2016年08月14日

富士箱根トレイル 富士山を目指して2 1日目まさかの道迷い2時間でビバーク!!

DCIM45132 (66).JPG

昨日の続き

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160813-1.html

神奈川の奥さんの実家から富士箱根トレイル経由で富士山を目指します

DCIM45132 (39).JPG

13:30 小山のR246沿いのローソン出発

ルートは小山駅経由になってますが、特に寄る必要がないので直接登山道へ
地図で見る限りはどちらのコースもほぼ同じ距離

DCIM45132 (40).JPG

13:47

旧道から富士箱根トレイル、不老山方面へ曲がります

DCIM45132 (42).JPG

13:55

ここより不老山聖域に入る

DCIM45132 (45).JPG

ここから不老山までこんな看板が多数あります

多過ぎて全てを読むのは大変
写真にもある程度は撮りましたが、手書きの字が薄くなっていたり、小さくてよく読めません

DCIM45132 (46).JPG

最初の急登終わり

ここからは尾根沿いの緩やかな登りが続きます

DCIM45132 (47).JPG

こんな道

トレランで走ったら気持ち良さそう

ただ、この日は昨日書いたように道迷いで体力と気力を消耗
それからこの後、西丹沢縦走でコースタイムで11時間進まないとと水場が無いので水を3.5l背負ってる

最初のピーク不老山までコースタイムは3時間10分
長い登りが続くので、ゆっくりと(もはや速く動けない)登っていきます

DCIM45132 (48).JPG

15:02 生土分岐 

小山駅からのコースタイムは2時間
ローソンからほぼ同距離で1時間32分

かなり疲れてきました

DCIM45132 (50).JPG

16:02 西丹沢に入って最初のピーク 不老山到着

640DCIM45132 (53).jpg

生土分岐からコースタイム1時間
ピッタリ1時間掛かりました

西丹沢を縦走するコースタイムは11時間 
当初は5〜6時間で行けるんじゃないかと思ってましたが、富士箱根トレイルのコースタイムは結構速いことが分りました
来てみて初めて分かったんですが

ちなみに最初に登った矢倉岳から万葉公園までは矢倉岳のガイドを見ると1時間15分
富士箱根トレイルのガイドだと1時間

実際の時間に近くなってるのは良いのですが、歩いてみないと分らないし

もう道の駅すばしりまでそのまま行くのは不可能です
暗くなるまでに行けるところまで行き仮眠してから道の駅すばしりを目指そう!!

ちなみに次の目標は世附峠ですが、今来た道を戻れと

ガイドだと不老山の先に世附峠がありますが、スマホの山地図を見ると不老山はルートから外れたピークで、一度戻らないといけないようです

DCIM45132 (55).JPG

16:13 少し戻って分岐に

DCIM45132 (56).JPG

16:31 世附峠

ここら辺は看板が各道路に向かって立っているので分りやすい
ただ、各行き先が大雑把でよく分りませんが

DCIM45132 (57).JPG

世附峠にも手書きの看板
大雑把に不老山から三国山までの流れは分りますが、細かい字は読んでません

確かここから先だったと思いますが、歩きやすい道が真っ直ぐ左手に進んでいるのに、赤いテープが右側に
右に進むと急坂を下っていきますが、どう見ても多くの人が通るトレイルに見えない
シカが慌てて逃げていくし
結局進んだり戻ったりを繰り返し、最初の分かれ道を直進
暫らく進むと砂地に足跡発見
さらにしばらく進むと赤いテープ発見

多分、昨日も迷う原因になった赤いテープは林業か山の仕事の人たちのものなのだと思います
ただ、分かれ道に矢印の標識一つでもあれば良いのに

DCIM45132 (61).JPG

17:34 ピンボケ

多分、峰坂峠かな でもアップでみてもそう読めない
富士箱根トレイルのガイドブックの地名と、実際のトレイルの看板の地名が違うところが多数

確かにhatの記憶では峰坂峠を目指して歩いていたら、全然違う地名の看板に着いて峰坂峠は無かったような

ガイドと看板を合わせてもらえると助かります
誰1人と逢わない道を歩いてるので

DCIM45132 (62).JPG

17:52 湯船山

看板の表示は現在地意外変わりません

大分暗くなってきました
疲れも出て来たのでビバーク場所を探しながら進みます

ここで大きな鉄塔の横を通過
またスマホの電池が切れて写真はありません

そのまま進むと崖を下るような!!
少し戻ると、本線→が
何処に分岐があったのだろう

何度も行ったり来たり

鉄塔の基礎部分に座って地図を見たり、スマホを充電しながらGPSで確認したり

やっぱり分りません

鉄塔の部分は人工芝になっていて入ってはいけないのではと思わせます

またもやグルグル回ると、鉄塔から来た道に戻るところに看板発見
反対側からは死角で見えないところです

看板の角度に沿って鉄塔のど真ん中を突っ切って反対の林に行くと、赤いマーク発見

疲れているのもあるのでしょうが、本当に分りにくい場所が何ヶ所かありました

DCIM45132 (64).JPG

16:28 明神峠

ここかは隣に道路が走ってます
やっと文明に戻ってきたよう

DCIM45132 (63).JPG

戻る方向には例の看板がありますが、一旦道路に出た後、進む先が分りません
道路に直角の道路があり、ゲートが閉まってました
そちらに行っても、反対側の道路を登ってもトレイルの看板は無し

もう一つ先の峠道、三国峠まで行こうかと思いましたが、ここで緊張の糸も切れてしまいました

暗くなってくるので、ここでビバーグに決定
明るいうちにストックシェルターを準備します

DCIM45132 (66).JPG

16:50 寝床完成

ストックシェルターは生地が薄いので、道路脇の砂利の場所は避けて、トレイルを10mほど登った場所に

すぐ下には道路があり、夜まで車が通ってました
山中湖から富士スピードウエイ経由小山方面への抜け道で、お盆だから沢山車、バイクが通ったんだと思います
若干煩いとは思いましたが、逆に獣が寄り付かないかなと
今日もイノシシのウリ坊、シカ数頭見かけてましたから

夜0時頃に起きて行動開始予定
17時過ぎて暗くなってきたので、シェルターの中でおにぎり食べて、ドリンク500ml飲んで、歯磨きして寝ます

おやすみなさい

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする