2011年08月19日

富士山登って来ました2&明日から富士山行って来ます

640P1000490.jpg

昨日の続きです

RYUと富士山山頂に着いてから、ちょうど3時間後にTreaさん登頂ぴかぴか(新しい)

山頂への最後の階段を登る登山者は、みんな着いてから笑顔わーい(嬉しい顔)
ほっとした感じです

バンザイはexclamation&question
の掛け声で、バンザーイ

おめでとうございます

640P1000504.jpg

更に40分後、最後のHoshiさん登頂ぴかぴか(新しい)

同じくバンザイ

本当に嬉しそうですわーい(嬉しい顔)

Hoshiさんで須走口の登頂時間、11時間35分
よく頑張って登って来ました

1枚目の写真の時は晴れていたのに、すでにガスが出始めてます

640P1000507.jpg

4人揃って記念写真カメラ

本当に良かった
感動の一瞬です

TeraさんとHoshiさんには休憩と食事をしてもらって、早めに下山の準備にかかります

Hoshiさんにはキツイでしょうが、明るいうちに帰った方が良いとの判断

Hoshiさん登頂、13時55分
下山開始    14時35分

640P1000518.jpg

7合の大陽館で犬達に挨拶をした後、下りのメインイベント砂走りスタートるんるん

入り口はスゴイことになってますあせあせ(飛び散る汗)
砂走りどころか、ロープを伝わらないと下りれない位えぐれてました

640P1000520.jpg

Ryuが居る辺りから砂走り出来るポイント

何故か後ろにいるTeraさんとHoshiさんが、手をつないで降りてるように見えるexclamation&question

640P1000522.jpg

砂走りは楽しいでするんるん

写真で斜度分かりますかexclamation&question

下山道としては結構な急斜面です
スキー場の中級者ゲレンデくらいでしょうか?



砂走りはRyuと交代でカメラで撮りながら、あっという間に下ってしまいましたるんるん

この動画はhatが調子に乗ってスキーのターンのように走っていて、大きな石を飛び越えた後バランスを崩しながら必死に走っている所ですあせあせ(飛び散る汗)

この後、一緒に下り始めた砂走りの後の砂払い5合目で2時間待ち

最後はRyuと砂払いに荷物を置いたまま、下山道を登って迎えに行きました
身軽になったHoshiさんは下山スピードアップグッド(上向き矢印)

640P1000366.jpg

須走口五合目に帰って来ましたぴかぴか(新しい)

でもこの写真は出発時のもの
時間は朝2時20分

640P1000534.jpg

これが下山してきた時のもの

時間は夜20時20分

ちょうど18時間ですがく〜(落胆した顔)

帰りが暗くなるとは思いませんでしたが、よくみんな頑張りましたかわいい

ちなみにhatは最初から最後まで体調に全く問題なし手(チョキ)

もう一度登れと言われたら、そのまま登れたかもexclamation&question
そりぁ半分近くは待ち時間でしたから
でも、逆にこのくらいスローなペースで登れば、楽なんだと言うことが分かりました

640P1000537.jpg

最後に泊まった河口湖の(あけぼの荘)からの朝の富士山

あけぼの荘の自家製のお米はとても美味しかったです

そして明日からまた富士山へ
今度はKanを連れていきます
明後日の朝からの日帰り登山

富士宮口から登って御殿場に下ります
時間指定が10時間あせあせ(飛び散る汗)

高山病大丈夫かなexclamation&question
お鉢巡りは難しいかなexclamation&question

また帰って来てからレポートします

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat
posted by あいーん at 20:51| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする