2018年09月01日

パンク修理3連発 内面修理

DSC_018930 (164).JPG

最近のパンク修理

今でもパンクすることは多いので、車に乗る前に(特に長距離)の前には、タイヤの空気が減って潰れていないかくらいの確認はしましょう

これはパンク修理で持ち込まれたタイヤ

空気が抜けていて、確認すると金属の破片発見

引き抜いてみると、こんなに長い

タイヤを外して内面から修理したのでもう大丈夫

修理中の写真は忘れました

DSC_018937 (79).JPG

その2

カッターの刃が刺さってます
空気は入れても少しずつ減るくらい

お客様が自分でカッターの刃を抜いて確認した後に、同じ位置に軽く刺して持って来てくれました

DSC_018937 (80).JPG

タイヤの中も綺麗で、空気が減ったままそうこうした後も無く、内面修理で修理完了

DSC_018937 (81).JPG

エア漏れ点検

問題なし

作業中の写真は忘れてます
途中で査定のお客様が来店されたりでバタバタしてたからか、ボケて来たからかです

DSC_018937 (86).JPG

車検の車のタイヤ

ビス発見

空気圧は問題ありませんが、祈りながら抜いてみます

DSC_018937 (87).JPG

うーん、長い

シューシューと空気が漏れてきます

DSC_018937 (88).JPG

内面を少し削って、パッチを貼ります

またもやパッチを貼った時にお客様来店

この先の写真は見つかりません

やっぱりボケか

DSC_018937 (90).JPG

エア漏れの点検の写真はありました

パンクした時は、簡易的な外面修理はお薦めしません
タイヤの内部が確認できないし、数年たつと隙間から空気が漏れ始めます

一時的な簡易補修だと理解してください

次の車検を取らないで廃車にする予定
とかのお客様には外面修理をすることはありますが、ガレージ梅蔵では基本的に永久修理の内面修理をお勧めしています


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 21:10| 新潟 ☁| Comment(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする