2009年08月26日

赤レビン復活 !?

HI3624261.JPG

来週、間瀬サーキットに走りに来ないかとお誘いがありました

白レビンはエンジンが掛かったもののまだ完全ではありません
去年2回間瀬でエンジンブローしているので今回はパス

しばらく眠っていて地球に帰りたがっている赤レビンを復活させてみようかなるんるん

HI3624261 (1).JPG

ジャッキアップして車の下を見ると、ハチロクから落ちたサビとコケで何とも言えない色合いもうやだ〜(悲しい顔)

HI3624261 (2).JPG

リヤのコントロールアームが付いていないのですバッド(下向き矢印)

白レビンでボディからバキッと音が出ていたため、コントロールアームを赤レビンから外して付けてみていたのでした

どちらも両端ピロボールです

結局白レビンの音が変わらなかったので、昨日白レビンから外して持って来ました

右に少し写っているのは、普段転がし用に履かせている昔懐かしアドバン029かわいい
もちろんもうサーキットでは履きません

ドリフトをして遊ぶには剛性があるので楽しいかもしれませんねるんるん

HI3624261 (3).JPG

コントロールアームを付けていくと、何故か長さが合いませんバッド(下向き矢印)

ここで調整式のピロ式コントロールアームですが、調整してはいけませんexclamation×2

中途半端に調整すると、各コントロールアームの長さに違いが出てアライメントが狂ってしまいます

基本は外した状態でノーマルと長さを合わせます。
調整が必要な時は取り付けてから、左右同じ分だけ調整します

白レビン号も赤レビン号もノーマルと同じ長さから変更なし

HI3624261 (4).JPG

手で引っ張っても、パイプでコジっても中々穴が合わないものなのですが、ホーシングの取付を見ればどうすれば良いか分りますひらめき

デフのコンパニオンフランジの部分にジャッキをかって持ち上げると、あら不思議グッド(上向き矢印)
取り付け部が前に移動して行きますぴかぴか(新しい)

この時点で大体合いました
後は取り付けながらジャッキの微調整でオッケー決定

HI3624261 (5).JPG

今まではトラクションブラケットの上の穴に付いていましたが、今回はよりトラクションを稼げるように下の穴に取り付けました

GTウイングが世に出回る前は、このトラクションブラケットの効果にビックリしたものです

これでサスはオッケー

問題はエンジン
ソレックスですから掛かってくれれば良いのですが、明日チャレンジしてみます


ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat






ラベル:AE86 レビン
posted by あいーん at 21:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする