2010年04月15日

ハチロクトレノ号 デフオイル漏れ修理1

HI3629161 (7).JPG

ハチロクトレノ号のデフからオイルが漏れ始めました

普通デフのオイル漏れは、滲みに泥などの汚れが付いて発見と言うケースが多いのですが、トレノ号は駐車した場所から動かすと直径10cm位のオイル溜りが出来る程のオイル漏れ

リフトで上げてみるとコンパニオンフランジから漏ってて、プロペラシャフトと共に回転するので周辺に飛び散ってました

マフラーからも滴が垂れるほど飛んでるので、早急に直さないとヤバそうです

HI3629161 (8).JPG

こちらは右リヤのバックプレートの裏
これが滲みに汚れが付いている状態の方です

これは前から知っていたので、定期的にスチーム洗浄をして誤魔化してたのですが

このアクスルシャフトのオイルシールもついでに交換する事にしました

HI3629161 (9).JPG

作業に入る前に、これだけジャジャ漏れした原因を考えます

思い当たる事は、半年前にデフに入れた添加剤
アタックレーシングのX1です

直接電話してオイル漏れの可能性について尋ねました
当然のように答えは
(基本的にオイル漏れにはならないが、稀にオイルの浸透性が高くなり滲む事はありえる。ただ、もう入れない方が良いでしょう)

まあこちらとしても、他に同じような現象が起きているかの確認程度だったのですが、予想通りの答えでした
心配なのは、オイルシールを替えても添加剤のせいで、直ぐにオイル漏れ再発と言う状態

でも滑りかけのLSDが何とか持ち直したような印象を受けます
この手の物に評価の厳しいhatですが、今のところオイル漏れが無ければ良さそうと言う評価をしても良さそうな気がします

そして、分解に入ります
プロペラシャフトとコンパニオンフランジにマイナスドライバーで合わせマークを付けている所の写真です

HI3629161 (11).JPG

プロペラシャフトを外します

どうも光の関係で写真が上手く撮れませんでした
見にくい写真があるのはお許し下さい

HI3629161 (12).JPG

このコンパニオンフランジがオイルを撒き散らすため、隣にあるマフラーからもオイルが垂れていたのです

HI3629161 (21).JPG

ここからが大変な作業
トルクレンチでバックラッシュ内でドライブピニオンの起動トルク測定
車上では非常に測りにくい

HI3629161 (22).JPG

ロックナットのカシメを取ろうとしましたが、上手く取れないのでインパクトレンチで一気にナットを緩めてしまいました

HI3629161 (24).JPG

そしてコンパニオンフランジが取れました

あとはオイルシールを取りだけですが、これが硬いの何のふらふら
コジってるのでオイルシールはボロボロになってきましたが、取れる気配が無いのです

この日の作業はここで終了
時間の合間に作業しているので、いつの間にか辺りは真っ暗
明るくなってから対策を考えます

ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat




posted by あいーん at 18:54| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする