2010年09月29日

ハチロクトレノ号 今度は左のHIDバーナー切れ

TS3N00851 (17).JPG

ハチロクトレノ号のHIDのバーナーが、またもや切れましたもうやだ〜(悲しい顔)

10日ほど前のブログで、右側のバーナー切れを書いたばかりなのですが、やっぱり寿命は一緒に尽きるようです

前にも書きましたが、買ってから9ヶ月
保証対象期間ですが、バーナーを改造してしまった為、保証を受けられませんバッド(下向き矢印)
改造と言っても、改造しなければ取りつけも出来ない程度の製品だったので、諦めるしかありません

ネットで安いHIDがたくさん売られてますが、よく注意してから購入する事をオススメします

TS3N00851 (18).JPG

左側が外した中国製
右側が、以前付けていた国産のサンヨーテクニカ製です

中国製は今時の一体型の小型バラスト
サンテカはバラストとイグナイターが、別体で分厚い仕様

TS3N00851 (19).JPG

中国製はロービームのみHIDで、ハイビームはハロゲンの仕様なので、バルブが2個並んでます
サンテカはバーナーの後ろが長くなってますが、スライド式でハイとローを切り替えるタイプ

TS3N00851 (20).JPG

中国製の切れたバーナーを良く見てみたら、バーナーの先に繋がっている線が切れてました
人差し指で触ってる部分です

もしかしたら修理が効くのかも知れませんが、いいかげん嫌になってきたので中国製は捨てて、サンテカに戻します

TS3N00851 (21).JPG

左右ともサンテカですひらめき

まだ明るい時の写真なのに、青いのが分かると思います
青いと雪道が見えにくくて大変なんです
スキーのために、まだ暗いうちから峠越えをしたりするので、本当に見えないと怖いあせあせ(飛び散る汗)
しかも車は殆ど横を向きっぱなしだったりするのでダッシュ(走り出すさま)

どちらにしても、このサンテカはハイビームの切替が効かないので、早めに対策を考えたいと思います

ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat
posted by あいーん at 19:57| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする