2010年02月28日

スケート女子団体銀メダルおめでとう   アルペン男子回転残念

640P1040655.jpg

今日でバンクーバーオリンピックの競技がほぼ終わりました

日本勢はがんばったと思います

今日もスピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルぴかぴか(新しい)
本当に惜しかったけど、堂々たる銀メダルですね

そして一番楽しみにしていたアルペンの男子回転
皆川賢太郎選手は早々にDNF 残念でした

佐々木明選手は、昨日のブログに書いた通り1本目で14位かわいい
2本目は2番スタートで上位入賞のチャンスでしたが、順位を落として22位 悔しいでしょうね

まだ2本目のビデオは見てないのですが、2本目の最初の選手がDNFしてしまい攻め切れなかったのでしょうか

結果として1本目10位の選手が3位銅メダルを獲得しているのでチャンスは十分にあったのではないかと思います(ビデオ見てませんが)

hatも先月スラロームの練習をしたので感じたのですが、セットが細かいというか切り返しのスピードがハンパ無く早かったですあせあせ(飛び散る汗)
人間技とは思えないくらいに
もちろん比べ物にならないのですが、その時も午後から少しセットを細かくして早い切替しが求められたら遅れてしまいました

1本目を見ていると同じ様なところで、切替しが間に合わずに飛んでしまった人が多かったので、やっぱりトップ選手にとっても厳しかったのでしょう

1本目は確か102人がエントリーしていて、2本目に進めたのが(ゴールしたのが)54人ですから、50%近くが失敗した計算がく〜(落胆した顔)

それでもメダルを取った人たちは実力を発揮できた訳だし、メダルを取った国もバラけたので公平だったと思います

いまさら書いても仕方ありませんが、確かトリノオリンピツクではオーストリア人がポールセット
金、銀、銅がオーストリア人
その銅メダルに3/100秒差の4位が皆川賢太郎選手だったので複雑な心境でした


ちなみにhatが何となく予想していたのは、金2個、銀2個、銅2個でしたが、金メダルは無かったものの立派なもんですかわいい

日本の選手団の皆様、お疲れ様でした
そして感動をありがとう

そして長かったオリンピツクも終わり、明日からはゆっくり寝れそうです眠い(睡眠)

まだ残ってる競技もありましたね
ゴメンナサイ

640P1040657.jpg

1枚目の写真は今日のスキー大会のスタート付近
オリンピックと同じ様な湿度の高い雪が降っていて、ガスも出ていて視界が悪いバッド(下向き矢印)

でもスタートハウスにテントが立ってたのでスタート直前の選手は寒くなくて良かったかもグッド(上向き矢印)

右側に見えるテントは、どこかのチームのサービス用
中で電動ブラシでソールを仕上げてました

まあコンマ差を競う人達には必要なのでしょう

2枚目の写真はインスペが終わってからスタート前のkan
もう直ぐスタートだというのに崖を上って雪遊び雪

640P1040658.jpg

お尻で滑って落ちてきましたバッド(下向き矢印)

本当に雪山があると登ってしまうkanです
普段遊びで使っている昨年のフエアは、先日とうとうお尻と背中に穴が空いてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

640P1040659.jpg

本当に楽しそうですが、周りの子は大会に来ている意識が強いため誰も遊んでませんあせあせ(飛び散る汗)

でも、とりあえず喜んでるだけで良しとしましょう
スキーが嫌いになったら、元も子もありませんから

640P1040661.jpg

ゴール直後のkan
一端の選手気取りexclamation&question

何とビックリ、今日も入賞しちゃいましたぴかぴか(新しい)
女子は競争が少ないので楽でイイかも

今日の大会は小学生だけなので、ryuは1日kanをはじめ慣れない小学生のサポート役
珍しく褒められてましたかわいい

ちなみにhatは午前中で戻ってきましたが、何となくラーメンの口レストラン
昼を過ぎたので、途中でラーメンを食べる事にるんるん

ミサはメチャ込み、新井道の駅も満車で何処も外まで人が待ってる
仕方が無いので、出来た当初に1度だけ行って2度と行かないと決めた某ラーメン屋に入ってみました

そして今、夜8時過ぎですが、ずっと気持ち悪いがく〜(落胆した顔)
吐きたくなるほどでは無いものの、本当にずっと気持ち悪いまま

お客さんはそこそこ居たので、単にhatに合わないだけなのかも知れませんが、今度こそ本当に本当に2度と行かないと心に誓ったhatでした


ホームページhttp://www.a-i-net.com    hat
posted by あいーん at 20:20| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック