2010年09月13日

ハチロク 切れ角アップ

HI3625191 (35).JPG

先週の記事の続きです
ちょうど1年前にアップした、AE86の切れ角アップ前後の写真が出てきました

トレノ号とレビン号を2台並べて、末切りしてる所です
どっちの切れ角がアップしてるか分かりますか?

2009年の9月から10月のブログに書いてありますが、先にトレノ号のタイロッドエンドにガタ発見ひらめき

せっかくなので、社外品のピロのタイロッドエンドにしたいのですが、トレノ号は営業車exclamation&question
そこまでは要らないので、ピロは遊び車のレビン号に入れることにして、外したレビンのタイロッドエンドをトレノ号にすることにしたのです

この時、ついでに切れ角アップスペーサーを入れて、切れ角をアップさせたた時の写真ですグッド(上向き矢印)

HI3625191 (36).JPG HI3625191 (37).JPG

上から撮った写真で、左がノーマルのトレノ号、右が切れ角アップしたレビン号

写真で見ても、全く分かりませんもうやだ〜(悲しい顔)

レビン号はGTVなので元々ハンドルのレスポンスがクイックで、走ってもそれ程違いは分かりません
でも、スピンモードになってしまった時に、最後の踏ん張りが効いて助かるのですぴかぴか(新しい)

めったにありませんが

普段はUターンするときに一番違いが分かります
普通の片側1車線の道路でも、やや左に寄ってから目一杯右に切ると、切り返し無しで回れるようになったのですグッド(上向き矢印)

そして、その後タイロッドエンドの移植時にトレノ号にも切れ角アップスペーサーを入れました
トレノ号はアペックスのパワステ付き

だいたい同じAE86なのにステアリングのギア比が違うから、トレノ号でレビン号の感覚で本能的にカウンターを当てると少し足りないのですあせあせ(飛び散る汗)
カウンターを足した時にはすでにスピンモードがく〜(落胆した顔)

でも切れ角アップのお蔭で、助かる事が多くなりましたかわいい

実はhatは今まで色々なハチロクでドリフトしてますが、ボディ剛性の違いや、上記のハンドルのレスポンスの違いで、2ドア車全般のハチロクでのドリフトは苦手だったのです
スピンしにくくなったので思いっ切り、振れる様になりました

でも、やっぱり3ドアGTVが一番楽しいるんるん


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat

posted by あいーん at 22:38| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする