2009年05月07日

山菜採って山で天婦羅

HI3621801 (1).JPG

連休中に山菜を採りに行きましたわーい(嬉しい顔)

工場のakiyamaさんは旧牧村出身。
牧のどの時期に何処に何があるか良く知ってます。
近くには山菜採り禁止の看板もありましたが、そこの集落の人達は全員顔見知りとの事で問題なし。

通常も個人で普通のリュックに採っていく位ならそんなにうるさい事は言わないらしいです。

ただ、県外ナンバー(長野とか富山)の車は明らかに商売目的で、頭よりも遥かに高いフレームに何段にも積んで採っていくらしいのですパンチ
しかも、休耕田に植えてある山菜も根こそぎ持って行く人も居るらしいのでタチが悪いちっ(怒った顔)

HI3621801.JPG

ryuが斜面を降りてます。
ほとんど分かりませんが後ろのヤブにはkanもいます。

結局2ヶ所でそれ程歩く事無くワラビとウドがいっぱい取れましたかわいい

hatは持っていったスーパーの袋3つが一杯になりました。

640P1040401.jpg

キャンプ場でakiyamaさんの弟さんも合流。

弟さんは他に山タケノコとコゴメも採ってきてくれました。

640P1040402.jpg

みんなで手分けして捌き始めます。

ドルノも何が始まるのか興味深々犬

640P1040403.jpg

ここで採りたての山菜を天婦羅に。

山タケノコは天ぷらと味噌汁にしましたレストラン

640P1040404.jpg

何でもそうですが兎に角採りたては美味いのなんのわーい(嬉しい顔)

久しぶりに山菜取りに行きましたが、その場で天婦羅にしたのは初めて。

香りが全然違うよと聞いていましたが、まさに全然違うグッド(上向き矢印)

最高の天婦羅でしたぴかぴか(新しい)

これは都会の人がどんなにお金を出しても決して食べることの出来ない最高の贅沢かも知れないですね手(チョキ)

640P1040399.jpg

ryuと一緒に行ったkazuは隣の池で釣りを始めました。

結局釣れたのは魚でなくて小枝とかだったみたいですふらふら

640P1040405.jpg

その後、使わなかった釜戸に火を入れて杉の葉と枝を燃やして盛り上がってました。

最後に写真の手前に写っている斜めになった紅葉の木にぶら下がって子供たちは大盛り上がりグッド(上向き矢印)
弾力がある為ぶら下がると反動で上がったり下がったりるんるん

天然のアスレチック状態

特にkanはこの日一番楽しかったと言ってました。

このあと山タケノコの本格的なシーズンに入ります。
以前はアイネットのみんなで採りに行って、その場で鍋にして食べたものです。

今回は天ぷらが主だったので、また山タケノコを採りに行きたくなってきました。

タケノコも山で食べると香りと風味が全然違うのです。
しかも鍋の場合は近くの澤の水で鍋を作るのです。

お米もそうですが、取れたところと同じ場所の水で作ると美味しさ倍増exclamation×2

こう考えると上越って海に山に新鮮なものを採って食べれて本当に良い所ですねかわいい


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat

posted by あいーん at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック