2009年03月20日

86トレノ号 ミッション、デフオイル交換

HI3620531 (7).JPG

ハチロクトレノ号のミッションオイルとデフオイルを交換しました。

今回は工場でリフトを使ったのでやりやすかったですわーい(嬉しい顔)
工場でハチロクをかまったのは10年ぶり位かexclamation&question

今年から工場も完全にhatがやっているので、これからは工場が空いている時は使わせてもらうつもりですグッド(上向き矢印)

写真はまだまだ花粉が飛んでいるので完全防備かわいい
去年の飲み薬はもう飲まないつもりなので、とにかく花粉に当たらないように気をつけてます。

HI3620531.JPG

はじめの写真はデフオイルを入れているところですが、本来の順番は一番最後。

この写真のミッションオイルの抜き取りから作業を開始しました。

最近、ガリッガリッって鳴り始めたので、もっと金属のバリがドレンボルトに付いているかと思いましたが、意外と綺麗。

出てくるオイルも綺麗でした。

ただ、ハチロクのミッションは化学合成オイルとの相性が良くないため、このオイルの前まではトヨタ純正オイルに添加剤を混ぜてを使っていましたが非常に具合が良かったのです。

ただ、前回アイネットで替えた時に純正オイルがなかったため、スノコのレーシングオイルを入れました。

最近は少しエンジンを回してミッションが暖まるとギヤが全然入らないふらふら
あまりの入らなさにhatの経験上の考えは、
オイル漏れでオイルが入っていないのではないかexclamation&question

以前ミッションのリヤシールから漏れた時は、ギヤが回転するためものの見事に空になっていた事があるのです。(黒銀レビン)

でもリフトで上げてみても何処からも漏ってない。
しかもフィラープラグを緩めると、綺麗なオイルが垂れてくるので減っていた事も無し。

hatの結論はやっぱり化学合成オイルはハチロクのミッションには向いていないと言うことになります。

ちなみにトヨタ純正オイルに戻したら、スコッと入る様になって一度もガリッて鳴りませんわーい(嬉しい顔)

HI3620531 (10).JPG HI3620531 (9).JPG

こっちはデフオイルをぬいているところとドレンボルト。

やっぱりオイルは綺麗で、ドレンボルトにはバリが付いて無く粉状の金属片だけでした。

hatの経験上デフオイルはトヨタ純正はいけません。
もしかしたら最近は良いオイルがあるのかもしれませんが、昔LSDがすぐに滑ってだめになったので化学合成のレーシングオイルしか使いません。

LSDの持ちが5倍は変ります

一般の車はほとんどミッションオイルやデフオイルは替えないと思いますが、替えたら違いが実感できると思いますよグッド(上向き矢印)


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat
posted by あいーん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック