2016年08月29日

富士箱根トレイル7 3日目富士山下り 小富士経由で馬返しまではトレイル道

DCIM45132 (188).JPG

富士箱根トレイル 神奈川から富士山を目指して

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160813-1.html
その2
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160814-1.html
その3
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160815-1.html
その4
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160816-1.html
その5
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160817-1.html
その6
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160828-1.html

富士山山頂からの下山編

須走口5合目までは前に何回も来てるので、さらっと流します
5合目からは初めての小富士
その途中のトレイルから馬返しに向かってのトレイルを下り、道の駅すばしりまで

山頂に着いたのが、8時18分
お鉢巡りをしたり、ビールを飲んだりで下山開始は10時28分

天気も良く2時間以上富士山の頂上を堪能しました

10:28 下山開始

DCIM45132 (189).JPG

下り始めてすぐに雲海の境が

あの中に入ったら視界も天気も悪そうです

DCIM45132 (194).JPG

10:50 8合目

11:03 本7合 見晴館

11:19 7合目 大陽館

そしていよいよ砂走り

太陽館では雨混じりでカッパ着用
視界も良く無いし、それなりに疲れてるのでいつもみたいにダッシュはしないで大人しく降りました

以前の砂走りのスタート地点は、かなり侵食されていて普通に下るだけでも大変でしたが、その横に新しく道が広げてあり歩き易くなってました

11:53 砂払い5合目 吉野家

DCIM45132 (197).JPG

以前は無料で顔を洗えたような記憶がありますが、1回100円
先は長いし、砂が濡れていて砂煙があまり立たなかったので汚れてないしパス

DCIM45132 (198).JPG

12:12 古御岳神社

行きは閉まっていて、自動販売機の硬貨入れ程度の賽銭入れがあってお参り
真っ暗だったので良く写ってませんでした

帰りはお賽銭無しで、無事戻ってきた報告と感謝のお参りをして

DCIM45132 (199).JPG

須走口5合目

皆さん、ここで終わりなのでお茶を飲んだり、ソフトクリームを食べたり、疲れを癒しながらバスやタクシーを待ってます

ちょっと羨ましい

DCIM45132 (200).JPG

12:15 須走口5合目到着

顔は疲れてますね

ここで朝聞いた小富士方面へ向かいたいのですが、入り口が分らない

よくよく聞いたら、下り過ぎで案内の小屋があるすぐ先まで戻ると

DCIM45132 (201).JPG

12:20

ありました、小富士遊歩道

ふじあざみラインで来た時はつづら折りだったので12kmありましたが、トレイルだとほぼ直下りに近いので8.5km

ありがたや

DCIM45132 (203).JPG

折角なので行った事の無い小富士へ向かいます

DCIM45132 (204).JPG

暫らく進むと富士箱根トレイルの標識も

ただ、ロープが張ってあるので、先に正規の入り口があるのかも知れません
そのまま小富士に進みます

DCIM45132 (205).JPG

12:40 これが小富士!?

ガスも出てるので、本当にこの小山しか見えない

何と言うか、近くに道路があったらブルトーザーで簡単に作れそうな山

DCIM45132 (206).JPG

頂上に来てみると、先にももう一山

DCIM45132 (207).JPG

祠みたいなものが見えます

DCIM45132 (208).JPG

近付くとこんな

どうもガスの関係か、写真に撮ると距離感と言うか大きさ感が出ません

DCIM45132 (210).JPG

小富士へのトレイルは基本トラバースなので、大きな登りも下りも無く歩きやすい道でした

DCIM45132 (212).JPG

12:54

やっぱり他に富士箱根トレイルの入り口は無いので戻って来ました

このロープを跨いで行くしかないようです
真面目(?)なhatはロープを越えて良いか考えちゃいます
2日前に道に迷ってるので、慎重に判断することに

小富士は直ぐ行って来れるかと思ってましたが、意外と遠くて時間が掛かりました

DCIM45132 (213).JPG

この上部はしっかりとした標識があるので、とても分りやすい
その分下部になると怪しいのですが

DCIM45132 (217).JPG

御室浅間神社跡

昔はここも正規の登山道だったのでしょうね
建物が壊れたのも、そんなに昔じゃなさそうです

DCIM45132 (218).JPG

雲霧神社跡

こちらは残骸も無く看板だけ

DCIM45132 (220).JPG

すごく気持ちの良いトレイル

当然誰も居ません
贅沢に独り占め

でも割と近くに、ふじあざみラインが通っているので、時折バスの音が聞こえます
イザとなったら車道に出られる安心感も

DCIM45132 (221).JPG

途中からはこんな道に

雨は上がってましたが、登山道に掛かっている草は濡れてます
ストックで払いながら進みますが、容赦なく足元はビショビショ
カッパのズボンを履くまででもないし

DCIM45132 (222).JPG

妖精のおうち

実際にはかなり神秘的に見えました

DCIM45132 (223).JPG

近付くと中に誰か居そうで直視できませんでした

多分いましたね

妖精が

DCIM45132 (225).JPG

狩休と言う場所で、一旦車道に

DCIM45132 (226).JPG

車道から見るとこんな

ガスが掛かっていて視界が悪い夜に、これを見つけるのは難しい
ここは馬返しより随分上で、もう諦めて車道を歩いてましたから

もう少しトレイルの入り口を紹介したのですが、長くなったのでまた後日

続く


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:26| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

富士箱根トレイル6 3日目富士山山頂でビール お鉢巡り

DCIM45132 (176).JPG

富士箱根トレイル 神奈川から富士山を目指して

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160813-1.html
その2
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160814-1.html
その3
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160815-1.html
その4
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160816-1.html
その5
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160817-1.html

少し期間が開いてしまいましたが、お盆休みに神奈川の奥さんの実家から富士箱根トレイル経由で登って来た富士山

この日は0時45分に道の駅すばしりを出発
5合目まで、ふじあざみラインを歩いて3時間
5合目からは須走口から4時間18分
合わせて7時間18分も掛かってしまいました

DCIM45132 (155).JPG

いつもの富士吉田口と須走口の山頂

少々休んでからお鉢巡りに向かいます

DCIM45132 (156).JPG

奥に剣ヶ峰が見えます

遠くに見えますが、すぐそこ

間に火口がありますが

DCIM45132 (158).JPG

この方が火口越しの剣ヶ峰がよく分ります

火口に突き出ているのは獅子岩

DCIM45132 (162).JPG

御殿場口からの登山道山頂

今日たまたま見ていた、24時間テレビの富士登山の山頂もココです

何か突然カメラが切り替わったら、ダダを捏ねていた子供が親に暴力的な指導をされているというショッキングな映像が流れました
すでにネットで騒ぎになってるようですが、完全な放送事故でしょうか?

山頂に着いた障害のある子供の感想が一言
『寒い』
だけでしたから、辛かったのでしよう
天気も悪かったようだし、普通なら体が不自由な人を連れて登る状況ではないと思います
登頂も16時過ぎてたし、遅すぎです

今日は何処で泊まるのか心配になりました

吉田口に下れば一番緩くて歩きやすいし、20分程度で8合目に着くのですが、足が不自由だし、番組的なこともあるので山頂で泊まるのか?
天気の悪い時に山頂で泊まるとなると、高山病が心配です

DCIM45132 (163).JPG

話しは戻って、富士宮口山頂

DCIM45132 (164).JPG

富士宮口山頂の頂上浅間大社奥宮

2年前は何かが取り壊されてて建設中だったような
普通に昔からあるようなただずまい
神社じゃなくて郵便局だったかな?

でも2年前のブログを見たら、やっぱり社殿がありません
http://ainet-blog.seesaa.net/article/405314876.html

DCIM45132 (165).JPG

富士宮登山道を山頂から

雲海が凄いことになってます

本来なら富士宮とか伊豆半島とか箱根とか
色々見えるはずですが、雲海が上がって来てます

DCIM45132 (169).JPG

日本最高峰 富士山の剣ヶ峰に向かう馬の背

ここは滑りやすいので注意が必要です
反時計回りに回ると楽ですよ
下りは滑って怖いですが

DCIM45132 (172).JPG

お約束の剣ヶ峰の写真渋滞

DCIM45132 (176).JPG

後ろに並んでる人に撮ってもらいました

DCIM45132 (178).JPG

大沢崩れの辺り

もう吸い込まれそうです

DCIM45132 (177).JPG

北西方面

この方向には中央アルプス、北アルプスがあります
少し左にはお隣と言う感じで南アルプス

全てなにも見えません

こんなの初めて

雲海が8合目の山小屋が見えないくらいまで上がって来てます
8合目で標高で3300mオーバー

日本で2番目に高い南アルプスの北岳でも標高は3193m
見えるはずがありません

もしかして日本で晴れてるの富士山の山頂だけ?
錯覚するほど
実際見える範囲の100km〜200km圏内は全て雲の下に見えました

DCIM45132 (182).JPG

お鉢巡りももう少しで終了

DCIM45132 (185).JPG

頂上江戸屋で缶ビールを買って

1人乾杯
ウマイ

DCIM45132 (186).JPG

吉田口の登山道方面

見えてるのは8合5勺の御来光館だと思います
御来光館の標高は3450mナリ

これから下るのが恐ろしく感じる雲海です
あの中は雨なんだろうな

でも山頂で気持ち良く過ごせたので大満足

ラスト、下山編で小富士と須走口五合目から馬返しまでのトレイルを紹介します
続く


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越



posted by あいーん at 20:32| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

AE86レビン プチレストア サビ取り

DCIM43111 (92).JPG

お客様のAE86レビンのプチレストア

冬も乗っているので、塩カルでサビが出てしまいます

今回はサビ取りの板金塗装

DCIM43111 (93).JPG

フェンダーが一番錆びやすいので、錆びごと削り取ってFRPで成形

DCIM43111 (94).JPG

ルーフもフロントガラスの境目あたりからサビ

フルレストアならフロントガラスを外して修理しますが、どうしてもまた錆びる可能性があるので、お金を掛けずにガラスを付けたままで出来る範囲で

DCIM43111 (95).JPG

反対側のフェンダーも同じ

DCIM43111 (96).JPG

ボンネットとリヤゲートも

そして一番の問題が
鈑金でいつもやってしまうのですが、出来上がりの写真を撮らずに納車してしまいました

でも綺麗になってます


ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 19:27| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハチロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

RX-8 スロコン取付

DCIM45131 (43).JPG

ガレージ梅蔵では、持込みパーツの取り付けもやってます

DCIM45131 (37).JPG

これはPIVOT(ピボット)のスロコン スロットル&オートクルーズ
3drive α

DCIM45131 (42).JPG

取付に入る前に配線図を印刷して、取付の配線の取り出し、取付、本体や付属品の取付の場所をシュミレーション

慎重にやったので、これだけで約2時間

でもこれはとても大事
結果的にスムーズに取り付けできます

DCIM45131 (45).JPG

結果、取り付けは手間取ることも無く無時完了

DCIM45131 (47).JPG

取付後、初期設定をして試運転

マニュアルのRX-8ですが、オートクルーズもバッチリ

スロコンもECO、ノーマル、SPORTSと切り替えOK
スロコンとはスロットルコントローラーの事で、最近の車はワイヤーで無く電気的にスロットルをコントロールしてます
まあラジコンと同じです

厄介なのが、昨今のECOブームでメーカーがスロットルの反応を鈍くしてるんです
アクセルを全開に踏んでも、スロットルは80%とか
細かくアクセルコントロールをしてもスロットルは一定とか

それをさらにECOに振ったり、SPORTSで反応を良くしたり

全然変わります

昔のハチロクには関係ない話ですが 

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:11| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

謙信公祭のテレビ中継

DCIM45136 (1).JPG

先日の2016 第91回謙信公祭

JCVのテレビ中継を録画してました

馬に乗っている上杉謙信役の村山市長
の前にいるV字型の兜を被っているのがhat

とても良い位置でした

ただ、位置が良すぎて武者行列でも、合戦の入場でも殆んど写ってない
カメラで順番にアップで撮っているのに、hatたちの番になったら飛ばして後ろの村山謙信のドアップ
ずっとそんな感じ

まあ、こればっかりは仕方ありませんね

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

オークション会場も活気づいて来ました!! 北海道フエア

DCIM45136 (15).JPG

今日はいつもの水曜日のルーティン

DCIM45136 (13).JPG

朝一で長岡の陸事で名変と廃車手続き

それから見附のオークション会場USS新潟に

一番上の写真に戻ります
今日は北海道フェア

落札か成約でクジ券をもらってチャレンジ
北海道の名産品が当たります

hatの前にいるKさんとhatが続けざまに引きますが、何も書いてない

ハズレ!!

かと思ったら、一応4等

賞品は会場で使えるドリンク券1枚
100円相当です

うーんどうなんでしょう

DCIM45136 (16).JPG

ランチも北海道フェア

大盛りで海鮮親子丼いただきました

こちらは満足

DCIM45136 (17).JPG

そして取引賞として戴いた、きのとやチーズタルト

オークションも休み明けから暫らく経って、活況でした
この流れが続いて欲しいと思います

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い取り、販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

2016 第91回謙信公祭



昨日は劇暑の中、2016 第91回謙信公祭 参加してきました
これは川中島合戦の動画
本隊の大将が合戦中の出番直前に熱中症で救急車
急遽、武田隊の副将と戦う事になりましたが、ぶっつけ本番でその場で打ち合わせしながらの殺陣
少々臨場感が足りない事お許しください
兜にクリップでpanaのA1H付けて撮りました

DCIM45135 (46).JPG

写真はいつものお姫様とのツーショット

DCIM45135 (1).JPG

朝の練習に戻ります

前日は流れの練習
当日の朝は相手を決めての殺陣の練習

でも相手は自衛隊の1部隊
昨日は来てましたが、朝の殺陣の練習には来ない

結局、相手も決まらないし、殺陣の打ち合わせも出来ない

DCIM45135 (2).JPG

12時30分から着付け開始

体育館にズラリと並んだ甲冑にも慣れました

DCIM45135 (3).JPG

とにかく日差しが強いので、長袖のタオルのサングラスでガード

前日練習の時は麦わら帽子被ってましたが、終わってからの打ち上げで邪魔になりそうなので今日は無し

DCIM45135 (12).JPG

着付け終了

上杉本隊の副将2人と足軽1人

hatは今年はスタッフとして参加予定でしたが、副将が1人余ったという事で副将として参加することに

DCIM45135 (16).JPG

戦国自衛隊のヘリと機関銃は無理ですが、雰囲気だけは戦国自衛隊

自衛隊のトラックに乗り込んで、春日山神社に向かいます

DCIM45135 (38).JPG

炎天下の春日山神社で1時間30分待機した後、やっと武者行列開始

春日山城跡ものがたり館前で、馬に乗った上杉謙信役の村山市長が登場

元々は謙信のすぐ後ろを歩く役でしたが、

『切ってしまえ!!』

等の不届きな声が届いたのを察知されたのか、謙信の2人前に変更に

もしかしたらまだ見てませんが、春日山交差点でのパフォーマンスの時に謙信の前で映っていたかも

DCIM45135 (43).JPG

死にそうな暑さの中、山麓線に出る前に2回目の休憩

ここで倒れてる武者も

2台目の救急車が来たところです

マジシャレにならない暑さ

結局終わるまでに確認できただけでも救急車7台
例年より1週間早くなりましたが、ダメでしょう

DCIM45135 (51).JPG

今年は初の副将なので、甲冑も豪華

その分何倍も暑いんです

DCIM45135 (52).JPG

普通の着物来てるようですが、甲冑のフル装備の上に陣羽織来てるんです

この陣羽織だけで冬に過ごせそうな、毛布のようなフワフワ感
全ての熱が中にこもって、外からも日射かせジリジリ

DCIM45135 (56).JPG

18時を過ぎてやっと川中島合戦開始

DCIM45135 (65).JPG

暗くなってきてやや暑さは和らぎましたが、水分補給が出来ないので辛さは変わらず
しかもある程度動いた方が楽なのですが、上杉本隊は後半までじっと待機

正直、かなりフラフラに

12時30分から甲冑を着て、終わって脱いだのは21時頃
8時間30分も炎天下で着続けていたら、そりぁ大変です

途中で緩まないようにキツめに各服の紐を縛ったのも良く無かったのかも

体育館に戻って来て、草鞋を脱ごうと下を向いたら頭がクルクル
脱がせてもらって、やっと甲冑を脱げたのです

この後はお楽しみの打ち上げ

でも軽い熱中症になってしまったようで、このhatが断念
家に帰って水のシャワーを浴びてすぐ寝たら良くなりましたけど



ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:27| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

第91回謙信公祭のリハーサル 今年は戦国自衛隊!?

DCIM45134 (3).JPG

今日は炎天下の中、午後1時から謙信公祭のリハーサル

DCIM45134 (1).JPG

武者行列にも、川中島の合戦にも台本があります

DCIM45134 (4).JPG

台本を見ながら、自分の隊の動きを待ちます

DCIM45134 (10).JPG

午後3時からは一般参加者も合流した練習に
ちなみにhatは今年はスタッフの予定でしたが、副将が1つ余ったという事で急遽、上杉本体の副将に

今年はGACKT謙信から、上越市長の村山謙信になります
参加者の減少を見越してか、写真のように自衛隊から60名の応援が

どうせなら合戦の時にヘリコプターで登場して機関銃撃ってくれないかな

戦国自衛隊

DCIM45134 (11).JPG

リハーサルが押してましたが、hatは1時から流れを掴んでいたので、少し早めに梅蔵に帰還

少し仕事とブログを書いて帰ります

ちなみにhatは村山謙信の直後を歩く予定でしたが変更になり、村山謙信の2人前を歩く予定です
(今のところ)

是非皆さん、謙信公祭見に来てください

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 18:43| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

ハマー22インチ タイヤ交換

DCIM45133 (24).JPG

ハマーH1のタイヤ交換

最近ハマーはめっきり少なくなりました

17日に高速でバースト
イエローハットさんでスペアタイヤに付け替えてもらったものの、取り寄せは出来ないと断られて梅蔵へ

明日、県外に帰るお客様でしたが、本日届いて無事に交換できました

DCIM45133 (6).JPG

レガシーのタイヤと大きさ比較

全然違います

DCIM45133 (19).JPG

タイヤサイズは325/50R22

DCIM45133 (10).JPG

ドロップセンターが表か裏か分りにくいホイールでしたが、セットのしやすさの関係で表でセット

様子を見て、負荷が掛かり過ぎるようならリバースに変更

DCIM45133 (12).JPG

問題なく外れました

DCIM45133 (21).JPG

表でセットするときも、センターキャップの留めるボッチが邪魔で、コーンの切り欠きと合わせてセット

DCIM45133 (23).JPG

組む時も特に問題なし
同じ22インチでも大変なものもありますが、50偏平だったから楽だったのかも

DCIM45133 (25).JPG

ハブからボルトが出ているアメ車なので苦労はしませんが、22インチは重い

初出動のタイヤリフター結構使えます

ただ、背面にスペアタイヤを戻すのが大変
Nishi君と二人がかりで胸の高さまで持ち上げてキャリアに固定

DCIM45133 (15).JPG

外したタイヤにマロさんを入れてみた

DCIM45133 (13).JPG

ジャイアントチワワだけと、タイヤが大きすぎて大きさが分らないし

DCIM45133 (1).JPG

別の車のバーストしたタイヤ

DCIM45133 (2).JPG

225/45R18

無事に交換終了

店舗の中はエアコンが効いていて涼しいけど、ガレージは暑くて汗だく
今日も美味しいビールが飲めそうです

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越
posted by あいーん at 18:28| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カー用品、タイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

富士箱根トレイル5 3日目道の駅すばしりから富士山へ

DCIM45132 (151).JPG

富士箱根トレイル 神奈川から富士山を目指して

その1
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160813-1.html
その2
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160814-1.html
その3
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160815-1.html
その4
http://ainet-blog.seesaa.net/archives/20160816-1.html

いよいよ富士山に登ります

DCIM45132 (107).JPG

0:45 道の駅すばしり

真っ暗で写りません

DCIM45132 (21).JPG

前日のロッカー

ちなみに事前に電話して確認していたのはコインロッカーがあるかどうか
ストックシェルターやシュラフカバー、マット等は必要ないから置いて行きたい

でも、前日に売店で衝撃の事実が
コインロッカーの場所を案内してもらったら、売店の奥と2階のレストランの入り口

『これって夜中も出し入れ出来ますか?』

朝9時から夜8時の営業時間が終わったら施錠するので入れません

えっ コインロッカーの意味ないし

コインロッカーに案内してくれた女性の店員さんも気付いたようで
『コインロッカーならいつでも出し入れできる方が便利ですよね』

そりぁそうです

確認しましたが、すべてのロッカーに鍵が付いてて誰も利用してない

ここでコインロッカーを使いたいのは車で来る人でなく、徒歩やチャリで来る人たち
これじゃあ無いのと一緒
と言うか、あるのを前提に来る分かえって迷惑

DCIM45132 (108).JPG

登山に戻ります

道の駅の看板はライトを反射して少し明るい

DCIM45132 (110).JPG

ふじあざみライン入口

交通規制でこの時間は関係者とタクシーしか入れません
昼間はバスが追加されるだけですか

徒歩は関係ないので挨拶して右折します
行ってらっしゃいと声を掛けてくれました
雨の中ご苦労様です

DCIM45132 (111).JPG

2:11 ロードをひたすら登って馬返しに到着

ガイドでは馬返しから5合目までは登山道を整備中とある
これも事前に電話で確認

『もう登山道整備されてるので大丈夫ですよ』
『馬返しの上に入口があります』
『標識が立ってるので分ります』

事前に調べるとグランドキャニオンに行く道は夜は危険そう
でも登山道があるならほぼ直登できるから、距離が短くて楽な筈

この近辺をウロウロ探しましたが、見つけられず

どっちにしてもガスも出ていて雨の夜
入口が見つかっても中で迷う可能性もありそう

諦めてロードを進むことに

DCIM45132 (115).JPG

3:48

つづら折りを何回も折り返して遠回り感を十分感じながら須走口5合目到着

交通誘導のお父さんが
『何処から歩いて来たの?』
と驚いて話しかけてくれました

馬返しまでの登山道を聞くと、下りは分りやすいと教えてくれました

道の駅すばしりから須走口5合目まで12kmで3時間3分

ここからは何度も登ったことのある登山道です

おにぎりを食べて小休止

4:00 出発

DCIM45132 (120).JPG

4:45

明るくなってきた

山頂はご来光が見えてるみたい
下から見る朝日に染まる赤富士も綺麗で好きです

DCIM45132 (127).JPG

5:12 6合目長田山荘 名物の鯉のぼり越しのご来光

DCIM45132 (129).JPG

ちょっとアップで

道の駅すばしりから5合目の直前まで、ガスで雨でした

すぐ下に雲海があって何とも言えない雰囲気

DCIM45132 (130).JPG

5:41 本6合 瀬戸館

DCIM45132 (131).JPG

6:28 7合目 太陽館

DCIM45132 (132).JPG

7:03 本7合 見晴館

DCIM45132 (135).JPG

7:20 8合目 下江戸屋

ここは吉田口の下山ルートと須走口の登山ルートの対向するところ

御来光を見て下山してる人は集団で切れ目なく降りてくる
毎回思うけど、ここでは譲り合いとか、登り優先とかという言葉は通じない
下江戸屋の前だけなんだから、下山道を少しずらせば良いのに

前にいた若者が、切間が出来るのを待っていたので、待ちっ放し
切りが無いから行こうと声を掛けて少しの隙間に入って登ります

多分、切れ目を待っていたら10分から20分は登れないと思う

DCIM45132 (137).JPG

江戸屋の前もこんな感じ

下山道もここを過ぎると小屋が無いので仕方ないのかも知れませんが

DCIM45132 (138).JPG

富士山ホテルまえ

外人の若者が走って下りて来て盛り上がってました
驚いたのは1人の女の子
まだ20歳前後に見えたけど、タンクトップにホットパンツ
いくらなんでも寒すぎでしょ

まあ家にホームステーしていたアメリカ人のローゲンも真冬でも暖房ない部屋で平気だったんで、白人が寒さに強いことは理解してますが

ちなみに足元も踝まで無いショートソックスと、普通のスニーカー
ここ標高3000mあるんですけど

DCIM45132 (140).JPG

7:37 本8合 胸突き江戸屋

来年は挑戦したい富士登山競走では、ここから山頂まで30分が目安だそうです
ここが最終関門で30分前に通過すれば、ギリ間に合うとか
ここで足がつったり、へばったりして35分掛かるとアウト

ここまでゆっくり登って来ましたが、一応30分を目安に早足で登ってみます

DCIM45132 (142).JPG

7:47 8合5勺 御来光館

初めての富士登山の時にRyuと泊まった小屋です
それ以来一度も山小屋に泊まってませんが

DCIM45132 (143).JPG

8:01 9合目鳥居

8合目から山小屋で泊まって朝出て来ただろう家族連れが多くいて、追い越しに時間が掛かるようになりました
狭い道だと、直後に付いても譲ってもらわないと抜きにくい
家族連れは必死にお父さんに付いて行くので、誰も後ろを気にしない

さあ言い訳を先に書きました

DCIM45132 (146).JPG

山頂直下の狛犬を抜けて

DCIM45132 (151).JPG

山頂到着

8:18 

本8合から41分
はいダメー

今年はエントリーにクリック合戦で敗れて、トレーニングしてませんでした
トレーニングすれば10分位縮められるかな!?

その前に8合目の関門も厳しいようです

昨年の5合目コースでは2時間12分
そのままのタイムだと厳しいようです
ただ、昨年スタートからゴール近くまで一緒に走ったハブ君が、昨年の2時間18分位から2時間5分にタイムアップ
hatも来年頑張ればそのくらい行けるかもと思ってます

取り敢えず、道の駅すばしりから7時間33分
思ったよりも時間が掛かりましたが、無事に着きました

この後、少し休んでお鉢巡りに行って下山します
お鉢巡りからは次回

続く

ホームページhttp://www.a-i-net.com hat 上越

posted by あいーん at 20:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ、アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする