2011年02月24日

自家製スキーワックス(ハイフッ素)

TS3N0694.JPG

自家製スキーワックス作りましたかわいい

と言っても、昨年作ったものが無くなったので、作り直しただけですが
昨年のブログには、成分を全て書いていた記憶がありますが、今回は写真で判断してください

空のワックスケースの中に入っているのが、魔法の粉ぴかぴか(新しい)

左側がPTFE
右側がPTFEとセラミックパウダーが入ってます

TS3N0696.JPG

ワックスケースにベースワックスをアイロンで溶かし込み、かき混ぜたところですグッド(上向き矢印)

後は冷えて固まるのを待つだけ

昨年作ったのは、PTFE入りのみでしたが、粉単体で塗る時にはセラミックパウダーを混ぜた方が塗り易かったので(ソールに付き易い)、今回はとPTFEとセラミックパウダーの両方入れたものも作ってみました

TS3N0697.JPG

アップで撮った写真です

右側を先に作ったので、表面が固まり始めてます
左側は作った直後なので、まだ液状

実際滑るかどうかが問題なのですが、ハッキリ言って滑ります手(チョキ)

サイコーです
大会のサポートで行った時に、hatの板にも塗りましたが十分以上に滑ります

超ハイフッ素なのに、コストパフォーマンスはかなりのもの
PTFEだけだと数十円の世界です



ryuが小学生の頃は練習から帰って来ると、ベースワックスを塗って剥がす、
ブラッシングしてから滑走ワックス、冷えてから剥がしてブラッシングの繰り返し
全員の板をワックス掛けしてたので、ワックスの消費量も時間も掛かってました

当時ベースワックス自体は、真夏から掛けてましたから晴れ
ワックスを塗って、バンの中にソールを上にして放置
かなりの温度になるので、ソールがワックスで塗れたまま
一晩放置して、朝会社に来てから剥がしてブラッシング(梅蔵でやってました)
そのままベースをワックス
車に入れての繰り返し
沢山やればやるほど良いと言われていたので、2週間以上毎日やってました
少しずつ硬いベースに替えていって

でも硫安が撒いてあるコースで練習すると、ベースバーンになってしまって、あまり意味を感じなくなりましたバッド(下向き矢印)

それからは常識と言われている事を無視して、自分なりに色々試してみましたるんるん
基本は楽に塗って滑る事


これから書く事は、hatの個人的な意見で、かなり邪道です

ワックスは剥がした後に、ブラシで磨き込んだ方が滑ります
でも、やっぱりせっかく塗ったのに、剥がすのは勿体無い
塗ったまま滑ってみました

基本は滑りません
ワックスメーカー関係の人や、ショップの人に言うと笑われます
『ワックスは塗っただけでは滑らないよ』
『剥がして磨けば滑るよ』
その通り

でも剥がして磨いたら、どんなワックスでも滑るんです
逆に剥がさないでも滑るワックスの方が仕上げても、より滑るのではないかexclamation&question

実際に色々なワックスを塗りっぱなしで滑ってみると、メーカーによる違いや、温度帯、フッ素の含有量による違いが良く分かりました

そして、結果的に一番滑るのがこの自作ワックスグッド(上向き矢印)
ベースに軟らかいワックスを使っているので、塗りっぱなしでも適度に剥がれてくれます

もちろんレースの時も、一度仕上げた後に塗りっぱなし
インスペが終わってスタートに付いたら、残っているワックスを剥いでブラッシング

hat的には何もしないで良いと思うくらいですが、一応スタート前におまじないとして仕上げてます

ハッキリ言って、レベルが低いから満足してるだけだと言う事は分かってます
でもいいんです

必要だと思ったら変えますから


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat

posted by あいーん at 20:32| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする