2011年04月17日

上連ジュニアサーキット 第1戦

TS3N08581 (4).JPG

上越協議会のアルペンジュニアサーキット第1戦がありましたスキー

中止されてもおかしくない中で、選手育成と震災の復興支援を兼ねての開催に感謝します

場所はいつもの赤倉
スタート地点もいつものチャンピョンコース

ただ下のリフトが動いてないため、スタート直後から隣のコースに向かって滑ります
これも例年通り

スタートが近づくと選手が集まってきました

TS3N08581 (3).JPG

前走で滑るのは、顔中にターバンを巻いた月光仮面exclamation&question
いえいえ4児の母、Sさんぴかぴか(新しい)

スタート直後からクローチングを組んで、かっとんで行きました
流石です

TS3N08581 (12).JPG

レースの後には、簡単な結果発表と閉会式

kanも入賞できましたかわいい

賞状は来週の第2戦が終わった後に準備出来るそうです

昨日の練習は朝だけ天気が良かったものの、すぐに大嵐になって大変だったようですが、本日は1日晴天晴れ

最高でした

ただhatはまだ花粉と戦っている最中なので、マスクを外せずもうやだ〜(悲しい顔)
お手伝いをしながら息が上がると、とても苦しくて大変

考えてみれば、スキー場でマスクをしたのは初めてです
て言うか、回りにもマスクは誰一人居ないので、我ながらかなりの怪しさ全開あせあせ(飛び散る汗)

TS3N08581 (14).JPG

硫安を撒きのお手伝いとコース整備をしたので、板の裏には硫安の引っかき傷バッド(下向き矢印)

この時期は仕方がありません
ブラッシングして、ホットワックスを掛ければ、ほぼ消えるでしょう

hatは震災後初スキー
震災の翌日にエントリーしていた大会がキャンセルになって以来です

まだ苦しんでいる被災者の方々には心苦しいのですが、楽しませてもらいました

今回のサーキットの表題は
『東日本大震災復興支援』
とうたっているので、何らかしらのお役に立てれば嬉しく思います


ホームページhttp://www.a-i-net.com  hat
posted by あいーん at 20:55| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする