2012年02月10日

C34ステージアはラッセル車。゚(゚´Д`゚)゚。

KIMG01922 (3).JPG

この写真は2日前の工場

この前の日に、一斉雪下ろし後の排雪作業が終わったばかりふらふら

道路も駐車場も雪が無くなったのに、その後毎日40cmの雪雪

幸い工場の裏の道路に除雪が来て無かったので、ステージアで40mほど進んで来ました車(セダン)

車から降りると、車の前はこんな感じ
ラッセル車状態あせあせ(飛び散る汗)

KIMG01922 (4).JPG

工場で仕事をした後、梅蔵の除雪に向かおうとしました

ステージアの前には車が停まっていたので、上の写真からバックで出ることになります

バックしていると、車の下から何か鈍い音exclamation&question

そのままバックしていたら、前方の雪の上に黒い何かひらめき

バックする時は後方に無かったので、車から降りて確認すると、こんなものが

多分エンジンのアンダーカバーです

KIMG0198.JPG

そのままアンダーカバーを引きずったまま、梅蔵に向かうわけにもいかないので工場の表に回してジャッキアップグッド(上向き矢印)

KIMG01922 (5).JPG

こんなん取れましたもうやだ〜(悲しい顔)

元々このC34ステージアは前期モデルです
後期仕様に改造してあるのですが、元々のバンパーとアンダーカバーの組み合わせが、上手くいかなかった記憶があります

それでも何年も経つので、今回の長距離の雪道バックが原因でしょう

普通に無くても困らないので外しました

KIMG01331 (10).JPG

ちなみに昨年の車検時に、ショックからオイルが漏れていたので、中古の車高調に替えてあります
昔のハチロクの感覚で、車高調ならノーマル車高〜下げた車高と思い込んでましたが、下げる専用の車高調でした

目一杯上げても、ノーマルよりかなり低いのですたらーっ(汗)

この冬は、今まで頑張ってましたが、やはり無理がありました

写真では分からないと思いますが、ステージアの進んだ後の雪の深さを測ってみました

なんと10cmがく〜(落胆した顔)

もちろん車検は対応ですが、雪道を乗るのには無理がありすぎ

ほんの少しの轍でも、腹を擦ってゴリゴリいってますから

KIMG01922 (6).JPG

そして二日前に梅蔵に置いて、代車の軽で帰りました

二日間でこんなもうやだ〜(悲しい顔)

ちなみにステージアは写真の真ん中にいます

このステージアを使って、明日スキーに行く予定なので掘り起こします

KIMG01922 (9).JPG

車の際は機械を使うのは危険なので(ほんの少しのミスで大きな傷を付けてしまう)、手作業で掘ります

屋根の雪下ろしに比べたら、屁でもありません

車の後ろが出ましたかわいい

ここからリヤのハッチを開けてステージアに乗り込み、バックで脱出予定

写真だとガラスの半分位の雪に見えますが、車に乗り込むとガラスの上まで雪があり、全く見えない状態です

このままバックするとドアミラーを破損することがあるので、ほんの少しバックしてまた前に戻ります
ドアミラーの後ろに空間が出来たら、少し窓を開けてミラーをたたみます

雪が締まってると、たたんでもミラーを破損してしまうことがありますが、今回は上側の雪は軽いので何とかなりました

KIMG01922 (10).JPG

脱出成功ぴかぴか(新しい)

完全に車の脇の雪と屋根の雪が繋がってました

明日は早朝から胎内スキー場へ
初めてなのですが、道路は大丈夫だろうかexclamation&question

誰か情報知ってたら教えて下さい


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat
posted by あいーん at 18:28| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする