2016年02月24日

ムーヴのキーレスのトランスミッター交換

DCIM45881 (7).JPG

ダイハツムーヴのキーレス不調

メーカー問わず年式の古い車は、キーレスが効きにくくなることが多くあります
電池の消耗なら電池を換えれば良いのですが、意外と直らないことも多いのです

そんな時はキーレスの中身のトランスミッターを交換しましょう
他に原因がある場合もあるので断言はできませんが、かなりの確率で気持ち良くキーレスが復活します

簡単に説明を

DCIM45881 (4).JPG

まずは細ドライバーでキーレスのビスを外します

DCIM45881 (5).JPG

蓋が取れました

DCIM45881 (6).JPG

この手に持ってるのがトランスミッター

ボタンが付いてますね

DCIM45881 (8).JPG

新しいトランスミッターが左、古いのは右

普通は同じものが来るのですが、色が変わってます
もしかしたら対策品とかなのかも知れません

DCIM45881 (9).JPG

新しいトランスミッターを入れて、蓋を閉めたら完成

ではありません

新しいトランスミッターの信号を車側に登録させる必要があります

今回のムーヴはL160
車やメーカーによってやり方は変わりますので参考までに

1、まずは一度バッテリーのマイナスを外して初期化させます
  キーは刺しておいてはいけません
  すべてのドアが閉めておきます

2、バッテリーのマイナス端子を繋ぎます
  時間との戦いなので、まだしっかりと固定せずに手で押し込めばOK
  
3、バッテリーを繋いでから15秒以内にトランスミッターのアンロックボタンを5秒以上押す

4、自動的にロック、アンロックと作動して応答します

5、応答後、5秒以内にアンロックを1秒以上押す

6、再度自動的にロック、アンロックと作動する

  これで登録完了

バッテリーは忘れずに締め付けておいてください

4個まで登録できるので、2個以上ある時は、(6)から15秒以内に(3)からを繰り返せばOK

ちなみに今回のトランスミッターは8,000円ほど
これで車から少々離れていても、気持ち良いくらいキーレスが効くようになりました



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:24| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理、整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする