2016年08月17日

富士箱根トレイル5 3日目道の駅すばしりから富士山へ

DCIM45132 (151).JPG

富士箱根トレイル 神奈川から富士山を目指して

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160813-1.html
その2
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160814-1.html
その3
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160815-1.html
その4
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160816-1.html

いよいよ富士山に登ります

DCIM45132 (107).JPG

0:45 道の駅すばしり

真っ暗で写りません

DCIM45132 (21).JPG

前日のロッカー

ちなみに事前に電話して確認していたのはコインロッカーがあるかどうか
ストックシェルターやシュラフカバー、マット等は必要ないから置いて行きたい

でも、前日に売店で衝撃の事実が
コインロッカーの場所を案内してもらったら、売店の奥と2階のレストランの入り口

『これって夜中も出し入れ出来ますか?』

朝9時から夜8時の営業時間が終わったら施錠するので入れません

えっ コインロッカーの意味ないし

コインロッカーに案内してくれた女性の店員さんも気付いたようで
『コインロッカーならいつでも出し入れできる方が便利ですよね』

そりぁそうです

確認しましたが、すべてのロッカーに鍵が付いてて誰も利用してない

ここでコインロッカーを使いたいのは車で来る人でなく、徒歩やチャリで来る人たち
これじゃあ無いのと一緒
と言うか、あるのを前提に来る分かえって迷惑

DCIM45132 (108).JPG

登山に戻ります

道の駅の看板はライトを反射して少し明るい

DCIM45132 (110).JPG

ふじあざみライン入口

交通規制でこの時間は関係者とタクシーしか入れません
昼間はバスが追加されるだけですか

徒歩は関係ないので挨拶して右折します
行ってらっしゃいと声を掛けてくれました
雨の中ご苦労様です

DCIM45132 (111).JPG

2:11 ロードをひたすら登って馬返しに到着

ガイドでは馬返しから5合目までは登山道を整備中とある
これも事前に電話で確認

『もう登山道整備されてるので大丈夫ですよ』
『馬返しの上に入口があります』
『標識が立ってるので分ります』

事前に調べるとグランドキャニオンに行く道は夜は危険そう
でも登山道があるならほぼ直登できるから、距離が短くて楽な筈

この近辺をウロウロ探しましたが、見つけられず

どっちにしてもガスも出ていて雨の夜
入口が見つかっても中で迷う可能性もありそう

諦めてロードを進むことに

DCIM45132 (115).JPG

3:48

つづら折りを何回も折り返して遠回り感を十分感じながら須走口5合目到着

交通誘導のお父さんが
『何処から歩いて来たの?』
と驚いて話しかけてくれました

馬返しまでの登山道を聞くと、下りは分りやすいと教えてくれました

道の駅すばしりから須走口5合目まで12kmで3時間3分

ここからは何度も登ったことのある登山道です

おにぎりを食べて小休止

4:00 出発

DCIM45132 (120).JPG

4:45

明るくなってきた

山頂はご来光が見えてるみたい
下から見る朝日に染まる赤富士も綺麗で好きです

DCIM45132 (127).JPG

5:12 6合目長田山荘 名物の鯉のぼり越しのご来光

DCIM45132 (129).JPG

ちょっとアップで

道の駅すばしりから5合目の直前まで、ガスで雨でした

すぐ下に雲海があって何とも言えない雰囲気

DCIM45132 (130).JPG

5:41 本6合 瀬戸館

DCIM45132 (131).JPG

6:28 7合目 太陽館

DCIM45132 (132).JPG

7:03 本7合 見晴館

DCIM45132 (135).JPG

7:20 8合目 下江戸屋

ここは吉田口の下山ルートと須走口の登山ルートの対向するところ

御来光を見て下山してる人は集団で切れ目なく降りてくる
毎回思うけど、ここでは譲り合いとか、登り優先とかという言葉は通じない
下江戸屋の前だけなんだから、下山道を少しずらせば良いのに

前にいた若者が、切間が出来るのを待っていたので、待ちっ放し
切りが無いから行こうと声を掛けて少しの隙間に入って登ります

多分、切れ目を待っていたら10分から20分は登れないと思う

DCIM45132 (137).JPG

江戸屋の前もこんな感じ

下山道もここを過ぎると小屋が無いので仕方ないのかも知れませんが

DCIM45132 (138).JPG

富士山ホテルまえ

外人の若者が走って下りて来て盛り上がってました
驚いたのは1人の女の子
まだ20歳前後に見えたけど、タンクトップにホットパンツ
いくらなんでも寒すぎでしょ

まあ家にホームステーしていたアメリカ人のローゲンも真冬でも暖房ない部屋で平気だったんで、白人が寒さに強いことは理解してますが

ちなみに足元も踝まで無いショートソックスと、普通のスニーカー
ここ標高3000mあるんですけど

DCIM45132 (140).JPG

7:37 本8合 胸突き江戸屋

来年は挑戦したい富士登山競走では、ここから山頂まで30分が目安だそうです
ここが最終関門で30分前に通過すれば、ギリ間に合うとか
ここで足がつったり、へばったりして35分掛かるとアウト

ここまでゆっくり登って来ましたが、一応30分を目安に早足で登ってみます

DCIM45132 (142).JPG

7:47 8合5勺 御来光館

初めての富士登山の時にRyuと泊まった小屋です
それ以来一度も山小屋に泊まってませんが

DCIM45132 (143).JPG

8:01 9合目鳥居

8合目から山小屋で泊まって朝出て来ただろう家族連れが多くいて、追い越しに時間が掛かるようになりました
狭い道だと、直後に付いても譲ってもらわないと抜きにくい
家族連れは必死にお父さんに付いて行くので、誰も後ろを気にしない

さあ言い訳を先に書きました

DCIM45132 (146).JPG

山頂直下の狛犬を抜けて

DCIM45132 (151).JPG

山頂到着

8:18 

本8合から41分
はいダメー

今年はエントリーにクリック合戦で敗れて、トレーニングしてませんでした
トレーニングすれば10分位縮められるかな!?

その前に8合目の関門も厳しいようです

昨年の5合目コースでは2時間12分
そのままのタイムだと厳しいようです
ただ、昨年スタートからゴール近くまで一緒に走ったハブ君が、昨年の2時間18分位から2時間5分にタイムアップ
hatも来年頑張ればそのくらい行けるかもと思ってます

取り敢えず、道の駅すばしりから7時間33分
思ったよりも時間が掛かりましたが、無事に着きました

この後、少し休んでお鉢巡りに行って下山します
お鉢巡りからは次回

続く

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする