2010年09月17日

iphonetが立ち上がらない (-。−;)

TS3N00851 (15).JPG

セキグチ君のxperiaが快調に動いている頃、hatの使っているiphoneが立ち上がらなくなりましたバッド(下向き矢印)

設定で5分経つと自動ロックするようにしてありましたが、パスワードを入れようとすると、パスワード入力画面が2〜3秒ごとに繰り返して出てきて入力出来ません
電池を使い切るまで症状が続くのです

諦めて翌日にソフドバンクに行って来ました車(セダン)

完全に壊れた場合の交換はソフトバンクで扱うものの、その前に自分でパソコンに繋いでバックアップと復元をしてみて下さいとの事

梅蔵に帰ってから、iTunesに繋いで格闘する事数時間
さっぱり分かりませんもうやだ〜(悲しい顔)

サポートに電話してみると、お客様の契約者情報が確認出来ませんとexclamation&question
どういう事exclamation&question

契約している本人(会社)が電話してるのに、本人確認できないとは

そう言えば、ソフトバンクに口座振替で契約してから何ヶ月も請求書送って来たっけ
最終的に調査しても原因が分からないとちっ(怒った顔)

まあ、口座振替の用紙を無くしたのだと思いますが、こちらから調べろと電話するまで振込用紙を送ってくる会社ですから
ちなみに口座振替の用紙を出す時も、振込みから口座振替の申込みに変更と勝手に書いてありました

今回もソフトバンクで問題があるようです
調べてみたら原因が分かりましたひらめき

アイネットは有限会社なのですが、登録が株式会社になっていたようなんです
もちろん契約書に押したゴム印には有限会社と書いてあるし、印鑑証明も有限会社、口座振替の名義も有限会社
ソフトバンクの打ち込みのミスは確実ですが、どうせうちの都合で名義を変更しますとかの書類を送って来て、今回もこちらのミスに内部処理してしまうのでしょうちっ(怒った顔)

結局、また翌日にサポートに電話して言われた通りにやってもダメバッド(下向き矢印)
この時の原因は社外品の巻き取り機能付きの接続ケーブルを使用していた事でした

また翌日に初めて箱から出した純正ケーブルで接続
その後2時間ほど言われるままに作業

マック使いなら自力でも出来るらしいのですが、マックを使ったことが無いhatにはサポート無しでは絶対不可能な内容でした

一つ一つのバックアップと復元の仕方が全然違うのです

購入したアプリも保存できましたが、アプリ内のデーターは全て無くなりましたもうやだ〜(悲しい顔)
ゴルフ用のアプリで、かなりデーターが溜まっていた物もあったのに

途中iOSと言うiPhone用のOSを4.1に上げろ、上げろ、としつこく表示が出てきましたが、復元が終わって使用可能になるまでバージョンアップはしないで下さいとのサポートの説明
元々アプリの対応次第で不具合が多数出てると聞いていたので、バージョンは上げてなかったんです

最終的にはバージョンを上げるに同意しないと先に進めないしちっ(怒った顔)
じゃあ上げちゃって下さいと軽く言われるし

やっと復元終了グッド(上向き矢印)

と思って少し使ってみたら、メールとWi-Fiの設定が無くなってるし

この位は自力で出来るかと思ったら、Wi-Fiの設定で数時間あせあせ(飛び散る汗)
iPhonはAOSSに対応して無いので、前に設定したときもネットから情報を拾ってきて、やっと繋いだのでした
今回も同じ苦労をする羽目に

そしてメールを設定し直しましたが、何度やっても出来ません
どうやら新規で設定すると、すでに登録があるアドレスなのでエラーが出ているようです

iPhonでもiTunesでもダメ、ギブアップ

再度サポートに電話
メールの設定ではなく、電話の設定の中にあるMY SOFTBANKで設定しました

やっぱり分かる訳無いですね


結局丸々1週間使えませんでしたが、何とか無事に復活できましたグッド(上向き矢印)

ソフトバンクへの不満を書きましたが、教えてくれたサポートの人達は的確に親切に教えてくれました
同じ様な問い合わせが多いのでしょうね
サポートに繋がってからの説明は、今までのあらゆるサポートやヘルプの中で、一番プロフェッショナルで良かったと感じました

でも、やっぱり平日の昼間に何時間もパソコンの前で電話しっぱなしと言うのは、仕事に支障が出たと考えて間違いありません

もっと簡単に復元できるようになれば良いと思います



ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat

posted by あいーん at 20:54| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック