2017年05月04日

シャルマン火打、上連サーキットSL練習会 ランチは放山ハイクで絶景

DSC_00012 (30).JPG

放山山頂

絶景を独り占め
山頂で食べたカップ麺とコーヒー最高

DSC_00012 (10).JPG

今日は上連のジュニアサーキットSL練習会
場所は今週からシャルマン火打

一気に雪が減ってしまいましたが、まだ下地が出ているところはありません
7日で営業終了なので、ちょうど良かったのかも知れません

DSC_00012 (13).JPG

選手もスタッフもご苦労様です

hatも朝から硫安撒きやコース整備でお手伝い

DSC_00012 (14).JPG

kanも連休中は今日だけ来ました
本当は県道の大会が今日から7日まで4日連続であったのですが、1日だけスキーにしてもらいました

DSC_00012 (18).JPG

昼休みには山頂レストランの横から、放山に行って来ます

ここが入口

色々と警告が書いてありますが、登山届を出してあるので、あとは自己責任
パトロールのOさんに声を掛けて準備します

DSC_00012 (19).JPG

Mさんから借りてるスキーとシール
ソールの裏にこの赤いスキンシールを貼って後ろに滑り難くします

DSC_00012 (20).JPG

1本完成
もう1本も貼ったら出発

DSC_00012 (21).JPG

レストランのすぐ裏から火打山が良く見えます

正面の木の左手が火打山
右手の山は焼山

去年まで出ていた噴煙が見えないですね

DSC_00012 (22).JPG

上の写真の場所から直ぐに尾根伝いに登山道を歩きます

スキー靴でスキーを担いで

バランスを崩すと谷に落ちるかも
中々アンバランスな格好です

DSC_00012 (24).JPG

トレイルをしばらく進むと赤いリボン発見
ここから右側の沢へ降りて、あとはずっと雪の上

でも写真で見るよりも急で足場も悪く、スキー靴にスキーを担いでのスタイルだと、すぐ転びそうに

DSC_00012 (25).JPG

何とか雪の上に着地した瞬間に、雪が崩れて膝まで穴の中に

この位で済んで良かった

DSC_00012 (26).JPG

ここでスキーを履いて沢の底面に滑り降ります

ただシールが貼ってあるので、スピード出なく滑りにくい

DSC_00012 (27).JPG

底部に着きました

ここからスキーを履いて歩きますが、その前に

DSC_00012 (28).JPG

ロックを外してスキーモードからウォークモードに切り替え

これで踵を上げて歩いて行けます

DSC_00012 (29).JPG

あとはひたすら登るだけ

山頂到着

時間は54分
雪の状態が良く、幅広スキーのシールが良く効いてくれたので、山頂直下の急斜面以外はスキーで楽に登れました

ようやくこのスキーの良さを体験できました

火打山と焼山も直ぐ近くに
このまま歩けば行けそうに見えますが、多分無理なのでしょう

DSC_00012 (32).JPG

今回はランチの予定だったので、山頂でカップラーメン

360度の絶景の中、うまいに決まってる

DSC_00012 (35).JPG

ラーメン食べたら、コーヒーで一服

うまいに決まってる

山頂を堪能してたら30分も経ってるし
早く戻らないと午後の練習に間に合わないので、早目に下ります

DSC_00012 (39).JPG

大分下った来たところ

頭の真上あたりがシャルマンの山頂

見ている方向は凄く良い斜面が続いてる
話によると滑って行っても大丈夫だそうですが、沢も川もあるし
毎年のように川で溺死する人が出ていたので、登って来た道を下ります

00862_Capture_1.JPG

1時過ぎに戻って来てお手伝い再開

硫安が効いていて硬いバーンなのに荒れていて、難しいコンディション
kanは久しぶりなので、あまり積極的に攻めきれない

飛ばされそうになってもリカバリーして滑ってるのは流石

kanは今日でスキーは終わり
もしかしたら来シーズンもSLとかはやらないかも

そう考えると最後のSLになるのかも
ちょっと寂しいですね

サーキットは明日、明後日とSLレース
みんなガンバレ!!


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 19:26| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする