2009年07月30日

AE86 スターター配線加工1

480PICT0098.jpg

少し前に暑い日が続いていた時にAE86トレノ号のエンジンが掛かりにくくなりましたバッド(下向き矢印)

ハチロクにはよくあるトラブル

一度エンジンが温まるとセルモーターが回らなくなるアレです

エンジンを止めた直後は掛かるのですが、20分位経つとエンジンの熱でエンジンルームの温度が上がり、電気抵抗が増えてスターターが回らなくなるのです

そんな時でも心配はしてません。
最悪冷えれば掛かるのですから
大体はキーをスターターまで回し、戻しを10回位繰り返すと何事も無かったかのように掛かるのでするんるん

だからあまり気にしていなかったのですが、エアコンを入れて信号待ちしている間にエンスト
スターターが回らすがく〜(落胆した顔)

というような事が頻発してきたので対策を考えました

今まではスターターモーターのストックが何個もあり、その都度付け替えてました。
不思議なものでダメになったスターターモーターでも、しばらく経ってまた付けると調子良くなっていたりするのです。

ただ今回は抜本的な対策をすることにしました

スターターモーターに行っている50番端子の配線の引き直しかわいい

この50番端子の配線に不具合が出ることは有名ですが、以前単純にバッテリーの裏からスターターまで線を引き直したことがありました

その時は症状変らずバッド(下向き矢印)

今回良く配線を確認したらバッテリーの裏の配線がバッテリーから来ているのでは無く、室内のイグニッションスイッチから来ている事が分りました。

という事は、やっぱりかなりの電気が配線の劣化によって失われていると想像できます
それで遅らばせながら50番端子の配線にリレーを噛ませてバッテリーから直で電気を送ることにしました

普通はリレーとヒューズ入りの配線を買って来るのでしょうが、自分の車なのでお金をかけたくありません。

見た目よりもお金重視exclamation&question

リレーは廃車から取るとして、ヒューズをどうするかです

HI3622641 (2).JPG

ハチロクレビンに前回エンジンを頂いた(載せ替え後一発で壊れた)92レビンがあったのでボンネットを開けてみました

トレノ号の電動ファンのリレーもトヨタ純正の廃車から流用しているので今回もそのつもり

HI3622641 (3).JPG

リレーだけを抜こうと思ったら、リレーボックスごと使えるかもグッド(上向き矢印)

ボックスと配線も流用すればキレイに収まるexclamation&question

HI3622641 (6).JPG

リレーボックスごと外してきましたかわいい

HI3622641 (7).JPG

裏はこんな感じです。

コネクターごと外しましたが、上の2つのリレーとヒュージブルリンクを使うことにして配線をカットしました。

これをベースに配線を加工して作っていきまするんるん

続きは後日アップします



ホームページhttp://www.a-i-net.com   hat

posted by あいーん at 20:22| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする