2008年09月21日

スクーターエンジン掛からず

a href="https://ainet-blog.up.seesaa.net/image/HI3618651.JPG" target="_blank">HI3618651.JPG

紹介で今度車を買ってくれるお客様から、会社にあるスクーターのエンジンが掛からないと連絡がありました。

スクーターはhatが高校生の時以来かまった記憶がありません。

ただ、車に比べれば簡単だろういとう事で工具を持って出張に行きました。

まずはプラグを見よう。
プラグは何処だexclamation&question

探したらありました。

HI3618652.JPG<

早速外してみると
『うーん、状態は悪い。かぶりぎみだけど、それほど濡れてるわけでは無い。この位ならプラグ掃除すれば掛かるかも』

という事でプラグを清掃してプラグコードに付けてみると火花が飛んでる。

プラグを組んでみました。

掛からないもうやだ〜(悲しい顔)

しょうが無いので、必殺技を一つ。

セルを回しながらキャブの吸い込み口からCRCるんるん

全然掛かる気配なしもうやだ〜(悲しい顔)

こりぁキャブが詰まってるのかexclamation

バッテリも上がってきたので現場での修理は諦めて、積載車を取り行って積んで帰ることにしました。

HI3618653.JPG

店に帰れば何とかなるでしょうグッド(上向き矢印)

エアクリーナを外すとスポンジがボロボロがく〜(落胆した顔)
エアクリーナのスポンジを吸ってキャブが詰まったのかも。

HI3618654.JPG

かなり汚れてます。

パーツクリーナで汚れを落とします。
車に比べて部品が小さいので、あっという間に綺麗になりました。

HI3618655.JPG

結局ここからキャブの総点検&オーバーホール。

ジェットの掃除からスロットルの点検、掃除。
ソレノイドの点検。
セルを回して燃料ポンプの点検。
インレットのほーすを外してセルを回すとガソリンが出てくる。

バッテリも充電完了。
キャブもオッケー。
プラグ、点火系もオッケー。

さあ掛かるはずるんるん

やっぱり掛からずがく〜(落胆した顔)

バイク屋さんに助けを借りようにも、お客様は車が来たらバイクは要らなくなるのでお金を掛けたくないと言うので無理。

もう一度点検しながらじっくり考えてみました。
やっぱり何か変。

再度プラグを外すと微妙に濡れてる程度。
ガソリンは出てる。
しかもCRCを入れても掛かる気配が無い。

エンジンの掛かる三大要素。
・良い圧縮
・良い空気(混合気)
・良い火花

圧縮が無いということかexclamation&question
エンジンが壊れてるexclamation

もう一度セルを回していると
『あれっ、俳圧が無いexclamation&question
マフラーの出口に手を当てると全く排ガスが出てきません。

そんなことがあるのかと思いながらマフラーを外してみました。

HI3618657.JPG

セルを回します。

HI3618658.JPG

一発で掛かりましたわーい(嬉しい顔)

しかも爆音あせあせ(飛び散る汗)

結局マフラーが詰まってしまったのが原因のようです。

車でもたまにありましたが、完全に塞がってしまった経験はありません。

その後、ネットで調べたら2ストのスクーターのマフラーは詰まりやすいので消耗品扱いらしいです。

hatがスクーターに乗っていた頃は常に全開だったので、詰まるなんて事はありえませんでした。

詰まったカーボンを焼くという方法もあるようですが、完全に塞がったマフラーが綺麗になるとは考えにくく、しばらく走った後また詰まるのが目に見えているようなのでマフラーとエアクリーナを新品にするように勧めました。

どっちにしても新しい車が決まれば必要なくなるらしいですが。


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat







posted by あいーん at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
乗らないかもしれないスクーターにそこまでするとは、
結構楽しんでいたのでは?

2ストのマフラーは、レース用でもカーボン溜まりますよ。
たまにバーナーであぶってもらって、中からカーボンを取ってました。

車が決まったあと、このスクーターは廃車ですか?
それとも下取り???
Posted by 忠太パパ at 2008年09月23日 10:30
時間があまり無かったので楽しむ余裕はありませんでした。

何で掛からないんだろう?
と結構??してました。

それにしても、完全に詰まるって事もあるんですね。
ビックリでした。

hatも2ストに乗ってましたがチャンバーは綺麗でしたよ。
いつも回していてからですかね?
レース用はオイルが多く出るとかあるんですか?

多分バーナーで焼いても完全に取れないだろうし、また止まる可能性があるので、マフラーとエアクリーナー新品を提案しました。

結局、交換はせずにそのまま引き取ることになりました。






Posted by hat at 2008年09月24日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック