開けて、手で持っている所が霧状になるように調整
なるべくゆっくり入れるため、出るか出ないかのギリギリにします

ただ、排気量の大きな車の場合は、溶剤の量も多いので、弱冠早めます
(1時間以上書かかってしまうので)

P1000096.JPG

溶剤を入れてる間もエンジンは掛けてあるので、それ程とは思わないのですが、入れ終わった後にレーシングすると、信じられない量の白煙が出ますがく〜(落胆した顔)

写真はオイル交換もした後なので、大した事はありません

ワコーズの担当者は、最初これほどまでの白煙が出ると説明して無かったため、最初の1台は溶剤注入後にそのままオイル交換グッド(上向き矢印)

リフトでエンジンを掛けたため、工場内が真っ白にあせあせ(飛び散る汗)

その後、ワコーズの担当者に白煙が出なくなってから、オイルを交換した方が良いのか尋ねましたが、初めて聞いたので知らないと言われました

TS3N11241 (7).JPG

これはステージアのの点滴るんるん

上の通り、リフトに入れる前に点滴してます

TS3N11241 (1).JPG

点滴後、レーシングして白煙が出なくなったら、リフトに載せてオイル交換

やはり、この方が良いようです

でも、実はこのマフラーの先に事務所の入口があったのですexclamation&question

ものすごい白煙が、事務所の入り口から中へがく〜(落胆した顔)

バルサンで焚かれた〇〇のように、奥さんが飛び出てきましたパンチ
ゴメンナサイm(_ _)m

ワコーズのO君、頼みますよ-

その後は問題なく上手にやってますかわいい


今回は終わり頃の白煙の写真しかありませんが、忘れなければ、すごいモクモクの写真を撮りたいと思います


最近の情報では、直ぐにオイル交換しない方が良い(しばらくは洗浄し続ける)との情報もありますが、ワコーズとしては未だに直ぐにして問題ないとの事のようです

セットごと工場に持って行ってあるので、料金の設定は忘れました
軽自動車で4000円位だったと思います

バルブ廻りと燃焼室が綺麗になるので、走行の多い車は一度やってみることをお勧めします

ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat





posted by あいーん at 19:13| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック