2009年08月24日

日本文理準優勝おめでとう

夏の甲子園が終わりました野球

新潟代表 日本文理は中京に惜しくも敗れましたが見事な準優勝ぴかぴか(新しい)

おめでとうございます

テレビで見ていて感動した人も多いのではないでしょうか


とにかく今年の文理は強かった

バッターは打つ気満々でも低めのつり球には手を出さず、際どい球はファールで粘り、打てる球が来たら思い切って打つグッド(上向き矢印)

ピッチャーの伊藤君もピンチになっても動ぜず、0-3からでも厳しい球ででストライクを入れて三振か打ち取るグッド(上向き矢印)

守備も今までの新潟代表は肝心なところでエラーしてましたが、しっかりと守ってましたグッド(上向き矢印)

6回は唯一、守備が乱れたとは言わないまでも強襲ヒットと転がったコースが良かった内野安打でピンチを招いて打たれてしまいましたバッド(下向き矢印)

ただここで終わらないのが日本文理の凄さ
9回ツーアウトから5点取って一点差に詰め寄るなんてあきらめの悪さ

本当に最後まであきらめずに戦っていたのが画面からも伝わってきました

新潟県民だけでなく、日本中に感動を与えてくれた日本文理ナインありがとう

文理ナインはプロで活躍できる選手はいないかもしれませんが、今日を人生のピークにしないようにこれからの人生もあきらめずに生きてほしいと思います

最後に中京高校と愛知県の皆さん 優勝おめでとうございます


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat



posted by あいーん at 20:25| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、本当に感動しました。

内容はhatさんの記述通りで、もう何も言うことはありません。

なので、ちょっと違う話を・・・

仕事中でしたが、女性社員一同とYahooの一球毎に更新される速報を見てました。

「ストライク」や「ボール」はさすがに分かるようです。
ところが、「四球」ってなんですか?「中飛」って?
確かに今の若い女性には難解だった様です。

私は当たり前に理解できますが、よく考えると結構無茶な日本語訳ですよね。
Posted by 忠太パパ at 2009年08月25日 23:06
途中雨で順延が無ければ土日に決勝をしたんでしょうけど、テレビを見れずに残念でしたね。

今秋にやる新潟国体は日本文理中心で選手を選抜するでしょうから楽しみですね

上越ではソフトボールでしたっけ?

野球はビッグスワンの向かいに出来た新球場を使うんでしょうけど見てみたいですね


Posted by hat at 2009年08月26日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック